手作りメイソンジャーレシピ♪ビタミンたっぷり「フルーツポンチ」の作り方 (1/2)

執筆者: かの えつこ 職業:おやこおやつ教室 atelier plus+主宰 パティシエ+ママライフオーガナイザー
子どもと作ろう♪ 持ち寄りパーティにも使える「フルーツポンチ」

暑くなってくると食欲も落ちるもの。

子どもだって同じです。
そんなときには、色とりどりのビタミンカラーで、元気をいっぱい取り戻しましょう。

今回ご紹介するのも、お子さんと一緒に楽しく作れる簡単スイーツレシピです。

お気に入りの炭酸ジュースとフルーツがそろえば、準備OK。
さあ、たっぷりのフルーツとしゅわしゅわゼリーを詰め込んだ「フルーツポンチ」を作りましょう。

 

 

炭酸ゼリー入り「フルーツポンチ」のおすすめポイント♪
しゅわしゅわゼリー×フルーツ×炭酸ジュース

ビンの底にしゅわしゅわゼリーを仕込んで、その上にたっぷりのカットフルーツと、炭酸ジュースを
注ぎます。
食べる前に底からかき混ぜてゼリーを崩したら、フルーツ、ジュースと一緒にいただきます。

 

とても簡単!材料を重ねていくだけ

ゼリーとフルーツ、シロップをどんどん重ねて仕込んでいくので、とても簡単。

夏にぴったりのスイーツです。

手土産や、持ち寄りパーティーにもGood!

人気のメイソンジャーで仕込めば、華やかで喜ばれます。

必要な材料

必要な材料は、たったの3つです。

 

  • お気に入りの炭酸ジュース/約500mlペットボトル1本
  • ゼラチン/6g(板ゼラチン2枚。家庭用板ゼラチン1.5gなら4枚)
  • お好みのフルーツ

 

  • 市販のペットボトル1本を使って、しゅわしゅわのゼリーとシロップに使います。
  • 板ゼラチンの方が、粉ゼラチンよりダマになりにくく、初めての方でも扱いやすいのでお勧めです。
  • 本コラムでは、フルーツとして、ピンクグレープフルーツ、オレンジ各1個、ブルーベリー、キウイ2個、パイナップルを使用しました。

 

お子さんとご一緒にLet's 食育

フルーツは色合いなどを見ながら、お好みのものをセレクトしましょう。

どんなフルーツを入れるか相談しながら、お買いものから始めるのも楽しい時間です。

 

素材を知ること、チョイスすることも食育につながります。

「自分で選んだフルーツで、どんなフルーツポンチが出来上がるかな?」と想像するのも、子どもの楽しみのひとつです。

炭酸ゼリー入り「フルーツポンチ」の作り方

1.

氷水に、板ゼラチンを一枚づつ入れて戻します。

3分ほど浸けてふやけたら、キュッと握って水気を切ります。

 

2.

炭酸ジュース1/4CUP(50ml)を手鍋に入れて軽く沸騰させたら、1のゼラチンを加えて、溶かします。


3.

ボールに2を茶こしなどで濾しいれます。

1CUP(200ml)の炭酸ジュースを合わせて、静かに手早く混ぜ合わせます。


4.

きれいに洗浄・煮沸消毒を済ませたビンに、3を静かに注ぎます。

 


5.

4のビンを、氷水を張ったボールなどにつけて冷やします。


6.

お好みのフルーツをカットします。

 

 

包丁を使うときは、大人がついてあげてくださいね。


カットの大きさは、ひとくちで食べられるサイズがお勧めです。

あまり小さすぎるよりも、ごろごろしていた方が美味しそうに見えますよ。

 コラムニスト情報
かの えつこ
性別:女性  |   職業:おやこおやつ教室 atelier plus+主宰 パティシエ+ママライフオーガナイザー

お菓子を作る楽しさ、食べる喜び、心をこめて誰かのために作るあたたかい気持ちを、ママとこどもが一緒に感じられる
―そんな時間を提供したい!
atelier plus+ (アトリエプリュ)では、2歳~小学生のこども+ママを対象におやこのお菓子作りをサポートしています。

ちいさなこどもが、ママのお手伝いをたくさんできるように、レシピ・作りかたを日々研究中。
東京・横浜・フランス リヨンのパティスリーで修業をしてきた経験をもとに作ったレシピは、「かんたんに作れて、味は本格派!」と参加者様から好評いただいています。
また、ご自宅でも作っていただけるように、こどもが使いやすい道具の紹介やお手伝いしやすいキッチンのお片付けアドバイスも人気☆

***
おやこでおやつ教室主宰
atelier plus+ えつこ
(パティシエ、ライフオーガナイザー、キッズアンガーマネージメントインストラクター)

HP: http://atelierplus2014.jimdo.com/
blog: http://ameblo.jp/mypace-sweets/
IG: https://instagram.com/atelierplus082/

 このコラムニストが書いた他のコラムを読む