スウェーデン直伝の本格シナモンロールレシピ♡作り方を図解で公開!

執筆者: Kanel 職業:翻訳業(スウェーデン語、英語、日本語)
はじめに

スウェーデンでは、10月4日が「シナモンパンの日」と制定されています。

シナモンロール発祥の地と言われているスウェーデンの人々は、シナモンロールが大好き。


香辛料カルダモンの風味がピリッと効いている、スウェーデン風シナモンロールのレシピをご紹介します。


 

用意する材料・用具

材料(約16〜20個分)はこちらになります。


パン生地

  • 小麦粉(強力粉or中力粉):480g
  • イースト:生の場合25g/ドライの場合小さじ2杯
  • マーガリンorバター:50g
  • 砂糖(グラニュー糖):45g
  • 塩:ひとつまみ
  • 牛乳:300ml
  • カルダモンの粉末:小さじ1/2〜1杯(お好みで)


フィリング

  • マーガリンorバター:50g(室温で柔らかくしておく)
  • 砂糖(グラニュー糖):45g
  • シナモンの粉末:小さじ2杯


飾り用

  • 溶き卵:少量
  • お好みでパールシュガー(ニブシュガー):適量
  • お好みでスライスアーモンド:適量

 

パールシュガー(ニブシュガー)とは、精製された白砂糖で、粗くて固く不透明。焼き料理の温度でも溶けない。(Wikipedia引用)

 

用具

  • パンを捏ねる大きなボール
  • めん棒

 

作り方

以下の工程になります。

 

工程1
  1. マーガリン(バター)は湯煎、または電子レンジで溶かしておき、牛乳は37度位に温めておく
  2. イーストをボールの中にほぐし入れ、そこにマーガリン(バター)と牛乳を注いで混ぜる
  3. ボールの中に、小麦粉、砂糖、塩を混ぜ入れ、滑らかになるまでよく捏ねる
  4. ボールの上に厚手の布などを被せて蓋をし、30分発酵させる

  

工程2
  1. 生地を発酵させている間に、フィリングの準備をします
  2. 柔らかくしたマーガリン(バター)に、シナモンと砂糖を混ぜ、均一になるようによく練ります
  3. 発酵したパン生地を、めん棒で広く薄く伸ばして30x40センチ位の大きさにします
  4. その上に、フィリングを全体的に塗ります

 

巻き方

生地を、幅が広い方の端から巻いていき、2cm程の幅に切って天板に並べます。

これが、よくあるシナモンロールの巻き方です。

 

 

ちょっと凝った物ですと、ぐるぐる捩った巻き方があります。

フィリングを塗った30x40センチに広げたパン生地の、幅が広い方を半分に折り、上下をぴったりとくっつけます。

 

 

それを3cm程の幅で縦に切り短冊型にします。
更に、上の部分はくっつけたまま、脚が広がるような形で切ります。

 

 

その2本の脚を捩り、それをまたぐるっと丸めるように(真ん中で結ぶような要領)捩ります。


 

 

 

焼く
  1. オーブンは220度に予熱しておきます
  2. 天板の上に生地を並べ、20分間発酵させます
  3. 発酵が終わったパンに、刷毛で照り用の溶き卵を塗り、その上から飾り用のパールシュガーやスライスアーモンドを散らします
  4. オーブンに入れて8〜10分で焼き上がり

 

 

おわりに

スウェーデンの家庭では、1度に大量のシナモンロールを作るので、残りは小分けにして冷凍保存しておきます。

 

カルダモンが苦手な人は入れる必要はありませんし、シナモンや砂糖の量も好みで調節できます。 パン生地からフィリング、形や飾りも、家庭により異るのが、スウェーデンのシナモンロール。

ぜひお試しくださいね。

 
 コラムニスト情報
Kanel
現在地:スウェーデン(の南端)  |   職業:翻訳業(スウェーデン語、英語、日本語)

ブログでも北欧(スウェーデン)の生活についてつづっています。

北欧絵本(読書や芸術鑑賞など)
http://hokuoehon.blog59.fc2.com/

スウェーデンの四季(日常、伝統、観光、レシピ、あれこれ)
http://sverige.blog53.fc2.com/

北欧ガーデン(植物、ガーデニング、レシピなど)
http://ninni.seesaa.net/

 

 グルメ・レストランのコラム