人間関係を上手く整理・断捨離して幸せになろう!嫌いな人がいなくなる方法とは?!

人生をもっと良くして幸せにするための方法として、人間関係を効率的に整理して得られるものや整理すべき人物について、見ていきましょう。

執筆者: Latte

 

人生の中で、どうしても「この人とはちょっと...」など、合わない人いますよね。

 

苦手な人や嫌いな人がいることは、人間として当たり前だと思います。

 

環境によっては仕方なく付き合う必要もあるかもしれませんが、実は全く無理しなくていいんです!

 

なぜなら、人間関係の整理はのびのびとした生活を送るためにとても効率的だから。

 

そこで本記事では、どのような人間関係を整理・断捨離すべきなのか、その結果どのようなメリットが生まれるのか解説していきます。

 

ぜひ最後まで読んで、幸せな人生の送るキッカケにしてくださいね。 

 

人間関係を整理して得られる3つのメリット

 

人間関係を整理することで得られるメリットは、主に3つあります。

 

順番に解説しますね。

 

 

人間関係を整理するメリット①:時間に余裕が生まれる

人間関係を整理して、無駄な人との付き合いを減らすことで、時間に余裕が生まれます。


お誘いがあったとき、乗り気ではないのに「上司の誘いだから」、「友達の誘いだから」と諦めてはいけません。

その人物や物事が、自分にとってメリットがないのなら、ただの無駄な時間といえるでしょう。


ひょっとしたら、誘った相手も、別にあなたでなくても良いと思っている可能性もあります。


例えば、仕事関連の上司と飲みに行って、2時間ぐらい上司の趣味や家族の話など、自分にとって興味がない話を聞かされることもあるかもしれません。


その2時間、家に帰って休憩したり、何かの勉強や好きなことをしたりする方がよっぽど有意義ですよね。

誘いに乗っても、メリットがない時間と感じるなら、勇気を持って今後は断るようにしましょう!

 

断り方は何でもOK!嘘だったとしても、用事や体調を理由に断って大丈夫です。


また、何回か断れば、次第に誘われることもなくなっていくでしょう。

 

人間関係を整理するメリット②:無駄な出費が減る

人間関係を整理することで、無駄な出費が減ります。


例えば結婚式やお葬式などの冠婚葬祭、または旅先でのお土産など。

 

誰かのために支払いが必要になってしまうケースは、交友関係が広ければ広いほど、多くなるはずです。

 

もし周りで結婚式が1ヶ月に3件もあれば、それだけでだいたい10万円近く、ご祝儀を払うことになりますよね。


当然、自分が結婚式などをやれば、それだけ見返りも増えるのですが、それは一生に1回のものですし、確実というものでもありません。

 

なので、「正直あまり交流はないけど、何かの式や特別な用事の時だけ顔を会わせている」という人とはわざわざ連絡を取る必要はないでしょう。


人間関係を整理して、自分のためにお金を使った方が、有意義な時間を過ごすことができ、幸せを感じるはずです。

 

自分の電話やメールやSNSなど、連絡の履歴を確認して、半年以内で一度も連絡を取っていないような人は、利がなければ身内以外、今後も連絡を取らなくても問題ないでしょう。


連絡先を消去してしまっても良いぐらいです。

仮に相手が自分に対して連絡を取ろうと思っていても、時間が空いていなければ、適当な言い訳をついてもいいと思いますよ。

必要性を感じない人間関係は捨てて、勉強したり、趣味に費やしたりする方が、はるかに人生が豊かになります。

 

人間関係を整理するメリット③:ストレスが減る

人間関係を整理することは、ストレスの軽減につながります。


人間関係のストレスが原因で会社を辞めるとか聞きますが、ストレスはやはり人間関係が絡んでいることが多いです。

 

交友関係が多いと、時には自分と性格が合わない人と、やり取りすることも出てくるでしょう。

性格が合わない人が、仲間内やグループの中に一人でもいると、それだけでストレスになります。


人間関係が少なければ少ないほど、トラブルになることも少なくなるでしょうし、嫌な思いをすることもありません。

 

もちろん大切な相手はとことん大事にするべきですが、余計なことを考えず、自分のことだけに集中したいなら、人間関係を整理するのもひとつの手段です。

 

ストレスが軽減されるだけでも、体も心も楽になり、健康的に楽しく過ごすことができるでしょう。

 

 

あなたには合わない?整理すべき人のタイプ7選

 

「よし自分も人間関係を整理しよう」と思った人も、多いのではないでしょうか。

 

しかし、どのようなタイプの人との関係を整理すればいいのか、迷いますよね。

 

「こういう人とは関係を切った方がいい」という7つのタイプをご紹介していきますので、これらを参考に人間関係を整理してみてください!

