北欧のバレンタインは性別関係なし!フィンランド流バレンタイン「友達の日(友情の日)... - Latte

  北欧のバレンタインは性別関係なし!フィンランド流バレンタイン「友達の日(友情の日)」の祝い方

北欧、とりわけフィンランドでは、男女関係なくバレンタインを祝うようです。友情の日に見習って、友チョコをプレゼントしてみては?

執筆者: Katsumi Y Katsumi Y 職業:北欧雑貨ネットショップ・ホームステイ受け入れ運営
フィンランドの友達の日って?

2月14日はバレンタインデー。

日本では店頭にチョコレートが並び、女性から男性への愛の告白の時です。

 

逆に、男性から女性へ愛の表現をする国々もあるかと思います。

フィンランドではバレンタインデーは「YSTÄVÄNPÄIVÄ」と言って、「友達の日」を指します。
「男女平等」と言われている国らしい日ではないでしょうか。

 

「友達の日」の由来は

この友達の日の歴史は以外にも浅く、1980年代頃から始まったそうです。

今ではすっかり定着し1年の大事な行事の1つとされています。


2月14日が近くなると、会う人ば口々に「Hyvää ystävänpäivää! (良いお友達の日を!)」と、挨拶を交わします。

 

 

どんな風に過ごすの?

異性関係なく友達にカード、メッセージや、ささやかな贈り物をします。

 

素敵なカードで伝えよう

メールやショートメールが主流ですが、イベント行事にカードを送る文化は今でも続いています。
オリジナルカード作りを楽しまれる方もいれば、お店には豊富な種類のカードがありますので気軽に購入できます。

 

 

可愛い切手

友達の日に合わせて、毎年、郵便局から可愛い切手が発売されるのも楽しみの一つ。

また、お祝い時の時には、ちょっとしたポエムを添える習慣もあるのです。

 

一緒にカフェやサウナへ

コーヒーやお酒好きなフィンランド人ですから、大切な友達と一緒に自宅やカフェ、レストランやバーで食事を楽しむ過ごし方もされています。

 

男性でも料理上手な方が多く、お友達のために料理を振舞うお祝いの仕方もあります。

 

サウナパーティーまで!

各地では友達の日にちなんだ歌やダンスのコンサート、子供向けのイベントやサービスなども催され、中には自宅のサウナでサウナパーティーという過ごし方もあります。

 

自宅のサウナでサウナパーティーという過ごし方もあり、流石はサウナの国といったところです。

 

 

街には赤やハートマークが沢山!

友情=愛=ハート。

街や店頭には赤やピンクのハートのモチーフのものが目に付きます。

 

ハムまでハート!

お菓子屋さんのショーケースには、友達の日をテーマとしたデコレーションケーキやチョコレート、

中にはオープンサンド用のハムもハートの形をしています。

 

遊び心があってユニークですよね。

 

 

花束を贈ろう

ささやかなプレゼントの1つとして人気があるのは「花」。

花屋さんの店先にも魅力のある花々が並びます。

 

 

さいごに

「フィンランド人は恥ずかしがりやさん」、「友達になるまで慎重」と言われていますが、逆に「一度友達になると友情は深く長く続く」とも言われています。

 

それぞれの国のバレンタインデー、どうか愛に満ちた日になりますように。

 
 

 旅行のコラム

 関連エリア

LATTE TRAVELに関しての機能要望・ご意見はこちらからどうぞ