【短編】「死ぬほどゾッとする怖い話」本当に怖いものだけ厳選…。

【閲覧注意】短いのに、本当に怖い話。思わずゾッとする奇妙な話を集めました。読むか読まないかは、あなた次第です…。

執筆者: MI 職業:ライター

 

【短編】読んだら後悔するかも…

怖い話の中でも、すぐに読める短い話を厳選して集めました。
読むか読まないかはあなた次第です…。読んでから後悔しても知りませんよ?

 

 

1.B子

 

とある小学校に、A子とB子というとても仲の良い女の子がいました。

2人は、学校ではもちろんのこと、放課後も毎日一緒に遊んでいました。

その日も2人は遊ぶ約束をしていたので、

お互いにいったん荷物をおきに家に帰りました。

 

A子の両親は共働きで兄弟もいないので、いつも家に帰っても一人。 

そんな時いつも一緒にいてくれるB子はとてもありがたい存在でした。

家に帰ってすぐに部屋に荷物をおき、家を出ようとすると家の電話が鳴りました。

 

電話に出ると、相手はB子でした。

「もしもし」

「・・・・」

「もしもし?」

「・・・わたし、B子。今日は用事が出来て遊べなくなったの。ごめんね、また遊んでね。」

 

B子との約束がなくなり、がっかりするA子。

すると、いつもよりも仕事がはやく終わったという母親が帰ってきました。

なんだか、いつもと様子が違う母親が気になってA子が訪ねると

どうやら母親は、帰り道に近くの通りで交通事故の現場を見てしまったそうです。

その交通事故は、酷いもので被害者は大型トラックに引きずられて亡くなったそう。

 

次の日学校で、その事故の被害者がB子だったということをA子は知ります。

1ヶ月経っても、A子は立ち直れませんでした。

あんなに元気だったA子は、ほとんど喋らなくなり学校も休むようになりました。

 

その日もA子は、学校を休んでひとりで家で寝ていました。

お昼の13時頃、インターホンが鳴りA子は起きました。

親もいないので家にはA子1人、誰とも話したくないので無視していましたが、

しつこくインターホンは鳴り続けます。

 

仕方なくリビングにあるモニターを見てみると、

映っていたのは赤いフードをかぶった子供のようで、しかも異常に痩せ細っていました。

A子は「だれ?」と尋ねましたが返事はありません。

マイクから聞こえてくるのは、まるで喉に痰が絡んだような息の音だけ。

さすがに気味が悪かったので、警察に連絡しようと思ったその時、

気付いてしまったのです。

 

その子供には両腕がありませんでした。

そしてフードだと思っていたものは、顎から上がひしゃげた頭だったのです。

モニターを見るとソレは、家の中に入ろうとしています。

どうしていいか分からずパニックになったA子はその場にうずくまり

そのまま気がついた時には床に倒れていました。

意識を失っていたのでしょうか。

 

部屋の中やモニターを見回しましたが、もうソレはいませんでした。

 

その時になって、A子は気づきました。

あの子供が着ていた服が、事故当日のB子とまったく同じだったことを。

 

 

2.ベッド

 

ベッドの下に幽霊がいたとかそういう話って多いよな。

でも、あながち嘘じゃないのかもな。

 

友人から聞いた話なんだが、引越しの時にベッドを解体して運ぶことになって、

ベッドの床板を外したらしいんだけど、板の裏にぐにゃぐにゃしたきもちの悪い文字で、

訳の分からないことがたくさん書かれていたらしい。

もちろんベッドの裏に何かを書いたことなんてないし、

ベッドは新品で買った時に組み立てた時は何も書いてなかった。

友人は気持ち悪くなってベッドを買い替えたらしいんだが、一体何者が書いたのだろう。

 

僕は怖くてベッドの床板はいまだに確認できていない。

 

3.おめでた

 

半年くらい前に、同じ職場のAさんという女性が退職していきました。

Aさんは30代後半で、とても綺麗な人。

彼女は、一度離婚をしていて現在の旦那さんは再婚。

すごく親しかった訳ではないですが、彼女が退職する日の昼休みたまたま話す機会があったんです。

 

「Aさん、どうして退職することになったの?旦那さん転勤とか?」と私が聞くと

「ううん、違うの。旦那は転勤ないの。」とAさん。

「え、もしかしておめでた?」

つい聞いてしまったが、彼女の顔が曇ったのでやばいと思いました。

彼女が前の旦那さんと赤ちゃんがなかなかできなかったという噂を思い出して後悔していると

「ううん、違うの。でも聞いてくれる?」と彼女は言いました。

 

