【第83弾】結末にトリハダ「意味が分かると怖い話」まとめ(解説付き)

【意味怖】最新版!意味がわかると怖い話まとめ(解説あり)第83弾。解説を読んだらゾッとすること間違いなし。読むか読まないかはあなた次第です。短編も長編もあります。

執筆者: MI 職業:ライター

 

本当の意味を知ってトリハダ。

話の本当の意味を知ったら、思わずゾッとしてしまう「怖い話」第83弾。
意味が分かると怖い話 第1弾~第82弾」よりも、更にレベルアップした”ゾッとする話”を届けます!
読むか読まないかはあなた次第です。

 

1.ボート

 

仲の良いグループがボートで旅をしていたところ、

海のど真ん中でボートのエンジンが停止し、動かなくなってしまった。

これでは死んでしまう。

メンバーは集まって話し合った。

A「食料はどうだ?」

B「節約しても、1週間もつかもたないかだな…」

C「飲み水は?」

D「雨水をためれば大丈夫な気がする」

E「ともかくみんなで協力して、なんとか生きて帰ろう!」

「「「「「ああ!」」」」」

 

1ヶ月後、ABCDEの5人は無事救助された。

 

解説

全部で6人いた。

(Eの呼びかけに対して、5人が返事をしている。)

 

2.はれるかな

 

ちゃんとはれるかな?ゴンッ

はれたらいいな。
あしたはうんどうかいだよ。ゴンッ

でもぜんぜんたのしみなんかじゃないよ…
うんどうおんちのぼくにとっては
みんなにばかにされるいやなひだよ。ゴンッ
いたいけどがまんするよ。ゴンッ
ああ、よかった。はれてきた…。

解説

「晴れるかな?」ではなく「腫れるかな?」

 

3.タイムマシン

 

とある特殊なルートで、タイムマシンを手に入れた。

 

といっても過去へ行ってしまうと歴史が変わってしまうので

危険だからってことで未来にしか行けないらしい。

 

とりあえず10年後にでも行ってみよう。

 

10年後の俺かぁ…

どんな奴になっているか楽しみだ。

 

解説

未来にしかいけないということは、一度未来に行くともう戻ってこれない。

つまり、未来に自分はいなくなる。

 

4.約束

 

仲の良い友達とメールをしていた。

俺「今日ひま?」

友「ごめん、今日あいてない。弟と焼肉、食いに行く。」
俺「そっか。じゃ、今度飯行こうぜ」
友「おう。いつにする?」
俺「じゃ来週の水曜は?」
友「おっけー。じゃあ空けとくよ」
俺「なに食う?」
友「イタメシは?」
俺「いいよ、じゃあそれで。」

 

このメールの後、偶然にもその友達に会って立ち話をした。

なんやら飯に行くのを楽しみにしているらしく、

スケジュール帳には「○○(俺の名前)とイタメシを食う」って書いてあった。

かわいい奴だな(笑)


にしても、その時全然気づいてやれなかったんだけど。
そいつの弟が今行方不明になっているらしい。
ショックなの隠してたんだな…

飯行く時に勇気づけてやらなくちゃ。

 

解説

「弟と焼肉、食いに行く。」

弟と焼肉を食いに行った訳ではなく、

「弟」と「焼肉」を食べていた。

 

つまり「俺」も、イタメシと…

 

5.少数民族

 

取材記者である私は、とある少数民族の取材にやってきた。

そこは、普段人の立ち入らない集落である。

 

この部族は、全てが謎に包まれていて、これまでも取材のOKが出たことはない。

しかし、何度も何度も訪れる私の探求心に関心したのか

今回ついに単独で極秘取材のOKが出たのだ。

 

そしてその日、ラッキーなことに100年に1度の祭の最中だった。

この祭を行うことで、100年の平穏が約束されるらしい。

片言ながらに取材を進めると、なんとも痛々しい姿の人をたくさん見かける。

右腕の無い人、左足の無い人、左腕の無い人、右足の無い人…すべて老人だった。

話によると、このあたりには人喰い虎が出るらしい。

 

夜になると宴が始まる。

宴の中心では大きな案山子の用なものが掲げられている。

私は取材も忘れ、酒を飲んだ。いい夜だ…

 

解説

100年の平穏が約束されるのに、なぜ痛々しい姿の人がたくさんいるのだろう。

それは人喰い虎の仕業ではなく、

祭の為に案山子のようなもの(生贄)を捧げる風習があるのでは…。

 

さいごに

意味が分かると怖い話」いかがでしたでしょうか?
これからも、どんどん紹介していくので、下の一覧ページをブックマークしてくださいね!

 

 

もっと読みたい方はこちら

 

 

 
 コラムニスト情報
MI
MI
性別:女性  |   職業:ライター

コラムなど、執筆活動をしています。

美味しいものや、楽しいこと、楽しい場所をみんなに紹介するのが大好き。
Siriや都市伝説についても、たくさん執筆しています☺

 おすすめ新着コラム
     

     趣味のコラム