クレーマーやストーカー、マナー違反者。来てほしくない嫌な客を、元アパレル店員が本音で語る!スタッフを困らせる態度や行動、していませんか?

店員から嫌われるイヤな客になっていませんか?

私たちが服を買うときお世話になる、アパレルショップ。

お気に入りのお店があれば、定期的に足を運ぶ方もいるかと思います。


ですが、何度も足を運んでいる内に「嫌なお客さま」になっていませんか?

アパレル店員にとっては、どんなお客さんでも大歓迎ではなく、なるべく避けたい、お店には来て欲しくないお客さまもいます。

 

 

どのお店でも、利用する際はマナーが大切です。

では、どんなお客さんがNGなのでしょうか?

実例から「こんなお客さんは嫌だ」というパターンをご紹介します。

無断で試着する。

多くの店員が嫌だと感じるのが、無断で試着するお客さんです。

店員が近くにいないならまだしも、目も合わせずに試着室を利用するパターンはNGとされます。

試着したまま店を出ていく万引きが多く、疑われてしまう場合もあります。

また、試着室を散らかしたまま帰ってしまうと、それを片づける店員は思わずゲンナリしてしまいます。

飲み食いしながら服を見る。

これだけは絶対に止めましょう。

商品である服を汚してしまうおそれがあります。

 

店員に注意されることもありますが、本当に勘弁して欲しい嫌な客です。

 

他のお客様の迷惑にも。

万が一売り物の服を汚してしまうと、買取を要求されたり、賠償請求される可能性もあります。

もし混雑時に他のお客さんとぶつかり、服を汚してしまったら…。

 

食べ歩きながら店内を回るのは、お店はもちろん、他のお客さんにとっても"非常に"迷惑な行為です。

散らかすだけ…。

あれでもない、これでもない…。

欲しい服はあるんだけど、中々決まらず迷ってしまうこともありますよね。

 

ですが、気付いたら棚がグチャグチャになっていませんか?

畳む店員は、結構大変です。

 

店員さんを呼んで!

もし欲しい服があるなら、あえて店員に接客してもらうのが良いでしょう。

隣で店員が接客してますから、多少散らかしても大丈夫です。

 

逆に、一人で黙々散らかすだけだと嫌な顔をされるかも…。

元々接客がないお店なら、気になった商品だけ広げてみるといいかもしれません。

 

お喋りしたいだけ。

店員にとって、お店の売上が何よりも大切です。

でも、お喋りしたいだけのお客さんは、勘弁して欲しいと感じることも。

 

「服を買うわけでもなく雑談したいだけなら、他のお店に行ってくれ」と密かに思う店員も少なくありません。

 

店員さんは仕事中です。

例えば、お気に入りの店員がいるからという理由で、話をしに行こうとする方がいます。

でも、当の本人にとっては…?

筆者は、現役時代レディス担当でしたが、服を買わないお客さんに数時間捕まることも何度かありました。

プライベートな情報を聞こうとする。

気になる店員の電話番号やメールアドレスを無理矢理聞こうとしていませんか?

 

休日の過ごし方やお気に入りのお店、そして自宅の場所など、過度にプライベートな情報を聞き出そうとするお客さんは避けたいところ。

特に、男性が女性店員に対して聞くケースがよくあります。

ですが、仕事は仕事、プライベートはプライベート。

嫌だと感じる店員は、意外と多いものです。

行動がエスカレートすると、ストーカー容疑で事情聴取などという可能性も全くないとは言えません。

 

 

保険などの営業もノーサンキュー

また、保険の勧誘などの営業も止めてほしいもの。

何故わざわざショップ店員を勧誘するんでしょう。

 

お店によっては、二度と来てほしくないお客さんですね。

この記事を書いたコラムニスト

関連コラム