話題のニベア青缶で出来る最強スキンケア方法まとめ!ヘアケア・ニキビ・まつげケアなど

執筆者: 藤澤ひなた
コスパ最強のニベア青缶

ニベア。懐かしい響きですよね。

子供のころ、一度は使ってみたという方も多いのではないでしょうか。

 

さてこのニベアですが、最近やけに注目されているのはご存知でしょうか。

あの高級化粧品「クレーム ドゥ・ラ・メール」とほぼ同じ成分であることが明かされて以来、世の女性たちの間でニベアが爆発的人気を呼んでいます。

ドラッグストアでのニベア推しも加速する中、とりあえず安いからと買ってみた方も多いのではないでしょうか。

 

さて、このニベア。肌に塗る以外にどんな使い道があるのでしょうか。

ニベアで出来る美容スキンケア方法についてご紹介します。

 

Amazonで購入する

 

化粧水の代わりに使用する

お風呂上がり、化粧水の代わりにニベアを塗ってみます。

これだけの超シンプルな方法で、翌朝のお肌の調子がすこぶるいいという報告が、実に多数。

今まで高い化粧品をライン使いしてきた人にとってはショック極まりない内容ですが、試しにシンプルな栄養をお肌に与えてみては如何でしょうか。

 

なにしろ300円以内で購入出来て、たっぷり使えるのでコスパは正真正銘の最強。

おまけに使い方は「塗るだけ」。効果は個人差はありますが、多くの人が高級化粧品と同様の効果を実感しています。

 

これが爆発的ブームを呼んだ理由の1つですね。

 

ニベアは伸びが悪いので、化粧水を付けた後に塗る、化粧水を塗った手のひらで温めてから肌に伸ばすなどをすると、するんと伸びていいですよ。

摩擦も少なくなるのでおすすめの塗り方です。

 

毛穴対策に使用する

いわゆる有名な「ニベアパック」ですね。

お風呂場などでホットタオルをし、毛穴が開いた状態で行って下さい。

 

やり方
  1. 洗顔後の肌に蒸しタオルを5分間ほど当て、毛穴を開ませます。
  2. 顔表面にニベアをたっぷり乗せます。顔が真っ白になる状態にして下さい。擦りこむようにして塗るのではなく、そっと乗せるようにつけてください。
  3. 約10分ほど時間を置きます。
  4. 化粧水に浸したコットンで、顔のニベアをやさしく拭き取っていきます。乾いたコットンを使うと取れにくい上に毛穴を詰まらせる原因になりますので、行わないで下さい。
  5. その後、普通に洗顔をします。

 

これでもちもちの毛穴レス肌が完成します。

人によっては非常に美白効果を感じるようですので、ぜひ1度お試し下さい!

 

 

髪の毛にに使用する

パサパサの髪の毛にもニベアは有効です。

お肌につけたニベアが手のひらに残っていたら、そのまま毛先にもつけてしまいましょう。

お風呂上がりのしっとりした髪に塗ってもOKです。

 

内部まで傷んだダメージヘアには、いつもお使いのヘアケア用品を使用してからニベアでふたをするように塗ると、効果が出ます。

 

また、雨の日や乾燥時期も朝のスタイリングでニベアを塗ると、広がったりバサつかずに済みます。

 

まつげや唇にに使用する

眠る前にまつげ専用美容液やリップクリームをつける方も多いでしょう。

お肌にニベアを塗ったついでに、まつげと唇にも塗ってみましょう。

唇はもちろんのこと、まつげにも保湿成分が行き渡り、ハリのあるまつげが形成されます。

 

今までへたれていたまつげが元気になることで、伸びたようにも見えますしまつげの成長にも繋がります。

 

自作コスメとして使用

ニベアは固めのテクスチャなので、BBクリームやリキッドファンデと混ぜると肌馴染みのよいオリジナルコスメが作れます。

保湿もバツグンなので乾燥しわなどにも効果的です。

 

ただし量によってはベタつく可能性がありますので、その時はティッシュオフをしてベタつきを取り、お粉を上からはたけばOK。ナチュラルな美肌に見えますよ。

お化粧持ちもよくなるようです。

 

 

もちろんボディクリームとしても使用

当然、身体にも付けることが出来ます。

脱毛時の肌荒れ防止に、乾燥によるかゆみ、ひび割れ、気になる黒ずみに。

また脱毛クリームとしても使用すると、カミソリ負け防止になります。

 

妊娠線や首しわを薄くしたい人は、その部分に塗り込むと良いでしょう。

 

おわりに

ニベアの使い方はどんどん増えてきています。

お安いので1つ買ってみて損はありません。

 

ぜひ自分に合ったニベアスキンケア法で美肌メイクをしてみて下さいね!

 コラムニスト情報
藤澤ひなた
性別:女性  |  

食べるのが好きです。
寝るのも好きです。

渋谷は桜ヶ丘周辺が好きです。

 おすすめ新着コラム

     美容のコラム

      このコラムに関するタグ