セミ(蝉)が怖い人だけ読んで!マンションや家の前にいるセミを防ぐ方法

【セミ対策】夏になると、セミ(蝉)が怖くて(気持ち悪くて)外に出るのがイヤになる「セミ恐怖症」の人必見。セミを寄せ付けない・暴れた時に防ぐ方法。セミファイナル、虫除けや殺虫剤などについても役立ち情報あり。

執筆者: MI 職業:ライター

 

とにかくセミがこわい!

夏になると、セミ(蝉)が怖くて外に出るのがイヤになる「セミ恐怖症」の人必見。

「風情があっていい」とか、「寿命が短いから可哀想」とか「よく見ると可愛い」とかそんな意見はもう聞き飽きた!とにかく、セミとなるべく出会いたくないなら試すべきこと。

(セミが好きな人、怖くない人は読まないでください!) 

 

 

1.セミが寄り付かない環境を作っておく

できれば、セミが鳴き始める少し前(鳴き始めてからでもOK)から、準備開始。

できる限りのことをしましょう!絶対に来なくなることはないですが、やらないよりかは減るはずです!

 

①玄関までの道の、電気、壁、ベランダなどに殺虫剤や虫よけを噴射しておく

期間中は、なるべく毎日継続的にがポイント。

前年から同じ場所に住んでいる場合は、だいたいどこに止まりやすいかが把握できていると思うので、止まりやすい場所を中心にかけておく。(マンションなど公共の場所は、他人の迷惑にならないよう自己責任で。色や匂いなど付かない軽めのタイプを離れた場所から、大家さんや周りの住人の許可を取ってからにしましょう!)

 

②自宅のドアやベランダには、虫よけプレートをかけておく

強い力はないですが、かけないよりかはかけておいた方が、セミ的にも居心地が悪くなります。

 

③廊下や玄関までの道の電気を、蛍光灯からLEDに変えてみる

虫は蛍光灯が大好き。もちろんセミも蛍光灯に集まります。

LEDに変えると集まる虫がかなり減ったとの声もよく見かけるので、変えられる場合は変えてみるといいかもしれません。

 

2.セミ対策グッズを持ち歩く

毎日、家の玄関までの道のりが憂鬱。

少しでも、恐怖感を無くすために持ち歩くべきグッズはこれ。

 

①虫よけ、殺虫剤

セミは虫よけや殺虫剤では死にません。殺すために持つ訳ではなく、玄関までの道のりで突然出てくる恐怖を無くすためです!セミがいそうな場所には通る前に噴射してみましょう。

いれば、すぐに暴れ出します。暴れなければ安心して通れます。

 

②折りたたみ傘

これは万が一、セミが暴れ出した時の防護道具として。しのばせておく価値があります!

 

③水の入ったペットボトル

セミは水に弱いので、これは最終兵器です。道に倒れていて通れない場合、水をかけてしまいましょう!

暴れまわる姿にはゾッとしますが、ぶつかってこないレベルには弱ってくれます。その隙に通り抜けましょう!

 

3.ひっくり返っているセミへの対応

止まっているセミももちろん怖いですが、道端にひっくり返っているセミも非常に怖いです。

死んでいると思いきや、突然暴れ出すので、セミ嫌いの間では「セミ爆弾(セミ・ファイナル)」と呼ばれているほど…。

確実に死んでいると分かれば、安心して通れますが、分からない場合はこんな方法で!

 

①観察して見分ける

「足を閉じていれば死んでいて、足を開いていれば生きている」という見分け方があるので、じっくり見てみる。

でもそこまで近くで見ることも怖いし、それを知ってもどうすればいいか分からない人は、2へ。

 

②道具を駆使!
先ほど紹介した道具「虫よけスプレー」や「殺虫スプレー」を噴射して生きているのか判断!
水をかけて弱らせるか、傘でガードしながら、通り抜けましょう!

 

さいごに

いかがでしたでしょうか?

楽しい夏を、セミのせいで無駄にしたくなければ、ぜひ試してみてくださいね!少しは、気が楽になるはずです!

 

 
 コラムニスト情報
MI
MI
性別:女性  |   職業:ライター

コラムなど、執筆活動をしています。

美味しいものや、楽しいこと、楽しい場所をみんなに紹介するのが大好き。
Siriや都市伝説についても、たくさん執筆しています☺

 おすすめ新着コラム
     

     生活のコラム

     ペットのコラム

     趣味のコラム