髪が多くボリューミーな人向けの、お団子の作り方&簡単ヘアアレンジ

執筆者: colonna
はじめに

厚く太い髪の毛は、髪型がうまく決まらないと悩まれたことはありませんか?

そんな髪質だからこそ、逆にヘアアレンジがしやすいという利点もあります。

 

厚い髪は記憶形状してくれる為、逆毛を立てると崩れず、巻き髪にするとカールが取れないと言う素晴らしいポイントがあるのです。
今回は、厚く太い髪にこそまさに向いている、簡単おだんごヘアの作り方をご紹介します。

 

 

ボリューミーおだんごヘア
用意する物

 

  • ヘアゴム
  • コーム

 

  • アメピン

 

  • ワックス

 

手順

1.頭のちょうど真ん中あたりにポニーテールを作るように髪を束ねてください。

上過ぎても、厚い髪は言うことを聞かないため、真ん中あたりでOK。

2.髪全体に空気を入れるように、後ろの髪を前に押す感じで押し込む。

この時コームでトップを引っ張ってあげると、簡単に逆毛ができます。

3.束ねてポニーテールを作った髪にワックスをつける。


4.逆毛を立てる。

雑でも良いので思い切り逆毛を立ててください。

5.逆毛を立てた髪を、半円を描くように頭の下あたりで髪の毛をアメピンで留めてください。

後は形を整えて終了です。

 

 

おだんごが下にずれてしまった…

横にのびたお団子が出来る場合がありますが、外から内側に髪を押し込むように形を整えてあげるとスッキリしたお団子になります。

 

 

おだんごがボサボサになってしまった…

こんな時にお勧めなのが、ヘアカチューシャなどのアクセサリー。

いっそ隠してしまいましょう。

 

 
おだんご後のヘアケア

ワックスを使い、逆毛も立てている髪は、かなりダメージを負った状態になっています。

傷んだ髪が気になる方には、自宅で簡単に作れるトリートメントをご紹介します。

 

作り方
  • 普段使っているコンディショナーに、生卵を入れて混ぜ合わせる。


卵の生臭さが気になってちょっと…と思う方もいらっしゃるかと思いますが、コンディショナーを多めに入れるとカバーできます。


卵のたんぱく質が傷んだ髪に栄養補給をしてくれますので、高級トリートメント時と似たヘアケア効果があります。

本来ある潤い、ツヤを閉じ込めてくれるだけではなく、保湿性も高いのです。

 

卵パックの洗い上がりは驚くほどしっとりサラサラなので、一度試して頂きたいトリートメント方法です。

 

おわりに

コンプレックスの髪質を嘆く必要はありません。

特におだんごや逆毛などは、ボリューミーさが命ですので、厚い髪質を生かす絶好のヘアと言えます。

 

 
 

 美容のコラム

  このコラムに関するタグ