タイ観光時に、旅行者が気を付けるべきマナー・ルール!食事のタブー、チップ、ドレスコードなど

執筆者: 旅バンコク
はじめに

微笑みの国、タイのマナーをさらにもっと詳しくご紹介いたします。

驚きを隠せない、意外なルールもあります。

 

チップについて

チップは感謝の気持ちなので、あげたいと思った額が適正価格という意見もあります。

しかしやはり相場から大きく外れると、もらう側が戸惑ったり、がっかりしたり、あるいは怒りだしたりということもあるでしょう。


チップは普通いくらになっているのか、タイ生活者の視点で見てみます。

 

マッサージ店の場合

タイマッサージは、街の至るところにあって気軽に利用出来ます。

観光やショッピングで歩き疲れた時に、エアコンの効いた部屋で受ける足マッサージは最高ですね。

しかし、チップはいったいいくら渡せば良いのでしょうか?

 


例えば、日本人に人気のワットポーマッサージ。

ここが目安として推奨しているのは、100バーツです。

 

 

地方都市なら物価も安いので、40~60バーツぐらいでも不自然ではないと思います。

 

最低賃金が1日300バーツの国で、店からの給料もあるのに、チップだけで100バーツは高いような気もします。

しかし、もしまた同じ店に来る予定があるなら、ちょっと多めに渡した方が次も良いサービスを受けられるでしょう。

 

タクシーの場合

基本的にちょうどの額を渡せば問題ありません。

ちょうどの額がない場合は、おつりの小銭を渡せばスマート。

わざわざチップとして20バーツ札などを出す必要はないでしょう。

 

 

たとえば37バーツなら、40バーツ渡しておつりはチップにしましょう。

 

レストランの場合

サービス料が10%ほど加算されているなら、チップの必要はないでしょう。

そうでない場合は、おつりの小銭かプラス20バーツぐらいが丁度良さそうです。

 

かなり高級感のあるレストランで、サービス料が加算されておらず、クレジットカードのスリップにチップを記入する欄があったら、100バーツぐらいだと思います。

もちろんそれ以上でもOKです。

 

ホテルで部屋までスーツケースを運んでもらったら

荷物を運んでもらった時のチップは、高級ホテルなら50〜100バーツ、中級以下なら20~40バーツぐらいだと思います。

 

これから滞在するホテルでの最初のチップなので、少し多めに渡して気分良く過ごしたいものです。

 

 

食事のマナー

タイに限りませんが、麺類やスープを音を立ててすするのはNG。

他の人に不快感を与えるので、気を付けましょう。

最近は日本料理店でも日本人以外のお客が多いので、蕎麦なんかを豪快にすすると目立ちます。

正しい食べ方かもしれませんが、少し控えめにした方が良さそうです。


また、タイでは基本的に皿や器を手で持ち上げません。
しかし、日本料理店の場合は別です。

茶碗やお椀を手に取り背筋を伸ばし、日本式のマナーに従って振る舞えば、タイの人達の目にも美しく映ると思います。

 

独特なドレスコード

今やバンコク名物ともなった屋上バー&レストラン。
観光客も良く訪れますが、サンダル履きや短パンはダメなど、どこも服装について独自のルールを設けています。

 

中には、背負うタイプのバッグは持ち込めないという変なルールもあります。

せっかく行って入れないとガッカリですので、事前にチェックしておきましょう。

 

 

見落としがちな規則
駅のホームの規則

暑いバンコクの街歩きには、ボトルの水が欠かせません。

こまめな水分補給をお勧めしますが、駅に着いてホームでひと息と水を飲んでしまうと、ルール違反です。

気を付けて下さい。

 


BTS(高架鉄道)やMRT(地下鉄)のホームや、車内での飲食は水も含めて禁止です。

 

風船とドリアンは駄目!

また、風船とドリアンが持ち込み禁止です。

風船は、可燃性のガスが入っていると大事故に繋がるとのことで禁止されています。

 

 

ドリアンはどこで食べればいい?

果物の王様ドリアンは、においが強いためホテルなどでも持ち込み禁止となっている場合が多いです。

しかし、タイを訪れたらぜひ食べて頂きたいフルーツでもあります。

スーパーでパック入りを買うか、露店で丸ごと買って切り出して貰っても、電車にもホテルにも持ち込めないとなると、いったいどこで食べれば良いのでしょうか。

 

公園のベンチなら問題ないと思います。

 

 

公園の禁止事項

公園にも様々な禁止事項があります。

 

どれも常識的なことばかりで、タイ語が読めなくても絵文字で分かると思いますが、上から3番目のボトルの絵は、アルコール飲料の持ち込み禁止を表しています。

タイでは公園のベンチで缶ビールを、というわけにはいきませんね。


トランプ遊びは、タイ人がやっていると賭博とみなされて逮捕される可能性があります。

トランプ自体は売っていますが、やらない方が良いでしょう。

その他、街中でのゴミのポイ捨て、横断歩道以外での大通りの横断は罰金の対象です。

 

道路の横断は罰金200バーツ

 

おわりに

タイはおおらかな国なのに、なんだか規則ばかりの印象になってしまいましたね。

しかし、常識的に振る舞っていれば問題ないはずです。

 

多くのタイ人は日本人に対し、規則を守る礼儀正しい人々という印象を持っています。

そんなイメージを裏切らないよう、礼儀正しくありたいものです。

 
 コラムニスト情報
旅バンコク
性別:男性  |   現在地:タイ、バンコク、スクムビット  |  

1980年代後半からタイに住んでいます。

ブログ
旅バンコク http://blog.goo.ne.jp/tabibangkok

 

 旅行のコラム