手作り指輪は想いのギフト♡ 記念日のプレゼントに「アニバーサリーリング」はいかが?

指輪を贈るのは、プロポーズのときの「婚約指輪」や、結婚のときの「結婚指輪」だけだと思っていませんか?大切な人の特別な記念日のプレゼントにも、手作り指輪は最適!自分の願いを込めてアニバーサリーリングを手作りしてみては?

執筆者: 飯田馨 職業:手作り指輪専門家、緋銅作家
気持ちを込めて…大切な人の特別な記念日のために、指輪を手作り!

こんにちは、コンセプトから制作まで自分の想いを込める手作り指輪工房「リンプラ」の飯田馨です。 

 

今回のテーマは、アニバーサリーの手作り指輪。

「大切な記念日に、気持ちをカタチにした手作りの指輪を贈る」ことについてお話しします。

 

 

どんな記念日に指輪を贈る?

アニバーサリー(Anniversary)とは、(例年の)記念日、記念祭、○周年祭、年忌という意味です。

記念日には、日本の祝日(元日や建国記念日など)をはじめ、伝統的な行事(ひな祭りや七夕など)や、 あらゆる業界の企業・団体によって制定された○○の日や○○記念日(11月22日はいい夫婦の日など)といったものまで、さまざまです。

それに、個人的に大切な記念日もありますよね。

 

では、そんな数ある記念日の中で指輪を贈るとしたら、みなさんはどんな日を選んでいるのでしょうか?

指輪を贈るタイミングとして選ばれている代表的な記念日には、次のようなものがあります。

 

  • 出会った日…おふたりが出会った日
  • 付き合い始めた日…告白した日
  • バレンタイン&クリスマス…ふたりの気持ちが高まりやすい日
  • 婚約記念日…プロポーズした日
  • 結婚記念日…入籍した日
  • 家族の誕生日…子どもの誕生日
  • お互いの誕生日…生まれてきたことに感謝する日

 

アニバーサリーリングとは?

過去に指輪をプレゼントされた方は、指輪はお店で購入したと答える方がほとんどだと思います。

代表的なものとしては、プロポーズのときの「婚約指輪」、結婚のときの「結婚指輪」があります。

また、指輪は結婚指輪しか購入したことがないという方もいるかもしれません。

 

 

そんな中、これまでふたりで一緒に過ごした日々の感謝と、これから先の日々も大切にしたいといった自分の願いを込めて手作りした指輪を「アニバーサリーリング」と呼んでいます。

 

アニバーサリーリングは、次のような考えを持っている方々に選ばれています。

 

  • プレゼントは苦手
  • ちょっとしたサプライズをしたい
  • 相手にもっと喜んでもらいたい
  • 高価なものではなく、自分の想いが伝わるものが欲しい など

 

自分が作りたいと思ったときが、ふたりの新しい記念日になる

私たちは生活において、何か行動するとき、「なぜ、それをするのか?」とまず動機を探します。
動機とは、人が意志を決めたり、行動を起こしたりする直接の原因です。

普段生活している中で「指輪が必要だから買う」ということは考えにくいですよね。
ですから、記念日があると行動しやすいのです。

指輪は、「可愛い」「綺麗」「憧れ」「高級」など肌で感じる満足度や憧れを具現化しているので選ばれています。

ですが、具現化されていない”手作り指輪”が選ばれるのはなぜでしょうか?

それは、最初の動機に、「面白そう」「楽しそう」「自分らしい」「思い出になる」など自分の中の願望の成就があるからなのです。

 

大切な人に、アニバーサリーリングを贈ってみては?

最後に、昨年ペアリングを手作りされたおふたりの感想をご紹介したいと思います。

 

“Do you need a reason to make a pair of rings yourself? In the end, we decided to follow our heart. You do not need a reason to do something. Just do it! ”

 

これを機に、自分の想いを大切な人と共有する方法として、何かカタチにしたいと考えたときに、指輪を自分で手作りするという選択肢があることを知ってもらえたらと思います。

次の記念日には、自分の願いを込めて手作りしたアニバーサリーリングを贈ってみてはいかがでしょうか。

 コラムニスト情報
飯田馨
性別:男性  |   現在地:東京都台東区台東3-3-1 2F  |   職業:手作り指輪専門家、緋銅作家

初めまして。手作り指輪の専門家、飯田馨です!

東京都台東区台東にある工房でRINPLA(リンプラ)を営んでいます。
“自分で欲しいデザインを自分で手作りする”という自由な発想で「世界にたった一つの手作り指輪」を手に入れることができます。これまで、手作り指輪を体験された方が完成した指輪を見て本当に嬉しそうな姿や感謝の言葉を頂きました。

年々手作り指輪の認知が高まる傾向は、とても良い事だと私は考えています。
また、指輪を手作りする目的は、贈る方と贈られる方の絆を深める心願成就です。
そのために、誰もが「想い」を指輪に込められることができる技術をもった専門家が必要で、その技術を提供できることがこれからは手作りに求められると考えています。

これまで、手作り指輪の世界を手作りした方達と一緒に創造して成長してきました。
その創造の目的は、幸福の拡大です。そこには贈る方だけではなく、職人も含め関わる全ての人がその創造を実現していくことを目指します。

見せる指輪ではなく、語れる指輪
100年先も語り継がれる物語を指輪という途切れることのない永遠のカタチにします。

RINPLAは、感動と喜びを増やすを理念に、手作り指輪取扱説明書入門編を作りあげ、1組1組自由な発想で想いを込める手作り指輪の普及活動に取り組んでいます。
自分でコンセプトから制作まで行う手作りジュエリー工房リンプラ
HP:https://www.rinpla.jp/