中学英語でOK!イギリス旅行で絶対役立つ英会話フレーズ集 (2/2)

執筆者: Lady Masala

 

笑顔は、最強のコミュニケーションツール

イギリスでは、公共の場で見ず知らずの人と目と目が合ったとき、道を譲りあうとき、肩と肩とがぶつかってしまったときなど、言葉を交わすことはなかったとしても、お互いに笑顔を向け合います。


お店に入るとき、支払いをするとき、道を尋ねるとき、「ハロー」や「サンキュー」、「バーイ」とともに、にっこりと笑顔を向けることを忘れないようにしましょう。

 

感じの良い笑顔で接すれば、相手もそれを返してくれるはずです。

笑顔は、最強のコミュニケーションツールといえるのではないでしょうか。

 

 

おわりに

基礎編では、誰もが知っているであろう、「ハロー」「バーイ」「サンキュー」「ソーリー」「プリーズ」「イエス、プリーズ」「ノー、サンキュー」の使い方をご紹介しました。


中学校で学習した、基本的な単語や言い回しばかりです。

本当にこれだけで大丈夫なのだろうかと、半信半疑の方も多いのではないかと思いますが、それらを場面によって適切に使い分けることができれば、意外とスムーズに意思の疎通ができるはずです。

 

難しいことはありません。

イギリスをはじめ、海外旅行に行った際には、まずは基本的な会話に挑戦してみてください。

 
 コラムニスト情報
Lady Masala

旅行とマーケット・蚤の市めぐりが大好きな庶民派ロンドナー。
コレクションのヴィンテージ食器を眺めている時に幸せを感じます。

ロンドン発 -庶民的生活-
http://workingclass.blog109.fc2.com/

Travel.jp「たびねす」にてガイド記事執筆中
http://guide.travel.co.jp/navigtr/707/

 

 教育・学習のコラム