• Latte
  • Fashion
  • コラム
  • 「カーディガンは似合わない」なんて思っていませんか?あなたに似合うカーディガンをタイプ別で解説!!

「カーディガンは似合わない」なんて思っていませんか?あなたに似合うカーディガンをタイプ別で解説します。

 

カーディガンは冬だけのものと思われがちですが、素材や形によっては季節を問わず使えるスグレモノ。

たとえば冷房のキツい夏のオフィスでは、ざっくりした木綿のカーディガンが大活躍。綿レースのカーディガンも可愛いですよね。春はブラウスや、薄いワンピの上から羽織れば、急激な気温の変化も怖くない!

そんな超便利アイテムのカーディガンを、自分には似合わないと避けているあなた。

すごくもったいないですよ!本記事では、カーディガンの効果的な使い方や、ボディのタイプ別のセレクト等を順にご紹介していきます。

「私にカーディガンは似合わない」なんて思っている方はぜひ、最後までお読み下さい。

 

カーディガンにはたくさんの種類がある

 

 実はカーディガンの種類は結構たくさんあります。

ニットの編み方だけでも、ざっくり編んだもの、レース編みのもの、スーツの下に着る薄手のもの、さらに薄くてふんわりしたもの。

素材としてはウール、アクリル、木綿、ポリエステル、シルクなど。着丈は背中の途中までの超ショート丈、ジャケットで隠れる程度のもの、ヒップまでのもの、ひざまで隠れるロング丈など。

このように、ひとくちにカーディガンと言っても、これだけたくさんの種類があるので、「カーディガンは自分に似合わない」と思っているあなたにも、ぴったりのカーディガンが見つかるはずです^^

特に2021年から流行している透け感のある素材は、今までにないシースルーのカーディガンにも使われ、さっと羽織るだけでこなれたコーデが楽しめますよ。

 

カーディガンが似合わない原因とは?

 

カーディガンが似合わない最大の原因は、まずサイズが合っていないこと。誰でも太って見えるのは嫌ですが、だからといってきつめのサイズを着るのは考えもの。

ボディラインが変に強調されて、嫌な部分が目立ってしまうだけでなく、どこか古くさく、おばさんぽくなってしまいます。ピチピチすぎるカーディガンは、あまり格好いいものではありませんよね。制服やスーツの下に着るなど、見えない時くらいにしておきましょう♪

カーディガンが似合わないもうひとつの原因は、デザインが古いこと。

たとえば1990年代のカーディガンと、2020年代のカーディガンのデザインは全く違うんです。特に最近のカーディガンは、かなり立体的に作られていて、体形の気になる部分を目立たなくする効果があるようです。

そのため、ベーシックなカーディガンを選ぶ際には、古すぎるデザインのカーディガンは避けたほうがいいでしょう^^

 

もう似合わないなんて言わせない!タイプ別カーディガンを探す

 

では、どんなカーディガンを選べばいいのか、骨格タイプ別に探してみましょう。



1:骨格ナチュラル

1つ目は骨格ナチュラルさん。いわゆる骨太で肩幅があり、がっしりした体格の方は、カジュアルな装いが似合います。

身体にぴったりフィットしたカーディガンはあまり似合いません。健康的なボディを生かすためには、ワンサイズ大きめのカーディガンで、ゆとりのあるシルエットをめざしてみましょう♪

素材はざっくり編んだものがベストですが、薄手のカーディガンでも1~2サイズ大きめだと、骨太をカバーして着こなすことができますし、着丈の長いカーディガンであれば美しいシルエットが素敵です。

もし似合わないかどうか心配なら、濃いめのカーディガンと、色の薄いインナーのコーデで。



2:骨格ウェーブ

2つ目は骨格ウェーブさん。薄くて華奢なボディには、ざっくり編んだ厚手のカーディガンはあまり似合いません。華奢な上半身が貧相にならないよう、ふんわりしたカーディガンがおすすめです。

骨格ウェーブさんは、どうしても重心が下半身に偏りがちなので、スカートはふんわり華やかなものを。パンツスタイルなら、華奢な体形が引き立つスキニーに、ふんわりしたカーディガンを。気になる太もも部分もしっかり隠せますよ。

 

 

3:骨格ストレート

最後は骨格ストレートさん。筋肉質の骨格ストレートさんは上半身に重心があるので、上質ですっきりしたコーデが似合います。フォーマル風やジャケット風のカーディガンなどと合わせると良いでしょう。

華奢な骨格ウェーブさんとは違い、飾りのついたものや、ふんわり華やかな素材のカーディガンは似合わないかもしれません。カジュアルなコーデは基本苦手なので、逆にかっちりした素材やデザイン。

ジャケット風のカーディガンとベーシックなシャツなどで、ビジネスに使えそうなコーデが似合います。このとき襟元が詰まったトップスは避けるのがコツです。

 

 

4:ぽっちゃり

さて、ここまで3つの骨格タイプを見てきましたが、さらにもうひとつ。「ぽっちゃり」体型に似合うカーディガンを探してみましょう。

ぽっちゃり体型で陥りがちな失敗は、身体が大きく見えることを恐れるあまり、きつめのサイズを選んでしまうこと。ムチムチ感が強調されて残念な見た目になり、「私にカーディガンは似合わない」と思う原因となってしまいます。

そこで、ぽっちゃり体型独特の、丸いシルエットの可愛らしさを生かしたコーデを目指しましょう。まずはゆったりしたラグラン袖、ドルマン袖などで二の腕をカバー。程よく透け感のある素材なら、腕の肉厚も気になりません。

サイドにスリットが入ったデザインのカーディガンは、羽織るだけで上半身に視線が集まるので、気になる下半身をカバーしてくれます。ゆったりしたワンピに、レース編みのショート丈カーディガンも可愛いですよね!

また、UVカット効果のあるシースルーカーディガンは、夏の直射日光を避けるための必須アイテムといえるでしょう。襟元が詰まったインナーは避け、ワンサイズ大きめの、ゆったりしたカーディガンを選んでくださいね。

 

あなたに似合うカーディガンのまとめ

マネーサイトコラム

 

いかがでしたか。ひとくちにカーディガンと言っても、素材やデザインなど、その種類は星の数ほどあります。とくに2021年から流行の透け感のある素材はエレガントな印象を与え、着やせする効果もある有難い素材。

じつはカーディガンが似合わない人なんていませんし、着る場所や目的などに合わせて、あなたにぴったりのカーディガンを見つけてみませんか。

Tagこのコラムに関するタグ

この記事を書いたコラムニスト

関連コラム