韓国スイーツ「ピンス(かき氷)」5選!ソウルの人気パッピンス店を紹介 - Latte

  韓国スイーツ「ピンス(かき氷)」5選!ソウルの人気パッピンス店を紹介

韓国スイーツ「ピンス(かき氷)」が美味しすぎる!ソウル旅行で食べたい人気ピンス店おすすめ5つを紹介します。暑い夏はあんこ入りかき氷で涼みましょう。

執筆者: 田口 知枝 田口 知枝 職業:旅行業界勤務
韓国旅行で定番の、夏のデザート「ピンス(かき氷)」

韓国の夏を代表するデザートと言えば「ピンス(かき氷)」です。

 

夏になると、各カフェではピンスメニューが出されます。

少し前までは「ピンス」といえば小豆の乗ったものが主流でしたが、最近ではマンゴーやメロンなどのフルーツを使ったピンスや、キャラメルソースのかかったものなど、少しかわったピンスも豊富です。

 

今回は、あんこの乗った定番ピンス「パッピンス」を中心に、ソウルの最新ピンスをご紹介します。

 

 

ソウル3大ピンスのお店「オクルモン」
大釜伝統パッピンス

100%純国内産の小豆を使用して作ったあんこが自慢の、パッピンス&パッチュク(小豆粥)専門店「オクルモン新村本店」です。
このお店の代表ピンスは「カマソッチョントンパッピンスン」です。

 

 

味の特徴は…

雪のように細かな氷自体に、ミルク味が付いています。

お店自慢のあんこは甘さ控えめですが、ずっしりとした深い味を感じることが出来ます。

 

あんこの上に乗っている白くて丸いものは、トクッ(韓国風お餅)です。

 

 

氷の中にもあんこがたっぷりと入っていて、一人でも食べられるサイズです。

 

 

狎鴎亭で人気のピンスのお店「ソジョクドゥ」

「ソジョクドゥ」で味わえる、江原道で育った小豆を毎日煮込んで作るあんこは、甘さ控えめで絶品です。

 

左:ソジョクドゥパッピンス/右:ノクチャピンス


サイズは大と小がありますが、写真はどちらも小さいサイズで、1人でも食べきれるサイズです。

 

 

グリーンティーアイスも味が濃厚で、渋いながらも甘くて美味しいです。

 

 

このお店ではパッピンスの他に、夏でもパッチュク(小豆粥)があります。

小腹が空いた時は、パッチュクも是非食べてみて下さい。

 

ピンスの種類が豊富「オクビンソル」
ミルクパッオクビンソル

「オクビンソル」は、韓国のデザート文化を世界に広く伝えるというコンセプトのお店です。
「ミルクパッオクビンソル」は、あんことアーモンドがたっぷりと乗っていて、氷にきなこがかかっています。

 

 

氷は濃厚なミルク味です。氷の中にも更にあんこが入っています。

 

 

従来の伝統的なパッピンスの他に、マンゴーやパイナップルなどフルーツをふんだんに使ったピンスもあります。

 

コリアンデザートカフェ「カオンキル」
ロイヤルハニーピンス

このカフェでは、ナツメや栗、緑豆など、一見デザートにはあまり使用しない様な材料で作るラテや、スムージーなど独特なメニューが数多くあります。

ピンスも全部で7種類ありますが、その中でも一番シンプルながらも人気な物が「ロイヤルハニーピンス」です。

 

 

ハチミチの大きなかけらが氷の上に乗っています。ミルク氷とはちみつの甘さがマッチしていて、とても美味しいです。


他のピンスと違ってあんこがないように見えますが、氷の中に入っています。

 

 

この他に、韓国の伝統茶であるスジョングァ(水正菓)を使用したピンスもお勧めです。

 

台湾発のバブルティーのお店「貢茶(ゴンチャ)」
タロピンス

台湾の高雄発の、台湾バブルティーのお店です。

2012年4月にソウル(弘大)に1号店が出来、現在では韓国全国に約235店舗を展開中の大人気店です。

 

タピオカの入ったバブルティーは勿論の事、夏の特別メニューとしてスムージーやピンスメニューもあります。
ピンスは全部で3種類あり、その中でも他のカフェでは見ることの出来ない「タロ」を使ったピンスはとても珍しいです。

 

 

他のカフェで見るピンスとは見た目も少し違います。タロの薄い紫色をしている氷と一緒に、ココナッツ味のプリン、タピオカ、クランベリーがトッピングしてあります。

 

 

氷はパイ生地のように薄く削ってあり、口の中に入れると一瞬で溶けてタロの甘さが口の中に広がります。
トッピングのタピオカと一緒に食べると、バブルティーとは違った食感が味わえます。

 

プリンと一緒に食べると、甘さは倍増と色々な味を楽しむ事が出来ます。

店舗によってピンスメニューを取り扱っていない店舗があります。

 

韓国スイーツ「パッピンス」は美味しい夏のデザートですね!

種類も豊富で、食べ応えたっぷりなコリアンデザート「パッピンス」。

カフェごとに趣向を凝らしたオリジナルピンスが沢山あるので、何度でも食べたくなります。

 

この夏、韓国でお気に入りのピンスを見つけてみて下さいね。

 
 

 旅行のコラム

 関連エリア

LATTE TRAVELに関しての機能要望・ご意見はこちらからどうぞ