[国内ピアノコンクール情報] クラシックコンサート初心者にもおすすめしたい3会場 - Latte

  [国内ピアノコンクール情報] クラシックコンサート初心者にもおすすめしたい3会場

ピアノコンクールを聴きに行きたい方のために、国内のコンクールを紹介。クラシック音楽が好きな方も、直木賞作家・恩田陸さんの「蜜蜂と遠雷」を読んでコンクールに興味を持った方も、足を運んでみては?

執筆者: 小川 瞳 小川 瞳 職業:ピアニスト
ピアノコンクールを聴きに行ってみたい!

こんにちは。ピアニストの小川瞳です。


今までコンサートやCD・DVDには親しんできたクラシック音楽愛好者が、最近では、ピアノコンクールを題材にした小説、直木賞受賞作「蜜蜂と遠雷」(恩田陸著)の影響で、コンクールという場にも興味を持っているそうです。

 

コンクールはコンサートと違ってあまり宣伝をしていませんし、よほどの愛好者ではないと聴きに行きにくいイメージがあるかもしれません。


ですが、多くのコンクールは公開審査ですし、聴衆からの投票によって決まる聴衆賞・観客賞などの企画もありますので、気になった人は会場に足を運んでみてくださいね。

 

 

浜松国際ピアノコンクール(静岡県浜松市)

まずは「浜松国際ピアノコンクール」、通称「浜コン」です。


恩田陸氏も「蜜蜂と遠雷」を執筆するにあたって取材に通ったそうですが、日本で行われる国際コンクールの代表的な存在です。
静岡県浜松市はYAMAHAのピアノ工場もあり、楽器の街として知られているので、浜松で開催されているのでしょう。

 

現在日本を代表するピアニストである上原彩子氏や、後にショパン国際コンクールで優勝したブレハッチなどを輩出しているコンクールです。
開催は3年ごとで、コンクールのダイジェストCDも発売されます。

 

浜松まで見に行けない場合は、ライブストリーミングもされるので、チェックしてみてくださいね。

 

  • 松国際ピアノコンクール 公式ウェブサイト http://www.hipic.jp/

 

仙台国際音楽コンクール(宮城県仙台市)

「仙台国際音楽コンクール」は、課題曲のメインが協奏曲になっているという点が珍しいコンクールです。

 

新人ピアニストにとってオーケストラと共演できる機会は貴重であるため、仙台国際音楽コンクールに参加することによって、大きな成長を遂げることができます。

 

ピアノ部門とヴァイオリン部門がありますが、ボランティアスタッフが約300名もいるので、出演者も観客も安心して参加することができます。


参加資格は27歳以下。

宮城県仙台市で3年ごとに開催され、コンクール期間中にはライブストリーミングが行われます。
YouTubeで公式に公開されている出場者インタビューも充実しています。

  • 仙台国際音楽コンクール 公式ウェブサイト http://www.simc.jp/

 

高松国際ピアノコンクール(香川県高松市)

香川県高松市では「高松国際ピアノコンクール」が開催されます。
香川県は、音楽教育のさかんな街として知られているため、四国での国際ピアノコンクール開催が成功しているのです。

参加資格が15歳から35歳で、4年ごとに開催されます。
一流ピアニストが審査員をしていて、その審査員によるコンサートも企画されています。
YouTubeでコンクールの様子を見ることもできます。

  • 高松国際ピアノコンクール 公式ウェブサイト http://www.tipc.jp/

 

コンサートとは違った魅力がある「コンクール」で感性を高める

コンクール開催に合わせて街全体が盛り上がることも多く、また、コンサートとは違った緊迫感に溢れているため、コンクールを観る魅力はたくさんあると思います。

 

それに、コンクール出場時から応援しているピアニストが、後に大ピアニストに成長を遂げたりすると、ますます嬉しくなるものです。
気になった人は、ぜひコンクール情報をチェックしてみてくださいね。

 
 

 関連エリア

 国内旅行のコラムランキング

LATTE TRAVELに関しての機能要望・ご意見はこちらからどうぞ