雨の日も崩れないストレート髪の作り方&キープのコツ!ヘアアイロンとスプレーで長時間さらさらヘアに

執筆者: 藤澤ひなた

さらさらロングヘアに憧れる女性は多いと思います。

美容室へ行き、ストレートパーマを掛けて貰う、癖っ毛を治すために試行錯誤する…そんなことを繰り返している人に朗報です。

 

雨の日も風の日も崩れない、さらつやストレート髪の作り方を伝授いたします!

 

 

ストレートにする前のお手入れ

ストレート髪を保つためには、まず髪のダメージを少なくしながら過ごすことが重要です。

うねるのはダメージが多いということ。

シャンプーの後、きちんと美容液などをつけて乾かして下さい。

眠る時は髪を下にせず、髪の毛は全て上げて枕をその下に敷いて眠ると、癖がつかなくていいですよ。

 

また、髪がうねっていたりすると、いくらコテを滑らせてもなかなか真っすぐになりません。
癖が付いている場合は、先にストレート用のスタイリング剤などである程度真っすぐにしてから行って下さい。

 

髪が濡れたままの状態でヘアアイロンを当てないようにしましょう。きちんとストレートにならないだけでなく、水蒸気が発生し、髪や顔に火傷を負ってしまう可能性があります。

 

ヘアアイロンでストレートにする

ストレートパーマを当てていない人は、コテ(ヘアアイロン)でストレートにすると思います。
その際に注意すべき点をいくつかピックアップします。

コテを使用する前は、髪の毛のダメージを軽減させるトリートメントやスタイリング剤を付けて、乾かしておいて下さい。

 

温度の高いコテを使う

巻き髪キープのコラム「巻き髪初心者でも簡単!コテ巻きキープとアレンジのコツ~ショートヘア・ミディアムヘア~」でも書きましたが、温度の低いコテにキープ力はありません。

200度以上の温度が出力できるコテを選びましょう。

低温のコテで何度も髪の毛をフライするより余程髪に優しいです。

セラミックプレートのコテですと熱が伝わりやすいので、忙しい朝でも楽に使用できるでしょう。

 

ストレートにするコテの使い方

ストレートにする毛束は多すぎると熱が伝わりにくく、コテの効き目が出ません。

軽く手で握り、少ないかな?と感じる程度だけ取ります。ここが第一のポイントです。

そして根元~中間~毛先に分けてコテを当てていきます。ここが第二のポイントです。

 

いきなり根元から毛先まで滑らせるのではなく、まずは根元から中間までコテを動かします。

その後、中央から毛先に動かします。

この動きを何度か行い、最後に根元から毛先まで滑らせます。

 

ポイントとしては、根元~中間~毛先でコテを滑らせる速度を変えてはいけません

変えると毛先がバラバラに向いてしまうので、全て同じ速度でコテを当てて下さい。

 

また、髪を横に引っ張りながらストレートにするのはNGです。

真っすぐなストレートになりません。

 

 

スプレーを使う

ケープなどのスプレーを髪から30cm以上離し、指で髪を持ち上げて髪の間にスプレーするイメージで振りかけます。

髪の毛に近づけ過ぎるとパリパリになりますし、髪を持ち上げて掛けないと表面しかキープされません。

 

スプレーを一通り掛け終えたら、粗めのクシで髪を梳かしましょう。

 

おわりに

さらっと風になびくストレートヘアは、男女共に人気の髪型ですので是非実現したいですよね。

雨季の時期も強風の時も、室内に入れば綺麗なストレートをキープできるよう目指していきましょう!

 コラムニスト情報
藤澤ひなた
性別:女性  |  

食べるのが好きです。
寝るのも好きです。

渋谷は桜ヶ丘周辺が好きです。

 おすすめ新着コラム

     美容のコラム