中南米旅行、治安が悪い場所の歩き方。スリ・盗難・事件に合わないための防犯対策6つ

執筆者: りーな 職業:グアテマラガイド・旅人
中南米を旅行する際の注意点

中南米は魅力的な旅行先ですが、治安が悪いことでも有名です。

 

今回は、治安が悪い所を旅行する際の注意点をご紹介します。

到着する時間は、明るい時間がベター

日本から中南米への直行便はなく、飛行機の選択肢は多くありません。

しかし、もし選べるのであれば、できるだけ日中に到着する便を選びましょう。

 

中南米の中には、まだ空港からの移動手段がタクシーしかない場所もあります。

そのような所で、深夜にタクシーに乗るのは危険なので避けましょう。

スマートフォンを安易に出さない

中南米でもスマートフォンは普及していて珍しい物ではありませんが、スマートフォンを持っていると強盗に狙われる危険性が高まります。

 

スマートフォンを差し出し、それで済めば良いですが、最悪の場合、危害を加えられる危険性があります。

スマートフォンの取り扱い時には十分注意しましょう。

 

 

大きな財布を持たない

日本では大き目な長財布を利用している女性が多いですが、旅行に行く際は小さ目の財布に変えましょう。

大きい財布は、それだけで目立ってしまいます。

 

また、日本と違い紙幣が汚い国も多く、お気に入りの財布を汚さない為にも、長財布は日本に置いてくることをお勧めします。

ウォレットチェーンはしない

財布にチェーンを付けて、バッグや洋服と固定しておけば、一見安全そうですが、逆に言えば「ここに財布があります」と示しているようなものです。

 

財布は目立たせないことが一番です。

クレジットカードは信用のおける所で

スキミングなどの被害も心配ですが、よくあるのが二重請求です。

「うまくいかなかったから、もう一回カードを読み込むよ」と言われ、何度もカードを切られてしまうことが多々あります。

 

これは悪意があってやっているわけではないようにも思いますが、後々のトラブルを避けるためにも、少額の際はできるだけ現金決済が良いでしょう。

バッグは必ず閉める

日本では、ファスナーの無いバッグを持っていても全く危険はないですが、中南米を旅行する際は、ファスナーのたくさん付いているバッグを利用し、閉められる所は全て閉めるようにしましょう。

 

また、買い物した後はお店を出る前に財布をしまい、バッグも閉めましょう。

おわりに

マチュ・ピチュの歴史保護区、マヤ遺跡、イグアスの滝など、中南米地域には魅力あふれる観光地が多くあります。

旅を楽しむためにも、安全管理はしっかりと行いましょう。

 
 コラムニスト情報
りーな
性別:女性  |   現在地:グアテマラ  |   職業:グアテマラガイド・旅人

これまでヨーロッパ、中南米、カリブ海を中心に30か国以上を旅行。
留学、バックパッカー、鉄道旅、世界遺産めぐりなどを経験。
旅行の豆知識をお伝えします。

 

 旅行のコラム