ドローインとは?全集中の呼吸、ぽっこりお腹に効果バツグン!

執筆者: Latte

 

最近「ドローイン」という言葉が、目につく機会が多くありませんか?

 

しかし、「聞いたことはあるけど何のことかよくわからない」という方もいるでしょう。

 

そこで本記事では、そのような方に向けて「ドローインとは何か?」から「ドローインのやり方」まで、徹底解説していきます。

 

ぜひ、最後まで目を通してくださいね!

 

ドローインとは?

 

まず「ドローイン」とは何かと言うと、呼吸でお腹を膨らませたりへこませたりしながら、インナーマッスルを鍛える体幹トレーニングのひとつ。

ドローインを行い、インナーマッスルを鍛えることで、すっきりとしたボディーラインが目指せます!

 

トレーニングと聞くと、きついイメージがあると思いますが、ドローインは呼吸だけでできるので、誰でも簡単に取り組むことができます!


手軽のスタートできるのが、ドローインの魅力のひとつなんです♡

 

興味がある人は、ぜひ今日からチャレンジしてみましょう!

 

 

ドローインと腹筋運動(筋トレ)の効果の違いって何?

 

ドローインとは、”体幹トレーニングのひとつ”とお伝えしましたが、

 

「筋トレとは一体何が違うの?」

 

そう思いませんでしたか?

 

ドローインと腹筋運動(筋トレ)の違いは、アプローチする筋肉です。

 

  • ドローインはインナーマッスル(深層筋)
  • 腹筋運動はアウターマッスル(表層筋)

 

と、それぞれ鍛える筋肉が異なるんです。

スッキリとしたボディラインを目指したい方は、腹筋運動のようなアウターマッスルへのアプローチよりも、ドローインのようなインナーマッスルへのアプローチが効果的と言われています。

 

ドローインのメリット(効果)

ドローインとは何か、何となんとなく見えてきましたか?

 

ドローインを行うことで、スッキリとしたボディーラインを目指すことができるとお伝えしましたが、実は、ドローインを行うメリットはそれだけではないんです。

 

その他のメリットも、チェックしていきましょう!

 

メリット①:いつでもどこでもできる

ドローインは呼吸だけでできるトレーニングのため、時間や場所を選びません

 

眠たい会議も「全集中、ドローインの呼吸!」で、インナーマッスルを鍛えながら、乗り切ることができるかもしれませんね!

 

 

メリット②:お金の負担がゼロ

先ほどもお伝えしたとおり、ドローインは呼吸だけでできるトレーニングなので、特別な器具は必要ありません。

 

お金の負担はゼロなので、気軽に始めやすいでしょう!

 

いつでもどこでもできて、さらにお金もかからないなんてやるしかないですよね♪

 

 

メリット③:姿勢が良くなる

ドローインを行うことでインナーマッスルが鍛えられ、腹筋の圧力が高まります。

 

この腹圧が高まると、背骨にかかる負担が少なくなり、背骨のS字カーブが正しく作られるようになります。

体の軸をしっかりと支えられるようになるので、姿勢が良くなると言われています。

 

 

メリット④:腰痛の予防になる

ドローインはコルセット筋と呼ばれる腹横筋を鍛えることができます。

 

腰痛のとき、コルセットを巻くと少し痛みが楽になりますよね。

つまり、腰痛の方の多くは、腹横筋が弱くなっているのです。

 

ドローインで腹横筋を強化することで、天然のコルセットを手に入れることができます。

 

メリット⑤:基礎代謝が上がる

ドローインを行うことで、筋肉が鍛えられるので、基礎代謝UPが見込めます。

 

基礎代謝が上がると、1日の消費カロリーが増えるため、太りにくい身体づくりをすることができるでしょう。

年齢を重ねると、どうしても代謝が落ちてくるため、スキマ時間でできるドローインで基礎代謝を上げておいて損はないはずです。

 

 

ドローインの効果的なやり方

ドローインのメリットを知ると、今日からチャレンジしてみようという気持ちになりますよね!

 

それでは早速、ドローインの効果的なやり方について解説していきます。

 

まずは、呼吸法のコツを掴みやすい仰向けの状態になり、以下のように膝を立ててリラックスします。

 

 

お腹の膨らみやへこみを意識するために、お腹に手を当ててから、次の①~④を行います。

①軽く口から息を吐く。
②ゆっくり鼻から息を吸い、お腹を限界まで膨らませる。
③膨らませきったら口からゆっくりと息を吐き、お腹をへこませる。
④お腹がへこんだ状態をキープしたまま、浅く呼吸を行う(10秒~30秒)

※②~④を無理のない範囲で繰り返します(1日5分程度でも十分な効果を得られます!)
※②~③は腹式呼吸、④は胸式呼吸になります

 

これが効果的なドローインのやり方です。

 

今回は仰向けの状態で行いましたが、正しい姿勢(頭からお尻まで背中に一本線を通すイメージ)さえキープできれば、座った状態や立った状態で、行っても良いでしょう。

 

ドローインを行う上での注意点

ドローインの効果的な方法をお伝えしましたが、やり方を間違えると、かえって逆効果になるケースも。

 

ドローインの効果を最大限に得るためにも、これからお伝えする「注意点」には、気を付けて行ってくださいね!

 

①呼吸を止めない

ドローインを行う際は、呼吸を止めないように気を付けましょう。

 

ドローインは、腹式呼吸でお腹をへこませた後、その状態のまま、胸式呼吸に切り替えることが大事になります。

 

初心者でどうしても呼吸を止めてしまうとういう方は、感覚が掴めるようになるまで、腹式呼吸でお腹をへこませる練習をすると良いでしょう。

 

②食事の直後に行わない

ドローインは、いつでもどこでも可能と言いましたが、腹筋を動かすので、食事の直後はさけたほうがよいと言われています。


また、満腹の状態では腹筋を動かしずらい上に、消化にもよくありません。

 

③最初から長時間行わない

燃え尽き症候群にかかり、3日坊主で終わってしまうリスクもあるため、初心者が初日から長時間ドローインを行うのは避けたほうがよいでしょう。

 

モチベーションが高いのは非常に良いことですが、少し物足りない気持ちを残したまま、翌日に持ち越すことが継続のコツになります。

 

 

まとめ:効果的なドローインとは

 

いかがだったでしょうか。

 

ドローインとは、呼吸で行うインナーマッスルを鍛える体幹トレーニングです。

 

いつでもどこでも、行うことのできるのが魅力のひとつ。

 

ぜひあなたもドローインをマスターして、理想のボディラインを手に入れてくださいね!