節約し過ぎでメンタル貧乏に!?お金をストレスなく「貯め続ける」貯金術3選

執筆者: colonna
はじめに

貯金・貯蓄がしたいけれど、どうも上手くいかない。

こういったお悩みのある方は多いと思います。

 

私生活を切り詰め、欲しい物も買わず遊びにも行かないといった貯金・貯蓄は、長く続きません。

私生活に納得している事が大前提で、貯金・貯蓄ができると考えられます。

 

貯金・貯蓄のための大前提

まず、貯金・貯蓄生活には2つの種類があります。

 

  • 満足できる私生活
  • 納得できる私生活

 

満足できる私生活

その名の通り、好きなようにお金を使い、娯楽やショッピングが堪能できる状態を指します。

この状態でお金を貯められる方は、収入が多いか、あまり物欲がないかでしょう。

 

好き放題使いながら、貯金・貯蓄は普通では難しいですよね。

 

納得できる私生活

それでは「納得できる私生活」とは何なのでしょうか。

 

これは、自分を切り詰め過ぎない程度の適度な出費をしつつも、浪費はしない。

我慢に対しても、それが必要な事だと納得出来ている状態を指します。

 

基本的に、何かに対しての我慢がなければ、貯金・貯蓄は難しくて当然でしょう。

 

我慢を納得すること

その我慢が行えないからこそ苦労をするのです。

貯金・貯蓄は、我慢に対して、自分で納得する所から始まるのだと考えます。

 

納得できる生活に必要な出費を割り出す

では実際、どのようにすれば良いのでしょうか。

 

自由に使える金額を把握する

まずは、自分の収入を書き出します。

次に、必ず出てしまう出費を念のため多めに書き出しておきましょう。

 

  • 交通費
  • 携帯電話や通信回線費
  • 医療費
  • 保険
  • 生活用品

 

こういった出費をまとめて収入から差し引き、残った金額が自由に使える全額となります。

 

買う物の優先順位をつける

今度は、別の用紙に上記以外で「買わなければならない物」と「買いたい物」、「しなければならない事」と「したい事」を書き出します。

そして「~なければならない」を優先した優先順位を付けましょう。

 

我慢できることかどうかを判断

どうしても今月中に「したい」内容は妥協しないようにしつつ、我慢できたり、延期しても良いことは翌月に回す努力ができないかを考えます。

 

イレギュラー対応も考えておく

イレギュラーな出費が発生してしまった場合に、優先順位を考えた上で、どうやりくりするかも考えておく必要があります。

 

納得できる貯蓄額を決める

自由に使える金額と妥協のできない出費を見て、貯蓄額を決めていきます。

貯蓄を3種類に分けて考えて下さい。

 

  1. 1ヶ月で、最低いくらは絶対に貯める。
  2. 余分にいくら貯められれば良い。
  3. 無意識での貯金・貯蓄。

 

 

絶対に貯める

この貯金・貯蓄に関しては、継続して積み重ねていくものと認識し、絶対に手を付けません。

この貯め方自体、自身が納得できるかどうかが前提にありますので、しっかり悩んで決めて下さい。

 

意思の強さに寄るところが大きい貯金なので、貯めなければならない目標のある方や、強く貯金・貯蓄したいと思っているのであれば、金額も多くなります。

 

一方で、貯金・貯蓄に慣れる事から始めるのであれば、あまり無理のない金額になるでしょう。

 

余分に貯める

これは、想定より出費が抑えられたり、買いたい物やしたい事を、我慢もしくは延期して余った分の、自動的な貯金です。

 

この内のいくらを①の貯金・貯蓄に回し、いくらを翌月などに上乗せするかは自由。

次の収入を見つつ考えても良いでしょう。

 

無意識での貯金・貯蓄

壊さないと取り出せない貯金箱に、何円玉以上を入れるようにする、と決めておく貯金です。

 

例えば、100円玉以上と決めた場合には、1円玉や10円玉は入れません。

お財布に100円玉があり、入れても良いなと思った時に自主的に入れます。

 

入れたら最後、貯金箱を割らなければ出せないので、いくら貯まったか分かりません。

少しずつですが、無意識での貯金・貯蓄になります。

 

貯まった時に開けてみると、失ったお金が見付かったような、嬉しい気持ちになるでしょう。

 

支出の計算を忘れずに

無意識の貯金は除いて、支出は定期的に計算し、管理します。

 

無駄がなかったかをチェック

どこかに無駄はなかったか。

その無駄は、納得できる無駄だったか。

納得できない無駄だと感じた場合、次から同じ事にならないためにはどうすれば良いか。

 

このように、しっかり自分の出費に対して意識をしていきます。

 

納得できるかどうかが大切

計算をして、全ての出費に納得できるのであれば、最低貯金金額以上に貯められなくても、納得できるでしょう。

 

なぜなら、それが自分にとって絶対に必要な事だったからです。

ダイエットと貯蓄は似ている

強制的で無理のある貯金・貯蓄法は、メンタルと共にすぐに崩れてしまいがちです。

すぐに結果を手に入れたい、急激なダイエットと同じようなものですね。

 

最終的に成功するのは、時間を掛けたダイエット

長い時間を掛け、自分の状態や体調に気を付けながら綺麗を手に入れるダイエット法は、短時間で無理をするダイエット法よりも、より長期的に綺麗でい続けられます。

 

すぐに結果を求めないこと

それと同様に、すぐに結果を求めても、貯められる金額は限られているのです。

お金を切り詰め過ぎてメンタルや体調に支障が出てしまっては、収入源の仕事にも支障が出てしまい、元も子もありません。

 

おわりに

自分に無理のない範囲で、いかに納得できる私生活を送りながら貯められるか。

これが重要なのです。

 
 

 生活のコラム

 お金・資産運用のコラム