初心者さんも簡単にできる、基本のアイシングクッキー!作り方とデコレーションレシピ

執筆者: 布村 道子 職業:アイシングクッキー講師
はじめに

こんにちは、アイシングクッキー講師の布村 道子です。


さて皆様、アイシングクッキーをご存知ですか?

アイシングと呼ばれる、粉砂糖に卵白と水を加えた物で、表面をデコレーションしたクッキーのことです。

アイシングは、パリパリした食感と甘いお砂糖の味が特徴。


イギリスではロイヤルアイシング、アメリカではフロスティングと呼ばれ、クッキー以外にも、カップケーキの上に施したデコレーションを指すこともあります。

海外では濃色のアイシングが多く、日本では淡色や女性らしいデザインの物が多く見られます。

 

 

クッキーを焼こう

まずは、アイシングの土台となるクッキーを作りましょう。


 

材料
  • 薄力粉:440g
  • バター:200g
  • 砂糖:80g
  • 卵:1個
  • バニラオイル:適量

 

作り方
  1. 室温に戻したバターを、白っぽくなるまで泡立て器で混ぜ、砂糖・バニラオイルを加えてさらにすり混ぜます。
  2. 溶いた卵を、2回に分けて入れます。
  3. ふるった薄力粉を入れてゴムベラで混ぜ、粉っぽさがなくなったら手でまとめます。
  4. ビニール袋に生地を入れて、めん棒で5mm厚に伸ばし、冷蔵庫で2時間程度休ませます。
  5. 生地をクッキー型で抜き、170℃に熱したオーブンで16〜18分焼きます。

 

表面に施すアイシングが甘いため、クッキー自体は甘さ控えめで作るのがポイント。

 

アイシングクリームを作ろう

粉砂糖・卵白・水を使用する作り方もありますが、今回は初めての方でも失敗の少ない、市販のアイシングパウダーを使っていきます。

 

アイシングバウダーは、粉砂糖に乾燥卵白や香料がブレンドされ、水で溶くだけで使える便利なパウダーです。

材料
  • アイシングパウダー:100g
  • 水:約15g
  • 着色料(アイシング用カラージェル)

 

道具
  • ボウル
  • ゴムベラ
  • 爪楊枝
  • コルネ

 

作り方

1.

ボウルにアイシングパウダー100gと水約15gを入れ、ゴムベラで良く練ります。

ハンドミキサーを使用してもOK。

 

練ったアイシングクリームを少し持ち上げてたらし、付いた筋が7〜8秒で馴染むくらいの固さが目安になります。

水分量は、その日の湿度によっても変わってきますので、ご注意を。

 

2.

着色していきます。

爪楊枝の先に着色料(アイシング用カラージェル)を少量付け、それを練ったアイシングクリームに付けます。
この着色料の量で、好みの濃さ・色味に調整しましょう。
慣れない間は、少しずつ色を足していくと失敗が少ないです。

 

3.
着色が出来たら、アイシングクリームをコルネに詰めます。
コルネは、一辺が約20cmの二等辺三角形のセロハンを、クルクル巻いて円すい状にして作成。

クッキングシートで代用することも出来ます。

 

 

仕上げのデコレーション

準備が整えば、あとは、焼いたクッキーを、アイシングクリームで好きな模様やデザインにデコレーション。

何色か準備すると、デザインのバリエーションも広がりますね。

 

 

おわりに

一見、手作りは難しそうに見えるアイシングクッキーですが、意外と簡単にできてしまいます。

色々なデザインの物を作って、味も見た目も楽しんでみて下さいね。

 

 
 コラムニスト情報
布村 道子
性別:女性  |   職業:アイシングクッキー講師

JSA認定・アイシングクッキー講師の布村道子です。福岡市内のアイシングクッキー教室merrybee cookies主宰。株式会社ハローリッツ代表取締役。
作って楽しい!もらって嬉しい!アイシングクッキーの魅力をお伝えしていけたらと思っています。