香港・九龍半島で立ち寄りたい、観光客にもおすすめの人気お洒落カフェ5選

執筆者: 甲斐美也子 職業:香港在住ジャーナリスト、編集者、英日翻訳者、コーディネーター
はじめに

ほっこり系の素敵なカフェが豊富な香港島と比べて、ゆったりできるカフェなんてあるの?と思われがちな九龍半島ですが、ワイワイガヤガヤした街の中にも、個性豊かなとびきりのカフェはあるのです。

 

九龍半島にある、お勧めのカフェ5軒をご紹介します。

Starbacks 旺角洗衣街店

香港で最も賑やかな旺角の中心部にあるこのスターバックスは、古き良き香港と映画館をテーマにしたコンセプト店になっています。

 

 

レトロな雰囲気がたっぷりの店内

2階にまたがり、総面積557㎡もある非常に広い店内では、特別メニューのコーヒーエッグタルトやパイナップルバンなどをオーダーして、ぜひ上階へ行ってみて下さい。

 

古い映画館の椅子や深紅のベルベットカーテン、ポスター、ジューク・ボックスなど、レトロな雰囲気たっぷりです。

 

 

デザイン担当は…

この様な企画には必ず登場するライフスタイルショップG.O.Dと、有名アーティストのアナザーマウンテン氏ことスタンレー・ウォン氏です。

 

のんびりしたタイムトリップを寛ぎながら楽しめる為、地元の学生達にも大人気です。

 

Starbacks旺角洗衣街店
住所:1/F & 2/F, Wai Kee House, 91 Sai Yee Street, Mongkok, Kowloon, Hong Kong
営業時間:8:00~24:00(金土は~翌1:00)

 

C’est la B Café

最高級ファッションブランド出身で、類い希なセンスとこだわりで知られるカリスマ・レストランオーナーのボニー・ゴクソンさんと言えば、香港島・中環のレストラン、SEVVAが有名です。

 

カラフルな世界観のカフェ

そんな彼女ならではの、食べ物とインテリアが完璧にコーディネイトされたカラフルな世界を手軽に味わえるカフェが、尖沙咀のハーバーシティのゲートウェイアーケード外側にあるのです。

 

 

健康志向なケーキ

自由奔放にデザインされたケーキは、華やかな色味も、例えば赤はビーツ、紫はタロ芋など、天然素材を使って出していて、甘さも控えめ、軽やかな食感で健康志向なところが嬉しいです。

 

 

不思議の国に紛れ込んだ様な気分で、のんびりとお喋りを楽しんで下さい。

華やかなサンドイッチなどの軽食や食事も充実しています。

 

C’est la B Cafe 
住所:Shop G111, G/F Gateway Arcade, Harbour City, Canton Road, Tsim Sha Tsui, Kowloon
営業時間:10:00~23:00

 

Bricklane Gallery

尖沙咀の便利な立地にありながら、九龍では貴重な静かなテラス席でも、スタイリッシュな店内でも、カフェらしさを満喫出来るのが、ブリックレーン・ギャラリーです。

 

ギャラリーとしても注目

イギリス帰りの香港人女性3人組によってオープンされたブリックレーンは現在3軒あり、この店はギャラリーとして地元アーティストの作品を飾ることも目的にしています。

 

 

多彩なメニュー

コーヒーとデザートの他に、エッグベネディクトやオールデイ・イングリッシュ・ブレックファスト、フィッシュ&チップスなどのイギリスらしい料理や、多彩なカクテルなどメニューの守備範囲が広く、何でも美味しく作られているので1日中利用価値大です。

 

 

Brick Lane Gallery 
住所:G/F, 17-23 Minden Avenue, Tsim Sha Tsui, Kowloon, Hong Kong
営業時間:11:30~翌1:00

 

KUC Space

1927年創設の九龍ユニオン・チャーチに併設された、知る人ぞ知る、平日の日中のみオープンするカフェです。

 

元牧師寮だった洋風建築

牧師さんやボランティアのシェフが作る、美味しい手作りケーキとお茶が楽しめます。

スタッフは全員ボランティアで、料金は自分で計算して箱に入れる仕組みになっています。

 

 

浮世離れした優しい雰囲気

ここが佐敦駅のほぼ目の前だという事を、完全に忘れてしまう様な異空間です。

教会の活動などで不定期に閉まる事があるので、行く前にFacebookで確認する事をお勧めします。

 

 

KUC Space 
住所:2 Jordan Road, Jordan, Kowloon, Hong Kong
営業時間:10:00~18:00(土日祝は休み)

 

 Royal Touch Bakery Café

チャールズ皇太子とダイアナ妃を含む、英国王室の専属シェフを長年勤めたキャロライン・ウェブが創業したベーカリーが、ハーバーシティのオーシャンターミナルに小さなカフェをオープンしました。

 

 

英国王室専属シェフの味

エドワード王子が子供の頃からの大好物だというケーキや、アールグレーのケーキなど、工夫を凝らしたスイーツと紅茶で、買い物の疲れを癒してはいかがでしょうか。

 

 

Royal Touch Bakery Café  
住所: G02, G/F, Ocean Terminal, Harbour City, 3 Canton Road, Tsim Sha Tsui, Kowloon
営業時間:10:00~22:00

 

おわりに

香港島と比べてカフェ密度は少ないものの、徐々に素敵な店も登場している九龍半島。

人気カフェの先取りを得意とするハーバーシティ内には、優秀なカフェが多数あって利用価値大です。

また、老舗ホテルのロビーカフェもゆったりしています。

 

上手にカフェを利用して、メリハリのある1日をお過ごし下さい。

 
 コラムニスト情報
甲斐美也子
性別:女性  |   職業:香港在住ジャーナリスト、編集者、英日翻訳者、コーディネーター

香港在住8年目のジャーナリスト。東京で女性誌編集者として勤務後、英国人の夫とノルウェー、スイス、イギリスに計7年暮らし、東京に2年戻ってから、香港へ。オープンで親切な人が多く、東西が入り交じった独特の文化や街並みがすっかり気に入り、香港とマカオの情報を女性誌、ガイドブックを中心に執筆中。

ライフスタイル全般から、インタビュー、ちょっと堅い記事まで、何でも書きますが、香港に来て以来、元々の食いしん坊も手伝って、最近の執筆のメインはグルメ関連。表面的なことから一歩踏み込んで、作っている人、関わっている人たちの情熱や思い入れが透けて見える記事を書けるように、日々心がけています。

今まで香港に行ったことがない方にも、香港って楽しそう! 行ってみたい! これ食べてみたい! と思っていただけたら嬉しいです。

<主な連載&ブログ&SNS>
●キャセイパシフィック航空「香港スタイル」にて、「粋―甲斐美也子のCool & Sleek Hong Kong~香港を粋に楽しむ」執筆。 
http://www.cathaypacific.co.jp/hongkong/cool/

●FIGARO.jp 公式ブログ「かぐわしきみなと通信」執筆。
http://blog.madamefigaro.jp/miyako_kai/

●個人ブログ「香港ときどきマカオ」http://hk-tokidoki.com/ 

●フィガロ・ジャポン 「Express!」(世界の最新スポット紹介)で、香港情報を担当。

●2014年のお仕事リスト http://hk-tokidoki.com/2014%E5%B9%B4work/

●インスタグラム miyakokai

●ツイッター @MiyakoKai

 

 旅行のコラム

 グルメ・レストランのコラム