【第82弾】「意味が分かると怖い話」後味の悪い話をまとめました(解説つき)

【意味怖】最新版!意味がわかると怖い話まとめ(解説あり)第82弾。解説を読んだらゾッとすること間違いなし。読むか読まないかはあなた次第です。短編も長編もあります。

執筆者: MI 職業:ライター

 

ゾッとした話厳選。

話の本当の意味を知ったら、思わずゾッとしてしまう「怖い話」第82弾。
意味が分かると怖い話 第1弾~第81弾」よりも、更にレベルアップした”ゾッとする話”を届けます!
読むか読まないかはあなた次第です。

 

1.ターヒヌの歌

 

ねぇねぇ、みんな

「ターヒヌの歌」って知ってる?

『菊とターヒヌ』っていう大昔の白黒アニメの主題歌らしいんだけど

聴くと幸せになれるってネットで話題らしいよ。

 

アニメの内容は、ターヒヌっていう主人公が出てくるってこと以外は

詳しく知らないんだけどね。

まぁ、なんせ古いアニメだからあまり詳細はわからないんだ。

 

聴いてみたいよね。

 

解説

「ターヒヌ」という字を組み合わせると「死ヌ」になる。

つまり「菊とターヒヌ」は「聴くと死ぬ」

 

2.人魚の肉

 

昔、一人の少女がひどく傷ついた人魚を磯で見つけた。 

どう助けていいのやら困っていると、その人魚は

「海に戻してくれるだけでいいんです。」と消え入りそうな声で少女に頼んだ。

少女は、人魚の言うとおりに海へ人魚を入れた。

すると、人魚は元気を取り戻して、お礼にと大量の真珠を少女に渡した。

 

その様子を影から見ている男がいた。

男は、少女がその場を立ち去るのを見てから、人魚に近づき

なんと人魚を殺し、肉を取ってそれを娘と食べてしまった。

 

人魚の肉には不老不死の効力があると噂されていたためだ。

男の娘は、余命宣告をされるほどの重い病気だったのである。

 

70年後、あの少女は与えられたたくさんの真珠を元手に裕福な暮らしをしていた。

一方、男と娘は永遠に苦しむことになった。

 

解説

人魚の肉を食べて不老不死にはなったが、

病気が治る訳ではなかった。

娘は重い病気を永遠に抱え、終わりのない苦しみに耐えていた。それを見て過ごす男も後悔し苦しんだ。

 

3.伝説の木

 

私の学校には、古くて大きな木があって、その木の下で好きな人に告白すると

その二人は永遠に結ばれるっていう伝説があるんです。

私も、ずっと大好きだったA君にその木の下で告白されたいなぁなんて夢を抱いていました。

恥ずかしくてあまり話したことはないですが、おかしくなるくらいに大好きなのです。

 

ある日、下駄箱を開けると一通の手紙が入っていました。

封を開けて読んでみると、

「明日の午後10時、伝説の木の下で待っています。Aより」

なんと、A君からの呼び出しでした。

 

嬉しくて嬉しくて仕方ありませんでした。あの憧れのA君からの呼び出しなんて。

夜10時という遅い時間なのも、

明るいと面と向かって話すのが恥ずかしいからかな?とか思っていました。

 

約束の時間、学校に忍びこみ伝説の木に向かいました。

すると、木の下に人影がポツンとありました。

「A君!」手を振りながら駆け寄ると、その人影はA君ではありませんでした。

 

「えっ、なんで・・・?」

「・・・君がAの事を好きなのを知ってて、Aの名前を利用したんだ。」

「ひどい・・・」

「俺は君の事が好きなんだよ!・・・殺したいくらいに」

 

伝説の木の噂は本当だったのかもしれません。

だって、永遠に結ばれたんですから。

 

解説

「私」は、伝説の木に縛られて殺された。

 

4.嫌な予感

 

大学生になったばかりの女の子から聞いた話。

その子はアパートに一人暮らししてるらしいんだけど、

ある夜寝ていたら、なんか突然嫌な予感がしたんだって。

 

別に霊感があるわけではないらしいんだけど、

気になって部屋を見渡しても何もいなくて、

恐る恐る玄関ドアについている覗き穴から外をのぞいてみたらしい。

特に何も変わった様子はなかったけど、隣の部屋のおじさんが通ってびっくりしたみたいだけど。

おじさんは優しい人だし、通り過ぎたあと軽く会釈してくれたんだって。

 

なんだ、なんもなかったんだって思ってもう一回眠りについたらしいよ。

 

解説

「通り過ぎたあと軽く会釈してくれた」

なぜおじさんは会釈した?覗き穴から覗いていることを知っていたのかとも

考えられるが、おそらく会釈の先に何者かがいたのだろう。その何かが「嫌な予感」の原因。

 

5.バイト

 

ネットで知り合った友達が、バイトを始めたらしい。

仕事内容は、穴を掘るだけ。

指定の場所に行って穴を掘るだけで結構なお金がもらえるみたいなんだけど

指定される場所は、どれも人里離れた林とか山の中とかで、

しかも結構な深さの穴を掘らされるらしい。

「あ、この業務内容、言っちゃだめって言われてんだったw」とか言ってたけど

もう俺聞いちゃったし、興味津々なんだが(笑)

 

数週間後、そいつと連絡が取れなくなった。

 

解説

死体を埋めるための穴だった。

バラしてはいけないことをバラしてしまったので、友達も処分された。

 

さいごに

意味が分かると怖い話」いかがでしたでしょうか?
これからも、どんどん紹介していくので、下の一覧ページをブックマークしてくださいね!

 

 

もっと読みたい方はこちら

 

 

 
 コラムニスト情報
MI
MI
性別:女性  |   職業:ライター

コラムなど、執筆活動をしています。

美味しいものや、楽しいこと、楽しい場所をみんなに紹介するのが大好き。
Siriや都市伝説についても、たくさん執筆しています☺

 おすすめ新着コラム
     

     趣味のコラム