北欧在住民のレシピ!簡単「とっておきカルダモンロール」の作り方

スウェーデン在住民が教える、フィーカにおすすめのお菓子レシピ「カルダモンロール」の作り方!シナモンロールが有名ですが、ハーブやスパイスを織り交ぜるのも現地では人気です。

執筆者: keiko olsson 職業:スウェーデンの洋裁店オーナー、ブロガー、ヴィンテージ雑貨バイヤー
北欧のお菓子はシナモンロールだけじゃない!

こんにちは、スウェーデン在住のKeikoです。

 

今回は、スウェーデンのカフェ風にアレンジした、ご自宅でも簡単にできる「とっておきのカルダモンロール(Kardemmumabullar)のレシピ」をご紹介したいと思います。

 

 

シナモンロールもいいけれど、最近はカルダモンロールが人気

北欧といえば「シナモンロール」を思い浮かべる方も多いかと思います。

しかし、最近のスウェーデンのカフェやベーカリーでは、カルダモンロールの人気がとても高いのです。

 


写真は、先日行った地元のお洒落なカフェでの1枚。

スウェーデンのカフェでは、香ばしくて美味しいカルダモンロールがいつでも食べられます。

スパイスの一種、カルダモンとは

カルダモン(スウェーデン語で「Kardemumma・カデムンマ」)いうスパイスは、インドなどではカレーによく使われるスパイスですが、スウェーデンではお菓子に使うのが一般的。

 

 

冬の時期に食べる「Semla(セムラ)」というお菓子にも、カルダモンがたっぷり使われています。

独特の芳香があり、とても美味しいですよ。

 

●関連コラム

スウェーデンの季節限定レシピ!伝統菓子パン「セムラ」の作り方

 

 

お勧めのタイプ

カルダモンは、粒状とパウダー状がありますが、できれば粒状のタイプをご用意下さい。

また、イーストは、本場のふんわりとしたパン生地の食感を出すために「生イースト」をお使い頂くのが、断然お勧めです。

 

カルダモンロール(15〜20個分)の材料

15〜20個分の材料になります。

 

 

生地の材料
  • 生イースト:25g
  • バター:60g(柔らかくしておく)
  • 強力粉:400〜450g
  • 牛乳:250ml(人肌に温めておく)
  • 砂糖:50g
  • 塩:少々
  • カルダモン:小さじ 1/2(包丁で細かく砕いておく)

 

フィリングの材料
  • バター:約50g(柔らかくしておく)
  • グラニュー糖:約50g
  • カルダモン:小さじ1(包丁で細かく砕いておく)

 

トッピングの材料

◎焼く前

  • 溶き卵(卵アレルギーの方はなしでもOK)

 

◎焼いた後

  • 溶かしバター
  • グラニュー糖とカルダモンを混ぜた物を少々

 

カルダモンロール作り方

1.

ボウルに、人肌に温めた牛乳・砂糖・塩を加えて混ぜ、生イーストも溶かします。


2.

そこに強力粉・カルダモン・バターも加え、よく捏ねます。

 

3.
ラップをして暖かい場所に置き、倍の大きさになるまで一次発酵させます(約30〜40分)。


 

4.
生地を半分ずつに分け、長方形に薄く伸ばします。

 

生地を伸ばす時は、できるだけ綺麗な長方形になるよう、途中生地をひっぱりながら丁寧に伸ばしましょう。綺麗な長方形にすることで、端の生地のロスが少なくなり、全体が均等な大きさに仕上がります。


 

5.
生地にフィリング用のバターを塗り、その上からグラニュー糖とカルダモンをパラパラと満遍なく振り掛けます。

 

6.

生地を、写真のように3つに折り畳んでから横に向きを変え、さらに麺棒で縦に伸ばします。

 

縦の幅が大体20cmぐらいになるように伸ばしてください。
ここでの伸ばし方ができ上がりの大きさを左右し、長いほど大きくなります。

 

 

 

 

7.

生地を包丁(またはピザカッター)で幅約2cmにカットします。

 

 

8.
くるくると巻き込んで成形します。

 

成形の仕方は、分かりやすいように動画をご覧下さい。

スウェーデンでは有名な料理家、Martin Johanssonさんの動画です。

 

 

くるくると指に巻きつける成形もポピュラーです。

 

 

9.
天板に並べ、生地が倍の大きさになるまで膨らんだら、艶出しの溶き卵を塗り、220度のオーブンで8〜10分焼きます。

 


10.
カルダモンロールが冷めたら、溶かしバターを刷毛で塗り、グラニュー糖とカルダモンを振り掛けて完成です。

 

カフェ風のトッピングに仕上がっています。

 

 

冷凍保存も出来るので、大量に作って冷凍するのもいい

焼き立ての味は格別ですが、冷凍保存も可能です。

ぜひ試してみて下さい。


カルダモンの香りに包まれ、スウェーデンのカフェでFika(フィーカ:スウェーデン語で、コーヒー等を飲むことを意味する)をしている気分になれるかもしれませんね。

 
 コラムニスト情報
keiko olsson
性別:女性  |   現在地:スウェーデン  |   職業:スウェーデンの洋裁店オーナー、ブロガー、ヴィンテージ雑貨バイヤー

スウェーデン在住のkeikoです。
現地ならではの情報をご紹介できたらと思っています♪

普段は、自宅のアトリエにて小さな洋裁店(Syateljé keiko olsson)を営んでいます。
北欧ヴィンテージ生地を使った布小物や、北欧生地で作るオーダーメイドのお仕立など、、日本の皆さまへお届けしています。
●Syateljè Keiko Olsson - ケイコ・オルソンの洋裁店
http://keikoolsson.shop-pro.jp/

スウェーデン生活のブログも更新中です。よかったら覗いてみてください♪
●日々のあれこれ、スウェーデンより。
http://arekoresweden.blogspot.se/

 

 グルメ・レストランのコラム

 趣味のコラム