タイ・バンコクから日帰りOK!おすすめビーチ&海リゾートスポット5選 - Latte

  タイ・バンコクから日帰りOK!おすすめビーチ&海リゾートスポット5選

タイ旅行でおすすめの、バンコクから日帰りで行けるビーチリゾート情報。泳ぐ・マリンアクティビティなど、観光客も楽しめる治安のよい人気ビーチをご紹介します。

執筆者: taeco taeco 職業:タイ・バンコクアドバイザー
バンコクから気軽に行けるビーチリゾート

月別平均の最低気温は20度以上、最高気温は30度以上と、年間を通じて気温の高いタイ・バンコク。

 

2016年1月下旬、最高気温が20度に満たない日が続き、「50年ぶりの寒さ」や「タイに大寒波到来」等と騒がれましたが、涼しいとされる12月や1月にビーチへ行くというのも、タイでは不思議なことではありません。

 

今回は、タイ・バンコクから陸路で行ける、タイ中央部にある、ビーチリゾートをご紹介したいと思います。

 

 

米軍の保養地として脚光を浴びた「パタヤ」

まず、ご紹介したいのが、かつて、米軍たちの保養地として脚光を浴びたパタヤです。

 

乱開発などの影響で、歓楽街の肥大化や海の汚染が進むなど、マイナスイメージもあるかもしれませんが、ホテルのプールを楽しんだり、周辺エリアでのアクティビティを楽しむ人は沢山います。

 

 

海を楽しみたいなら「パタヤビーチ」以外に

海を楽しみたい方には、パタヤビーチではなく、官民一体で推進された再開発運動の中心エリアとなった「ジョムティエンビーチ」がおすすめ。

 

また、パタヤから定期船のフェリーでアクセスできる「ラン島」のビーチもお勧めです。

 

 

パタヤから定期船で渡れる「ラン島」は、ビーチがいっぱい!

 

ラン島には、パタヤから定期船で30分~1時間程。

 

「Tawaen beach(ターウエンビーチ)」、「Tonglang beach(トンランビーチ)」、「Samae beach(セームビーチ)」、「Tien beach(ティエンビーチ)」、「Naule beach(ナウルビーチ)」等のビーチがあります。

 

ターウエンビーチが、最も賑やかですが、静けさを求めるなら、別のビーチがお勧めです。

 

 

ラン島に渡る「スピードボート」には、要注意!

ラン島へ渡るには、定期船以外に、スピードボートに乗る方法もあります。

 

ただ、スピードボートについては、強姦や強盗等の事件、激しい船酔い等の良くない話を耳にすることもありますので、心配な方は定期船に乗ったほうが安心でしょう。

値段も、片道約30バーツでリーズナブルです。

 

とはいえ、定期船も過去に転覆したことがありますので、備え付けの救命胴衣は着用するようにしましょう。

 

バンコクから日帰り可能な気軽さが魅力

バンコクからラン島への船乗り場のあるパタヤポートまで、早朝、道が空いていれば、タクシーで約1時間で到着できる近さが嬉しいですね。

 

日帰りで海水浴を楽しむことも可能な、バンコクから最も気軽にアクセスできるビーチとして、リピーター続出です。

 

 

王室リゾートとして開拓された避暑地「ホアヒン」&「チャアム」

タイには雨季と乾季がありますが、「ホアヒン(フアヒン)」と「チャアム」は、1年を通して比較的天候の安定している地域です。

王室のリゾートとして開拓された避暑地でもあります。

 

「バンコクから車で片道約3時間」と紹介されることが多いですね。

 

 

モータースポーツが禁止されているので、静かにビーチを楽しめる

砂浜の白さはあまりありませんが、モーターを使うスポーツが禁止されているので、静かな雰囲気からリピーターも少なくありません。

 

海辺で乗馬も可能!

なお、海辺では、乗馬や貝殻集め等を楽しむことも出来ます。

 

 

ホテルは、プール付きがおすすめ

波等の影響で、遊泳が禁止される場合もありますので、海で泳ぎたい人は、プールも楽しめるホテルを予約しておくと良いでしょう。

 

ホアヒンには、美味しいシーフードを取り扱うレストランやワイナリー、ナイトマーケットもあります。

充実したリゾートライフを満喫したい人にピッタリのリゾート地と言えるでしょう。

 

 

昔ながらのビーチが残る「ラヨーン」

農林水産業が盛んといわれる、ラヨーン。

 

地元の人で賑わう、メーランブーン・ビーチ等など、昔ながらのビーチが残っています。

 

 

洋服を着た状態で海に入る地元の人の姿等、素朴な風景が見られるでしょう。

 

 

白い砂浜がまぶしい「サメット島」

また、ラヨーンには、タイでは有名なリゾート地「サメット島」もあります。

サメット島へは、対岸のバンペー(Ban Phe)から、船で渡ることが出来ます。

 

 

サメット島のサイケーオ・ビーチは、「ダイアモンドビーチ」とも呼ばれ、噂通りの白い砂浜が見られます。

ビーチ近くのレストランの料理も飲み物も大変美味しく、今回ご紹介した中では一番遠く感じるものの、お勧めです。

 

おわりに

今回は、陸路で行けるタイのビーチをご紹介しました。

タイ・バンコク旅行・生活の際、陸路でいけるビーチにも足を運んでみるのはいかがでしょうか。

 
 
LATTE TRAVELに関しての機能要望・ご意見はこちらからどうぞ