受け身女子は疲れる!男性が内心「付き合いづらい」と思っている女子の特徴3選

執筆者: 雪見かおる 職業:ライター/コラムニスト
はじめに

例え好き同士で付き合っているカップルも、付き合い始めは二人の距離感が掴めず、関係がちぐはぐになることが少なくありません。


あなたも彼から連絡が欲しいのに、向こうからの連絡が一向に来なくてやきもきしたことはありませんか?
それと同じように、自分は気にしていないことも、相手にとっては気になるというのはよくあることです。

今回はなかでも男性が内心「付き合いづらい」と感じている女子の特徴について、まとめてみましたのでご紹介します。

 

 

なにをするにも受け身である

デートの誘いをするのはいつも男性から、ということはありませんか?

特に女性の場合は「男性にリードされたい」と思う人が多いものです。


とはいえ、いつも彼からの連絡を待っているばかりで、自分から一切連絡を取らないようでは、男性も「俺のこと好きじゃないのかな?」と不安に感じてしまいます。

両想いで付き合っている二人なので、「これを言ったら嫌われるんじゃ…」と弱気にならず、二人の距離を縮めるためにも積極的に声をかけていきましょう。

恋愛に対して受け身な女性だからこそ、声をかけてあげると、男性はこの上なく嬉しいはずです。

なにかと遠慮が抜けない

シャイで気遣い症の女性に多い特徴です。

「嫌われたくない」「私は大丈夫だから」と、自分よりも相手を優先してしまうので、男性もなかなかあなたの本音を見分けることができません。

例えばデートをしようにも「◯◯君の行きたいところでいいよ」と遠慮してしまうので、男性はあなたがデートを楽しんでくれるかどうか心配になってしまうのです。

人は遠慮してしまうと、相手も同じように遠慮してしまいます。

せっかく好きになった同士なので、自分の本音はどんどんと出していきましょう。

その中で二人の意見が食い違うこともただありますが、それはお互いのことを知ろうとしている表れでもあります。

傷つくことを恐れず、自然体な自分を彼に見せられるといいと思います。

リアクションが少ない

デート中、緊張して思うような反応を取れないことってありませんか?

付き合い始めなら、お互いのことがまだ分からず、手探り状態で距離を測っていくカップルも少なくないはずです。

そんな時、ひとつだけ注意したいのが“リアクション”です。

 

彼の会話の中で、少しでも「すごい!」「嬉しい!」と思うことがあれば、多少オーバーな反応をしてもいいので、感情を積極的に表すようにしましょう。

特に男性はデート中、彼女が本当にデートを楽しんでいるか気になっているものです。

反応が薄いと「楽しくないのかな?」「ここをデートスポットに選んだのは失敗だったかな…」と、男性なりに責任を感じてしまうのだそうです。

なので、シャイで口ベタな女性も、心の中で感じたことを素直に口にしてみて下さい。

デート中は緊張してしまっても、デート終了後メールやLINEで「今日は楽しかったよ」「また行こうね」と、楽しかった気持ちを伝えることで、男性はまた次のデートも誘いたくなるはずです。

おわりに

全体を振り返ってみると、真面目で静かな大人しいタイプの女性に当てはまりやすいのかもしれません。

とはいえ、一番気をつけたいことはデートを目一杯楽しむということです。
それさえ見失わなければ、彼もあなたと一緒にいることに居心地の良さを感じて、きっと素敵なカップルになれるはずですよ。

 
 コラムニスト情報
雪見かおる
職業:ライター/コラムニスト

はじめまして。
Webメディアのニュース記事を執筆しています、雪見かおるです。

小さいころに男女のあり方について疑問を抱いて以来、「性別ってなんだろう?」「人を好きになることってどういうこと?」と、あれこれ思いを巡らせてました。

真面目に考えると頭がパンクするので、適度にゆる〜く世の中のまかり通っている恋愛、ジェンダー論について検証していきたいと思います。

よろしくお願いします。

ブログ:http://airbook431.blog.fc2.com/