 

タイプ1:対等に付き合えない人

当たり前のように無理を言い、振り回す自分勝手な人のことです。

自分の要望は押し通すのに、相手の要望には一切応えようとせず、約束を守らなくても平気で、あなたに何をしてもいいと見下しているといった感じです。

そのような人と関わっているだけで、あなたばかりが尽くし続けている、アンバランスな関係になるでしょう。

恋愛でも多く見られるパターンで、惚れた弱みで都合よく扱われてしまい対等な関係を築けないなんてよくあることです。

支配されているように感じたり、自分が大切に扱われていないと感じたりする関係は、決してあなたを幸せにしません。

 

タイプ2:表裏がある人

一緒にいる時は人当たりが良くて、にこやかに会話をしていたのに、自分がいない所で悪口を言うなど、表裏がある人はいます。

 

裏であなたの陰口を言う人間は信頼できませんし、他人の陰口を言ってくる人も同じく信用できません。

そのような人との関係は終わりにしましょう。


付き合いを続けても、心の中にモヤモヤと不快な気分を抱え続けることになります。

表裏がある人は、あなたのメンタルを削る負の資産でしかなく、付き合う価値はありません。

 

 

タイプ3:距離感が合わない人

LINEやSNSのメッセージなどを頻繁に送ってきて、返事がないと「なんで返事くれないの?」など、催促や問い詰める人とは、人間関係を整理していいでしょう。

・メッセージに返事をしていないうちに、また送ってくる。
・深夜でもお構いなしに連絡してくる。
・遊びや食事に誘ってくるけど、頻繁すぎる。

こういう人は自分のことしか考えていませんし、依存心が強い「かまってちゃん」ですね。

 

そんな「かまってちゃん」は自分に合わせることを強要し、束縛する傾向もあります。

 

相手が望む距離感なんて考えられない人ですので、こんな人との関係を続けていても、あなたが消耗するだけです。

 

タイプ4:エネルギーを奪う人

一緒に過ごしていて、「疲れる」「嫌だな」と感じる人は、あなたのエネルギーを奪っている証拠です。

 

気づきにくいかもしれませんが、下記のような人には要注意です。

 

・批判ばかりで何事も否定的な人
・日頃から文句ばかり言っている人
・怒りっぽくすぐに機嫌が悪くなる人
・どこに怒りの地雷が埋まっているかわからない人
・不機嫌な時は人に八つ当たりする人
・嫌味ったらしくて皮肉屋な人

こんな負のエネルギーに満ちたエネルギーヴァンパイアと一緒にいると、心が消耗し前向きなエネルギーが奪われていきます。

こんな人の性格が変わることは期待できませんので、あなたはエネルギーを奪われる一方。

負のエネルギーを受け続けると心が荒んでしまい、エネルギーが枯渇し、あなたも同じようなことをしてしまうかも。

 

そのようなエネルギーヴァンパイアとは、距離を置くのが一番の特効薬です。

 

タイプ5:自分をいじめた人

スクールカーストができやすい小学校から高校の間に、いじめを経験した人も、中にはいるのではないでしょうか。

社会人になってから同窓会に参加すると、いじめた相手が過去に何もなかったかのように普通に話しかけてきたり、いじめた相手が近所に引っ越してきたり、同じサークルに入ってきたりして、挨拶がてら旧交を温めようとするようなこともあると思います。

不快な記憶を呼び起こし、反すうしてしまうだけの関係は、今すぐ大ナタで切り落としてOKです。


人をどれだけ傷つけたのか分かっていないし、いじめたことを悪かったとも思っていない、ろくな人間ではないので、付き合う価値はまったくありません。

大人になってから職場で自分をいじったり、いじめたりした人に関しても同罪ですので、関わりを持ってこようとしても相手にしないことが先決です。

 

タイプ6:謝ることができない人

大人になっても自分の言動で人を傷つけた時、素直に「ごめんなさい」と謝ることができない人がいます。

指摘すると逆ギレするタチの悪い人だっています。

「ごめんなさい」の一言が言えない人は自分の過ちを認め、改めることができない人なので、そんな人は成長も成功もできません。

 

自分の間違いを認めない人と一緒にいる限り、あなたはずっと不快な気持ちにさせられ続けます。

 

そのような人といても、あなたの精神性は向上せず、不幸になるでしょう。

 

タイプ7:お金を返さない人

金額の大小は関係なく、お金を借りておいて返さない人は論外です。

お金を借りたのなら、貸してくれた人に返すのは当たり前だし、「返して」と言われるまで返そうとしない時点で、お金にだらしない人です。

ましてや返さずそのままにしていたら、泥棒・犯罪みたいなものです。

一向に返す気配がないなら返却を強く迫るべきですし、返してもらえないなら絶縁する方がいいでしょう。

仮に返してもらえても、言わないと返さない時点で信頼できる人物ではありません。

 

絶縁するのが、今後のためです。

 

 

まとめ:人間関係を整理しよう!

 

本記事では、人間関係の整理の重要性についてお話しました。


急にスパッと人付き合いをやめることが難しいという人は、まずは過去の1年を振り返って、その必要度を分析するところから始めてみましょう。

幸せになるために、面倒な関係、不要な人間関係は無意味なことです。

それに、必要な人間関係や楽しい人間関係は、向こうから必然として寄ってくると思います。

孤独というわけではないので、安心してください。

出会うべき人とは、出会うべき時に出会うのが人生だと思いますし、人間関係を整理することで、前よりも新しい世界が開けるでしょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。