不思議と当たる恋愛心理テスト!深層心理が簡単に分かっちゃう方法

執筆者: 天野てんすけ
暇つぶしや相手の本音を引き出したいときに「心理テスト」はおすすめ

どんな時でも盛り上がるネタ、「心理テスト」。


占いなどに興味はなくとも、心理テストを通じて出た結果には、誰もが何らかの感想を抱いてしまうもの。
特に出会いの場では、心理テストをきっかけに話に花が咲くことも多く、うまくやればお目当てのあの人の「タテマエ」を引っぺがし、心の奥に潜んだ「ホンネ」を掴めるかもしれません。


今回は「素直な恋愛観」を探るための深層心理テストをご紹介します。

ストーリー仕立ての心理テストですので、解説は各問題の後に記載しています。

 

心理テストのお約束ですが、飛ばして読んだりせず「直感」に従って答えてみてくださいね。

 

 

恋愛心理テスト1 恋人の家へ行くあなた

あなたはいま、大好きな恋人の家に向かって歩いていると想像してください。

 

恋人の家に向かうには二つの道があります。

一つ目の道は直線的で短く、この道を行けば恋人の家にはすぐ着きますが、道中にはなんの面白みもありません。

二つ目の道は一つ目の道よりもはるかに遠回りなのですが、その道中は素晴らしい景色と面白いもので溢れています。

 

大切な人の家に向かうのに、あなたはどちらの道を選びますか?

 

 

解説

「短い質素な道か、長くて面白い道か」。
道はあなたの「恋に落ちるまでのスタンス」を表します。

 

短い道を選んだ方は恋に落ちるのも早く、すんなり「恋をしている」と自覚できるタイプでしょう。
一方の長い道を選んだ方は恋に落ちるまでの時間が長く、そこに辿り着くまでの過程すべてを楽しみたいタイプといえるでしょう。

 

恋愛心理テスト2 赤と白のバラがあります

その道を進んでいると、あなたは道端に「真っ赤なバラ」と「真っ白なバラ」がたくさん咲いていることに気づきます。

そこであなたは合計で20本のバラを使って花束を作り、恋人へのプレゼントにすることにしました。

あなたは、赤と白のバラをそれぞれ何本ずつ使って花束を作りましたか?

 

どちらか一色が20本でも構いません。

 

 

解説

「赤いバラと白いバラの数」。
赤いバラは、あなたが恋人との関係に対してどれだけ献身的になれるかを表しているのに対し、白いバラはあなたが恋人との関係からどれだけ見返りを求めるかを表しています。


例えば赤いバラ18本と白いバラ2本の花束を作ると回答した場合、あなたは恋人に対し、90%献身的で10%の見返りを求めているということになります。

 

恋愛心理テスト3 恋人の家族と遭遇!

あなたは恋人の家に到着しました。

玄関口には恋人の家族が立っています。

あなたは自分で直接恋人を呼びに行くことも出来ますし、家族に取り次いでもらうこともできます。

 

自分で恋人を呼びに行きますか?それとも家族に頼みますか?

 

 

解説

「自分で恋人を呼びに行くか、家族に呼んできてもらうか」。
この質問は、恋愛関係の問題に対するあなたの姿勢を表しています。


家族に呼んできて貰うと答えた方は、恋人との問題を避けて通れるように望んでおり、もし起こったとしても時間と共に解決することを望んでいます。
自分で呼びにいくと答えた方はより直接的で、恋人との間に問題が起きてもすぐに自分から解決しようと行動するタイプでしょう。

 

恋愛心理テスト4 花束を置く場所は?

あなたは恋人の部屋に着きましたが、恋人は居ませんでした。

そこであなたはとりあえず先ほどの花束を置くことにしたのですが、窓際とベッドの上、どちらに花束を置きますか?


 

解説

「バラの花束をベッドの上に置くか、窓際に置くか」。
部屋に恋人がいないという予想外の事態のあと、どこにバラの花束を置くかによって、あなたがどれだけ恋人を恋しがっているか、つまりあなたの寂しがりや度が分かります。


花束を「恋人」の象徴であるベッドに置いた方は、主体が「恋人」にあります。

恋人に会いたいという思いが非常に強く、寂しがり屋であると言えます。


一方花束を「花」と相性の良い窓際に置いた方は、主体が「花」にあります。

部屋にいなかった恋人のことは一旦忘れ、花束にとって居心地のいい場所を選んでいることから、あまり寂しがりではないことが分かります。

恋愛心理テスト5 一夜明けて…

その後、夜が来て、貴方と恋人はそれぞれ別々の部屋で眠ります。

明くる日の朝、あなたが恋人の部屋に様子を見に行った時、恋人はもう起きていましたか?

それともまだ眠っていましたか?

 

 

解説

「恋人の部屋を訪ねたとき恋人は眠っていたか、それとももう起きていたか」。
これはあなたの(現在の)恋人の性格に対する満足度を表しています。


恋人はまだ眠っていたと答えた方は、恋人のありのままの性格に満足しています。
一方、恋人はもう起きていたと答えた方は、恋人の性格に対して少し不満があり、直してほしいと考えています。

 

恋愛心理テスト6 帰路を選択しましょう

ついに自分の家に帰る時間となってしまいました。

さて、あなたが帰り道に選ぶのは、短くて何もないが、早く帰れる道ですか?

それとも長くて面白い道で帰りますか?


 

解説

「短い道を通って帰るか、長い道を通って帰るか」。
この質問は、あなたの恋愛持続時間を表しています。


短い道を通って帰ると答えた方は恋愛持続時間が短い傾向にあり、いわゆる「冷めやすいタイプ」といえるでしょう。
長い道を通って帰ると答えた方は恋愛持続時間が長い傾向にあるようで、長く安定した恋愛を求めるタイプにあるようです。

 

ストーリー仕立ての恋愛心理テストでした

さて、どんな結果が出たでしょうか。

ほんの少しでも自分自身の恋愛観を確認するきっかけになれば幸いです。

 

もちろんこのテストは人に対して使うこともできますので、恋人へ質問してみると、お互いの恋愛観が再認識し合えて良いかもしれません。

 
 

 恋愛のコラム