ロングヘアも綺麗なウェーブヘアに!ヘアアイロンを使った巻き髪の作り方を、美容師が図解で解説。コテの太さやワックスなどを使ったスタイリングのコツを紹介します。

どのレングスでもできる!簡単なゆる巻きの方法

こんにちは、美容師の萩原翔志也です。
今回は、どのレングスでも使える「最短4ステップ、簡単オールマイティーな巻き方」をご紹介します。

 

コテの太さは?

よほどロングでない限り、32ミリが使いやすいと思います。

 

 

コテで作る簡単な巻き髪のやり方
耳より前のトップの髪の毛を、マジックカーラーで全て後ろに巻きます。

画像2を参考に。

 

毛先にワンカール入れます。

画像3を参考に。

 

こめかみより上の髪に、もう一度ワンカール入れます。

画像4を参考に。

 

 

顔回りの髪を、リバースに顔とは逆に巻きます。

画像5を参考に。

 

耳上の髪の毛を、フォワードに顔側に巻きます。

画像6参考に。

 

マジックカーラーで巻いていた髪を、1つずつ真上に引き出して巻き込みます。

画像7を参考に。

 

あとは、画像8のように、髪の毛によく指を通してほぐしてから、クリームワックスを揉み込みます。

 

クリームタイプのワックスがなかったら、普通のワックスにオイルを混ぜるのもお勧めです。
髪の毛を前に持ってきて、下から揉み込むようにつけると、より柔らかく仕上がります。

 

 

後ろは無理しないで!

後ろは首をやけどして欲しくないので、無理はしないでください。
マジックカーラーを外して巻いた所が後ろに落ちるので、後ろは無理しなくても馴染みます。

 

上手く巻くポイント
巻き終わった後にしっかり指を通すことがポイントです。
カールは取れないので、きちんと通して大丈夫です。

 

自宅でも綺麗な巻き髪を作るコツでした

この方法であれば、自分ひとりでも上手に、可愛く、巻き髪をセットすることができます。

 

今回は前髪の長いモデルさんだったのでかきあげバング風ですが、前髪ありでも、もちろん可愛く仕上がります。

ぜひ試してみてくださいね。

このコラムに関するタグ

この記事を書いたコラムニスト

ヘアスタイル
LATTE BEAUTYに関しての機能要望・ご意見はこちらからどうぞ