初めてのハワイ旅行で気をつけたい!チップの相場と渡し方 - Latte

  初めてのハワイ旅行で気をつけたい!チップの相場と渡し方

執筆者: MAI MAI 職業:観光業@ハワイ

初めてのハワイ旅行の際に気になることといえば、日本にはないチップ習慣ですよね。

今回はホテルやレストラン、タクシーなどで支払うチップの相場とスマートな渡し方についてご紹介します。

 

なぜチップを払うの?

 

ハワイをはじめ、チップを渡す習慣のある地域では、サービス業の賃金が元々低く設定されているため、チップが大切な収入になってきます。接客態度が悪くても基本的にはチップを渡す必要があります。相当なトラブルなどがなかった場合は、基本チップを払いましょう!

 

チップが要らない場合

ファーストフードやサービス料に予め含まれている場合はチップを渡す必要はありません。

 

チップの渡し方
1ドル札を用意しよう

基本的にチップはお札で渡します。

両替する際に、1ドル札を多めに貰っておくと便利です♪

 

ポケットに入れておこう

ポケットからさりげなく出して、渡してみましょう!

目の前でお財布から出すよりもスマートに見えます♪

1ドル札をチップ専用のマネークリップに挟んでおくのもいいかもしれないですね。

 

チップの相場
ホテル

 

ルームキーパー(部屋を掃除してくれる人):1〜2ドル 

ボーイ(案内してくれる人):1〜2ドル
ポーター(荷物を運んでくれる人): 荷物1個につき1ドル
ドアマン(ドアを開け閉めしてくれる人):2ドル
バレーパーキング(車を出し入れしてくれる人):2ドル
ホテルスタッフ:2ドル

 

ホテルのグレードに合わせて、チップを調整してみてくださいね!

 

レストラン

レストランでは、合計金額の約15%をチップとして料金に合算して払います。

高級レストランでは、約20%が相場です。

 

バーでは、飲み物を運んできてくれたウェイターさんに、一杯ごとに1ドルが相場です。

 

 

カードで支払いする場合には、レシートにチップの記入欄に額を書いてカードと一緒に渡してくださいね。チップの記入欄がない場合は、チップが予め含まれている場合もあります。

確認してから払うようにしてくださいね!

 

タクシー

 

タクシー料金の10~15%が相場です。

荷物の積み下ろしなどをしてくれた場合には、1ドルを渡しましょう!

 

おわりに

チップの値段は決められているわけではありません。

相場を頭に入れておきながら、あまり難しく考えずに笑顔で渡して、ハワイ旅行を楽しんでくださいね!

 
 
LATTE TRAVELに関しての機能要望・ご意見はこちらからどうぞ