「え、うん。」

「今から言うことは黙っててね。誰にも相談できなかったの。」

彼女は俯いたまま、私の顔も見ずに淡々と話し始めました。

「前の旦那さんとね結婚してた時ね、実は2回妊娠していたの。でもね、2回とも産めなかった。

流産とかそういうのじゃなくて産めなかったの。

妊娠している時に夢を見てしまって、その夢がどうしても怖くて。」

「夢・・・?」

「妊婦の女性が夢に出てきて、その人のお腹めがけて殴ったり、酷い時にはお腹の中に手を入れたりとか。

それがだんだんとエスカレートして、今度は自分自身を客観的に見ている夢になるの。

そしたら、その自分に対しても同じようにしていた。これは1度だけじゃなくて毎晩。

夢らしい夢ならまだいいけど、あまりにもリアルで、感触とか血の匂いまで覚えてる。

だから怖くなって、旦那に黙っておろしたの。」

「・・・もしかして、2回目も?」

「そう2回目も同じ。もっと酷かったよ。」

私は、思わぬ話を聞かされ言葉が出ませんでした。

 

「だからね、他の男性ならって思って今の旦那と一緒になったのよ。」

 

そこで、昼休みが終わってその日は彼女ともう話さず終わり

彼女は退職していきました。

 
そんな彼女とつい最近、偶然街中で会ったんです。

たわいもない話でもしようかと思ったのですが、

 

「ねぇ、また同じだったよ。今度はもっともっと酷かったの。もうだめかもね・・・」

 

私の目も見ずに、それだけ言って彼女は去っていきました。

その彼女の言葉と声がなぜかとてつもなく怖く感じて、しばらく立ち尽くしていた気がします。

 

4.洗濯物

 

母校の中学校の近くに、結構築年数の経ってそうなボロアパートがあったんだけど、

俺が実家を出て、上京している間になにがあったのか廃墟になっていた。

どうやら誰も住んでいないらしいんだけど、

帰省中にふと廃墟アパートのベランダに洗濯物が干してあるのに気づいた。

 

家に帰って、そのことを家族に話したんだけど、反応はあんまなかったから

自分で、誰か住んでるんじゃないかとアパートの所有者に連絡したんだ、おせっかいだけど。

 

そしたら今から見に行くってことになって、同行した。

所有者のおじさんと、俺と地元の友人3人でその部屋に入った。

幸い鍵は閉まってなく、部屋の中には誰もいなかった。誰かが住んでいたような感じもしない。

 

ベランダには黄色いバスタオルと白い靴下が干されていて

「なんだよイタズラか?」と笑いながらバスタオルを取り込むと

友人が「うわぁあああ」と大声を出した。

 

タオルを見ると、裏側にびっしりと焦げ茶色の何かがついていた。

それはよく見れば赤黒く、血だった。ずいぶん時間が経っているような。

3人とも何も言わず黙り込んだ。

本当に全身鳥肌が止まらなかった。

 

5.侵入者

 

M子という友人の話。

彼女はひとり暮らしをしていたのですが、バイトから帰って部屋に入ると部屋が荒らされていて

何者かに侵入された形跡があったそう。

当然、怖いのでM子はすぐに警察へ連絡。駆けつけた警察の調査がすぐに始まりました。

 

取られたものはなかったものの、奇妙なことがあったそう。

それは、何ひとつ「指紋」が見つからなかったこと。

いやいや犯人が手袋してただけでしょと思ったそうですが、そうではないそう。

犯人だけではなく、M子自身の指紋も見つからないそうだ。

帰ってきてから通報するまでに触った部分以外、指紋がないらしい。

 

今もその理由は分からず、犯人も見つかっていない。

M子はその部屋をすぐに出て実家に帰ったようだが、引っ越す時に荷物の整理をしていると

見たこともない、マグカップが1つ紛れていたそう。

その理由ももちろん、分からない。

 

 

さいごに

いかがでしたでしょうか?
ぜひ「意味が分かると怖い話」シリーズも、あわせて読んでみてくださいね!

 

 

 コラムニスト情報
MI
MI
性別:女性  |   職業:ライター

コラムなど、執筆活動をしています。

美味しいものや、楽しいこと、楽しい場所をみんなに紹介するのが大好き。
Siriや都市伝説についても、たくさん執筆しています☺