そのキス本命?それとも遊び?男性から女性にキスをする時の心理と、本気度の見分け方

執筆者: 雪見かおる 職業:ライター/コラムニスト
男性は遊び相手の女性にもキスをする?

愛情表現のひとつであるキス。

好きな人とするキスは、それだけ親密な関係だからこそ出来る、特別な行為ですよね。

あなたも彼からキスをしてもらえると、愛されていると感じて、幸せな気持ちになりませんか?

ですが、男性にとってのキスは、どうやら女性が考えているよりも軽いものらしいのです。

今回は、そんな男性が女性にキスをする時の心理状態についてまとめてみました。 

 

 

男性にとってキスとは「好き」という意思表示である

まず男性にとって、キスはどんな意味があるのでしょうか。

一つは女性と同じように、相手のことを単純に「好き」と感じたときです。

これは容易に想像が付きますよね。

好きな子と付き合っていて、彼女が可愛いからキスをしたり、「好き」という言葉代わりにキスをすることだってあるはずです。

女性に比べて男性は感情表現をするのが苦手なので、キスをすることで「お前のことを愛している」という意思表示をしている男性は少なくないでしょう。

もし付き合っている彼から、「好き」という言葉を聞かせられていないにもかかわらず、キスをされることが何度もあったら、それが彼なりの「好き」という気持ちだと思いましょう。 

 

肉体的から来るキス

男性にとって肉体行為は「性欲でするもの」と、「愛情からするもの」とキッチリ分かれています。

キスもそれと同じ。

例え付き合っていなくても、そういった意味で関心がある相手なら、男性はキスをしてしまいます。

女性に比べると、男性にとってのキスは若干価値が低いといえそうです。

とはいえ、これは男性によりけり。

しっかり節操を持って、好きな人しかキスはしないという誠実な男性もたくさんいます。

そのため、意中の男性からキスをされたからといって、無闇やたらと喜ばないこと。

彼があなたとキスをしたのは、恋心からではないかもしれません。

勘違いしてしまわぬよう、男女のキスの違いを良く理解しておきたいですね。 

 

独占欲からのキス

前述の好きという意思表示でするキスと似ていますが、男性は本能として支配欲が強い生き物です。

そのため、恋愛をしていても「これは俺のもの」というマーキングの意味で、キスをすることも少なくないはず。


例えば、まだ相手と付き合っていない状態で、彼女のことが恋愛感情として好きかどうか分からないとき。

女性のルックスに惚れて、その場の雰囲気の流れで、何となくキスをしてしまうことだってあるかもしれません。

付き合う付き合わないはさておき、遊び人な男性ほど、キスをすることを軽く考えているものです。

くれぐれも、変な男性に引っかからぬよう注意したいですね。 

 

キスをされた時のシチュエーションによって、本気度は変わる

男性にとってのキスの意味を3つほど集めてみましたが、いかがでしたか?

女性に比べてキスの重さが違うということが分かったはずです。

では、彼の気持ちが本物かどうか見抜くには、どうしたら良いのでしょうか?

もし彼からキスをされたら、以下のポイントを確かめましょう。

 

キスをされた時のシチュエーション

お酒を飲んでいるときにされたキスは、残念ですが遊びか、あわよくばといった可能性が高いでしょう。

もし本音はあなたのことを好きで、お酒の力を借りて…といった事情があったとしても、酔いに任せないとキスや告白ができない男性は、今後の付き合いが思いやられます。

 

お酒が入っていない、または肉体的な雰囲気がないシチュエーションでキスをされた場合、脈ありの可能性は高くなります。

 

二度目のキスがあるかどうか

男性は女性に比べてキスの価値が低いですが、好きな女性には何十回でもキスをしたくなるものです。

よって、彼の気持ちを見抜くときは、回数に注目してみましょう。

彼のキスがそれっきりなら、残念ながら彼は遊びであなたとキスをした可能性が高いかもしれませんね。 

 

 

キスを許すと身体も許す流れになるから、変な隙は見せないこと

男性と真剣に付き合いたいと考えているなら、下手に隙を見せてキスをさせないことです。

キスを許したとして、後々傷付いてしまうのはあなたかもしれませんからね。 

 コラムニスト情報
雪見かおる
職業:ライター/コラムニスト

はじめまして。
Webメディアのニュース記事を執筆しています、雪見かおるです。

小さいころに男女のあり方について疑問を抱いて以来、「性別ってなんだろう?」「人を好きになることってどういうこと?」と、あれこれ思いを巡らせてました。

真面目に考えると頭がパンクするので、適度にゆる〜く世の中のまかり通っている恋愛、ジェンダー論について検証していきたいと思います。

よろしくお願いします。

ブログ:http://airbook431.blog.fc2.com/