筋トレと有酸素運動、ダイエットに効果的なのはどっち?「EPOC(運動後過剰酸素消費量)」で運動後の代謝を活発にして、脂肪燃焼をアップさせましょう。

ダイエット時、効率よく脂肪を燃焼させたい!

こんにちは、パーソナルトレーナーの和泉大樹です。


運動による脂肪燃焼は、運動中だけに起こるわけでもありません。
脂肪が分解したり燃焼したりするのは、運動後しばらく続きます。

 

 

運動後に脂肪燃焼が活発になる「EPOC」効果を利用しよう
運動後しばらくの間、安静時代謝が高い状態が続き、脂肪の代謝も活発になります。
これを「EPOC(運動後過剰酸素消費量)」と言います。

 

脂肪は運動中にも燃焼しますが、運動でカロリーを消費するのはかなり大変です。
カロリー消費を効率よく行うには、運動で消費するよりも代謝を促進してあげることです。

 

では、運動後の代謝を活発にする、つまりEPOC効果を得るための方法を確認しましょう。

 

筋トレと有酸素運動、EPOC効果が得られるのはどっち?
筋トレも有酸素運動も効果はあるけれど…

運動は大きく分ければ、筋力トレーニングのような「高強度」の運動と、有酸素運動のような「低強度」の運動に分けられます。

 

運動後の代謝を活発にするには、どちらタイプの運動でも効果はありますが、より活発になるのは高強度の運動です。

筋力トレーニングのような高強度の運動後は、数時間も代謝が促進された状態が続きます。

 

EPOCがより活発になり脂肪燃焼に効果的なのは「高強度」の運動

高強度の運動は、低強度の運動よりも遥かにEPOCが高くなります。

EPOCが高い状態は、脂肪燃焼も促進されますので、高強度の運動はダイエットにとても効果的と考えられます。


高強度の運動は、運動後の代謝促進(EPOC)の向上、そして筋肉量を増やして代謝の向上により、脂肪が効果的に燃焼されます。

さらに効果的に脂肪燃焼させるには
小分けにして行うこと

EPOCの向上をさらに効果的にする方法は、小分けにして行うことです。

連続で運動をするよりも、運動を小分けに行った方がEPOCの効果は高くなります。

 

連続で行うよりも楽なのも嬉しい!

また、小分けにした方が連続で行うよりも楽に運動ができます。

小分けにすれば、あまり辛い思いをしないで、より効果的に脂肪燃焼が見込めます。

筋トレと有酸素運動、どちらもダイエットに効果的ですが

代謝促進という意味でダイエットに効果的なのは、有酸素運動のような低強度の運動ではなく、筋力トレーニングのような高強度の運動です。

有酸素運動ではなく高強度の運動を取り入れ、効果的に代謝を促進していくのも戦略のひとつです。

このコラムに関するタグ

この記事を書いたコラムニスト

美容 / 病院・クリニック
LATTE BEAUTYに関しての機能要望・ご意見はこちらからどうぞ