充電の減りが早い!スマホの電池(バッテリー)を長持ちさせる7項目

執筆者: 武田ゆう子 職業:自営業(WEBデザイナー・PC講師)
はじめに

外出先でスマートフォンの充電が切れてしまった経験をお持ちの方も多いと思います。

 

負荷の高いアプリを動作させていたり、動画などを見ていたりすると、充電はみるみるうちに減っていきます。

少しでも、充電を長持ちさせる基本のテクニックをご紹介します。

 

 

Wi-Fi設定をOFFにする

自宅で無線LANを使用する場合は問題ありませんが、外出先にそのまま持っていくと、様々な無線LANの電波を拾おうとして、バッテリーを消費してしまいます。


常時接続する必要がなければ、節電のためだけでなく、セキュリティ的にもオフ設定にしておきましょう。


  • iPhone 設定→Wi-Fi
  • Android 設定→無線とネットワーク→Wi-Fi

 

Bluetooth設定はOFFにする

無線LAN設定同様、Bluetoothも常時接続する必要がなければ、オフ設定にします。

自宅でスピーカーやキーボードなどを、Bluetoothで接続している場合は、そのままにして外出しないようにしましょう。

 

  • iPhone 設定→一般→Bluetooth
  • Android 設定→無線とネットワーク→Bluetooth

 

位置情報取得をOFFにする

マップアプリや、地図と連動しているアプリなどは、位置情報を取得することが多いのですが、この機能を切っておくと、節電になります。

必要なときだけONにしましょう。

 

  • iPhone 設定→位置情報サービス
  • Android 設定→現在情報とセキュリティ→GPSを使用

 

電波の弱いところでは機内モードにしておく

電波の弱いところでスマホを使うと、常に電波を拾おうとするので、電力消費が激しくなります。

そんなときには機内モードにしておくと、電波を拾おうとする動作をOFFにすることができます。


  • iPhone 設定→機内モード
  • Android 設定→無線とネットワーク→その他→機内モード

 

画面の明るさを暗めにする

明るさの自動調整をオフにして、画面の明るさを見やすい範囲で、できるだけ暗い設定にすると、節電になります。

 

  • iPhone 設定→明るさ
  • Android 設定→表示→画面の明るさを抑える


使用しないアプリは終了させる

知らない間に複数のアプリを起動したまま、ということはよくあります。

たくさんのアプリを起動するとメモリを消費してしまい、それによって電力を使ってしまうことにもなるので、使っていないアプリはなるべく終了させておきましょう。


  • iPhone ホームボタンを2回押す
  • Android 設定→アプリケーション→実行中のサービス

 

スマホの電池を節約するアプリを使う

スマートフォンのバッテリー残量を確認したり、節電したりできるアプリがあります。

 

 

電池残量をパーセンテージで表示するだけでなく、動画視聴・ゲーム・通話などの行動ごとに、残りの使用可能時間を表示できるものや、あと何分で何パーセント充電できるか予測できる等、様々な機能が用意されています。

 

自分のスマホにあったアプリを使ってみると、劇的に改善するかもしれません。

 
 コラムニスト情報
武田ゆう子
性別:女性  |   職業:自営業(WEBデザイナー・PC講師)

WEB制作とPC講師を生業にしています。
http://takeda.link

旅行が好きで、休みの日は大半外出しています。

 

 PC・家電のコラム