恋愛に効果的な「ピンク色」の使い方!告白のとき、出会いが欲しいとき…パターン別に解説

恋愛に効果的なファッションカラー「ピンク」の使い方をシチュエーション別に紹介!色を味方に恋愛運をアップさせませんか?

執筆者: 安田 紀子 職業:カラーコーディネーター・カラーセラピスト・パワーストーンセラピスト
はじめに

こんにちは。カラーコーディネーターの安田紀子です。

今回は、恋愛に取り入れると効果的な色についてご紹介します。

 

「恋愛」と一口に言っても、出会いが欲しい人、片思いの人、大好きな彼と結婚したい人などさまざまだと思います。
実は、ピンクの使い方はシチュエーション別に異なるのです。

 

 

出会いを求めている人はピーチピンク、サーモンピンク

出会いが欲しいと思っている方の中には、なかなか自分から積極的に動けない方も多いのではないでしょうか。

そんな方はまず、親しみやすい色からチャレンジしてみましょう。

 

親しみやすい色の代表はオレンジ

自分の心だけでなく、周りにも明るく元気な印象を与えてくれるオレンジ。

しかし親しみやすい色であるがゆえ、女友達としてしか見られず、恋愛に発展しない可能性があります。


そこでオススメなのが、ピーチピンクやサーモンピンクです。

親しみやすくて、なおかつ女性的な優しさや可愛らしさもアピールできる色です。

 


オレンジの明るさや親しみやすさと、ピンクの持つ女性らしさを同時にアピールすることができます。

 

 

片思いの彼を振り向かせたい人は「コーラルピンク」や「ウォーターメロン」

彼に告白する勇気が欲しいときは、コーラルピンクやウォーターメロンがオススメです。

 


積極的に行動する気持ちにさせてくれる色は赤です。

濃いピンク色のコーラルピンクは、その赤の要素を多く含みながら、赤の持つ攻撃的なイメージを和らげてくれます。


ウォーターメロンはブルーベースの肌タイプの人も着こなせる、涼しげな赤になります。

こちらも「攻撃的」「強い」といった恋愛にマイナスのイメージを弱めてくれます。

 

 

彼との仲を深めたい人は「マゼンタ」や「フクシャ」

「友達以上恋人未満の関係を脱したい」「付き合っている彼ともっと親しくなりたい」という方はマゼンタやフクシア(フクシャ)のような赤紫系の色がオススメです。

 


紫には「不吉」「低俗」「狂気」といったあまり良くないイメージもありますが、その反面「妖艶」「優雅」「女性的」といったイメージもあります。

 

赤みの強い紫をチョイスして

青と赤を組み合わせて作られる紫は、青みが強いのか赤みが強いのかによって、印象が大きく変わる色です。


青みの強い紫は「高貴」「伝統」といったイメージになりやすく、恋愛運アップにはあまり効果がありません。

逆に、赤みの強い紫は女性的で妖艶なイメージになりますので、大人の恋愛に向いています。

 

 

おわりに

恋愛運アップの基本的な色はピンクになりますが、前回もお話したようにピンクにはたくさんの種類があります。

 

どのようなピンクを選ぶかによって、イメージはがらりと変わります。
自分が演出したいピンクを上手に取り入れてみて下さいね。

 コラムニスト情報
安田 紀子
現在地:神奈川県川崎市  |   職業:カラーコーディネーター・カラーセラピスト・パワーストーンセラピスト

川崎市でカラーサロン「nrk color circle」を営んでおります、安田紀子です。
4シーズンを細分化したパーソナルカラー10タイプ分類を対面診断、写真診断で行っています。カラーセラピストとしての知識も活かし、似合う色プラス効果的な色の使いかたをお伝えしています。
TEL:080-1177-9439 
〒216-0004 川崎市宮前区鷺沼1-11-14 鷺沼パレス906
HP:http://nrkcolor.com/

・日本色彩学会正会員
・色彩検定1級/後任カラーデザイナー
・東商カラーコーディネーター検定1級(第2分野)
・カラーセラピスト
・パワーストーンセラピスト