100円アイテムですっきりキッチン!棚の収納・片付け実例 (1/2)

執筆者: 小林ゆう 職業:ハウスキーピングコーディネーター/インターネットショップオーナー/研究補助
はじめに

キッチンは食材や調理器具など、沢山の細々したものを収納しなければならない空間です。

 

常にごちゃごちゃとしてしまうキッチンを、すっきりと片付けて快適にしたいと考えている方も多いのではないでしょうか?


今回は、手頃に揃えることが出来る100円グッズを利用したキッチン収納を、実例を参考にご紹介したいと思います。

 

食品ストック

食材ストックの収納には、100円ショップのプラスチックカゴを並べて利用しています。

見た目をすっきりさせる為には、棚の幅に合うように、しっかりと測って選ぶことです。


「ストック食材を使ったら買い足す」方式にしていれば、カゴから溢れ出すこともありません。

また、常にカゴに収まるようにキープすることで、買い過ぎ防止にも役立ちます。


カゴには、ダイモテープで中身をラベリングしていますが、ダイモやラベルライターがなくても大丈夫です。

マスキングテープを利用すれば、手軽にラベリングすることが出来ます。

 

 

 

また、全て同じカゴで揃えるのも良いですが、段ごとに違う物を揃えるのもお勧めです。

違う種類のカゴを合わせて使うことで、ラベルを見なくとも、何を入れているかイメージが付きやすくなります。

 

また、それぞれのカゴのサイズに合わせて、収納する物を変えることが出来る点も便利です。

 

お菓子・お弁当箱などの収納

戸棚の上段にプラスチックのカゴを並べ、お菓子のストックやお弁当箱などを収納しています。

 

お菓子は、目に付いたり、すぐに手が届く場所にあると、ついつい食べてしまいたくなる物です。

このような高い場所などに置いておくことで、子供には届かなくなり、おやつの管理もしやすくなります。

 

来客用のプラスチックのお皿やカトラリーなども、一つのカゴにまとめて収納しておけば、出し入れがスムーズです。

 

調理グッズの収納

吊り戸棚には、頻繁には使わない調理グッズなどを収納していますが、取り出しやすい取っ手付きのカゴがお勧めです。

 

取っ手の部分にラベリングをしておくと、確認しやすく、見た目にもお洒落になります。


 

製菓グッズの収納

大きさや形も様々な製菓グッズは、100円ショップの大き目のカゴを重ねて収納しています。

 

カゴを探している際に、ぴったりと重なるカゴを見つけたので、合わせて購入した物です。

収納量に大きな違いはありませんが、二段にすることで整理しやすく、取り出しやすくなります。

 

深さのあるカゴを利用するならば、このような方法もお勧めです。

 

 

 

洗剤・掃除グッズの収納

洗剤や掃除に使うグッズも、100円ショップのカゴに入れて収納すれば、取り出しやすく、見た目にもすっきりします。

万が一洗剤がこぼれても、収納しているカゴを洗えば済みます。

 

 

 

また、使いやすいサイズにカットしたメラミンスポンジなどの細かな物は、ワンプッシュで開けることが出来る保存容器を利用しています。

 

もちろん、これも100円ショップグッズです。

食品用の保存容器売り場などで取り扱われています。

クリア素材の為、中身の確認も簡単です。

 

 コラムニスト情報
小林ゆう
性別:女性  |   職業:ハウスキーピングコーディネーター/インターネットショップオーナー/研究補助

育児家事の傍ら、洗剤等を販売するネットシッョプを運営しつつ、研究補助の派遣社員として某大学研究所で働く理学部生物学科出身のリケママです。

「子供がいても散らからない」「家族みんなが片付けやすい」「開けた時にカワイイ!と嬉しくなる収納」…そんなおうちを目指して片付けているうちに、少しずつ雑誌などでも紹介していただけるようになりました。コラムlatteでは、すっきり、きれいな暮らしに繋がる整理収納術を独自の理系目線でみなさんに楽しくお伝えできれば良いなと思っています。

・2011年3月 ハウスキーピングコーディネーター2級取得
・2007年11月 お掃除達人コンテスト実践部門準グランプリ授賞

すっきり、きれいに暮らす 私のルール
http://mainichiseibuthugaku.blog55.fc2.com/

 おすすめ新着コラム

     生活のコラム

      このコラムに関するタグ