初めてのハワイ旅行で注意したいハワイの法律!ハワイで犯罪になる日本人の行動とは - Latte

  初めてのハワイ旅行で注意したいハワイの法律!ハワイで犯罪になる日本人の行動とは

執筆者: MAI MAI 職業:観光業@ハワイ

今回は、ハワイで注意したい飲酒や喫煙、そしてビーチやショッピングでの法律についてご紹介します。

特に初めてハワイ旅行へ行かれる方は、普段の行動が犯罪になってしまうこともあるので気をつけてください!

観光客で「知らなかった」と言っても、容赦なく罰金が課せられるので、注意してくだいね!

 

 

アルコールに関する法律
アルコールが飲める年齢

ハワイではお酒を飲めるのは「21歳以上」と法律で定められており、

つまり、20歳で日本でお酒を飲めたとしてもハワイでは飲めません。もちろん購入することもできないので、注意しましょう。

 

なおアルコール購入の際は、パスポートの提示を求められるので、準備しておくと良いでしょう。

 

0時以降にお酒は買えない

ハワイでは0時以降にお酒を購入することができません。売ってくれないので、観光客が犯罪を引き起こしてしまう心配はないですが、ホテルの部屋でお酒を飲みたい方はそれまでに購入しておきましょう!

 

喫煙に関する法律
ビーチは禁煙!

ハワイでは公共の施設では、全て禁煙となっています。ビーチに始まり、空港、公園、スタジアム、テニスコート、プールなど全て禁煙です。禁煙場所でタバコを吸った場合は$100の罰金で、最大で$500にもなります。

 

ただし、空港などの喫煙所が設置してあるところでのタバコの喫煙はOKです。

 

ホテルやレストランも気をつけよう!

ハワイのホテルでは、全館禁煙であるケースが多く、屋外であってもホテルの敷地内は全て禁煙とされていることも珍しくありません。ホテルによっては、「喫煙ルーム」なども設けているホテルもあるので、チェックインの際に確認してみると良いでしょう。

 

また、レストランやバーなども基本的に屋内は禁煙です。お店の外に喫煙所が設けられているケースがあるので、喫煙は屋外で行うようにしましょう。

 

タバコを吸える年齢

ハワイでタバコを吸える年齢はアルコールが飲める年齢と同様、21歳からとされています。

ビーチで気をつけたい法律
ウミガメに近づかない!

ハワイの条例でウミガメの2メートル以内に近づく事は禁止されています。

近付き過ぎたり、触った場合は最大で500ドルの罰金を取られることがあります。


もちろん、水中でもカメに近づいていく事は出来ません。水中でカメから近寄ってきた場合は除きますが、指など差し出して、噛み付かれれば食い千切られる可能性もあるので要注意です。

 

 

観光・お買い物中に気をつけたい法律
横断歩道と信号は絶対に守る!

横断歩道ではない車道を突っ切って横断することを「Jウォーク」と言います。

 

急いでいる時や車がいない時に、ついついやってしまいがちなこの「Jウォーク」ですが、これを行った場合$130の罰金が果たされる法律があります。

 

ハワイ旅行中は絶対に横断歩道と信号は守るようにしてくだい!

 

家族旅行で気をつけたい法律
子供を置き去りにしない!

ハワイでは、12歳以下の子供を、保護者(13歳以上)なしで一人でいさせることは、子供を危険に晒す虐待を犯したと見なされ、犯罪となってしまいます。

 

日本人がやりがちな下記のような項目も違反となってしまいますので要注意です。 

 

・車の中に子供を残して用事を済ませる

・ホテルの部屋に子供を残して、買い物に出かける

・外出時、子供だけをトイレに行かせる
・子供だけで買い物(おつかい)に行かせる

 

おわりに

ハワイ旅行で注意したい、ハワイの法律についてご紹介しました。

海外旅行中は気分も開放的になりがちですが、現地のマナー・法律を守って楽しい旅行にしてくだいね!

 
 

 旅行のコラム

LATTE TRAVELに関しての機能要望・ご意見はこちらからどうぞ