クールマイヨール、クリスタルガイザー、ゲロルシュタイナー…国内販売されているミネラルウォーター24種の硬度数値一覧!ダイエットドリンクとして取り入れるなら常温の「硬水」がおすすめ。硬水と軟水の効果効能もをチェック!

日本の水の8割が「軟水」。

毎日愛飲している方も多いミネラルウォーター。

様々な種類の水が出ている中でも、硬水と軟水の違いに注目し、その時に合った飲み分けが出来ると、ミネラルウォーターはさらに役立つドリンクとなります。

 

今回は、硬水と軟水の違いや、国内販売されているミネラルウォーターの硬度についてご紹介します。

 

 

ミネラルウォーターの種類

ミネラルウォーターにはマグネシウムとカルシウムが含まれており、それが1リットル当たり何ml含まれているかによって、WHO(世界保健機構)が「硬水」と「軟水」に分けています。

超硬水ともなると、飲み干す時に異物感を感じるほど、硬さのある飲み心地となります。

 

日本国内の店頭で購入出来る、人気のミネラルウォーター(炭酸水含む)は以下の通りです。

 

超硬水(高度1001〜)
  • クールマイヨール(硬度1612)
  • コントレックス(硬度1468)
  • ゲロルシュタイナー(硬度1310)

 

硬水(高度301〜1000)
  • サンペレグリノ(硬度640)
  • ペリエ(硬度400.5)
  • ヴィッテル(硬度309)
  • エビアン(硬度304)

 

中硬水(硬度120~300)
  • ソラン・デ・カブラス ミネラルウォーター(硬度253)※「レアルマドリード」の公式ミネラルウォーター。容器が可愛い
  • サンベネデット(硬度235)
  • シリカシリカ(硬度130)

 

軟水(硬度51〜120)
  • ボルヴィック(硬度60)
  • アルカリイオンの水(硬度約58)

 

超軟水(0〜50)
  • いろはす(硬度50mg/l未満)
  • クリスタルガイザー(硬度38)
  • 森の水だより 日本アルプス(硬度34)
  • 日田天領水(硬度32)
  • サントリー 南アルプスの天然水(硬度30)
  • おいしい水 富士山(硬度30)
  • 森の水だより 北海道の天然水(硬度29.7)
  • 森の水だより 富山の天然水(硬度25)
  • Happy Belly 岐阜・養老 天然水(硬度15)
  • 四季の恵み 自然湧水 岐阜・養老(硬度15)
  • サンタンナ イタリアアルプス 天然水(硬度8.1)
  • 温泉水99(硬度1.7)

 

※硬度区分は世界保健機関 (WHO) の基準に基づくものです。 

 

軟水が持つ効果効能をチェック
軟水のメリット

日本人の身体に最も馴染みやすいのが、軟水。

日本で採れる水の大半は軟水で、飲みやすく吸収が早いのが特徴です。

 

また、無味無臭であることから、料理やドリンクに使用しても風味を損ねることがありません。

日常的に水分補給をするのなら「軟水」がお勧めです。

 

皮膚の活性化も促してくれるので、もちろんお風呂で使う水も「軟水」が良いでしょう。

 

軟水のデメリット

硬水よりマグネシウムやカルシウム量が少ないので、それらの効能を期待している場合は、軟水より硬水をお勧めします。

 

硬水が持つ効果効能をチェック
硬水のメリット

硬水はマグネシウムやカルシウム量が豊富であるため、以下の効能が期待できます。

 

  • 便秘解消、それによる肌荒れ解消

マグネシウムが便を軟らかくし、便秘の解消を促します。

 

  • 基礎代謝アップによるダイエット効果

ミネラルの働きが代謝を促進し、基礎代謝を挙げてくれます。

 

  • 脂肪の吸収

カルシウムが脂肪の吸収を防いでくれます。

 

普段の食事と一緒に硬水を飲むことで、ミネラル補給が出来てしまうお手軽さも嬉しいですね。

 

硬水のデメリット

1番の違いは、やはり「苦み」と「喉ごし」。

少し苦く感じるほか、ごくんと重い飲みごたえは苦手な人も多いようです。

 

また、体質によっては下痢や胃の膨らみを感じる、胃腸が弱っている時は負担が大きいなどのデメリットもあります。

赤ちゃんのミルク作りにはNG。

 

ダイエットに向いているのは「硬水」

日常的に飲むのであれば「軟水」、ダイエット効果を期待するなら「硬水」がよいでしょう。

 

硬水を毎日の食事時に飲む、空腹時に飲むなど、ドリンクを変えることでサポートしていきましょう。

ガブ飲みをすると体調不良の原因にも繋がるので、通常通り飲みましょう。

 

水分補給として理想的な方法と言われているのは、ウォーターローディングです。
スポーツ選手が効率良く水分を補給する方法です。

喉が渇いてしまう前に水分を補給するという考え方で、一気にたくさん飲むのではなく、1回にコップ1杯程度(150~250ml)の量の水を1日に6~8回飲み、1日の必要量(約1.5ℓ)を補給する方法です。

 

水は最強の健康&美肌ドリンク!1日の水分補給量や、効率のよい飲み方(ウォーターローディング)を解説 より

このコラムに関するタグ

この記事を書いたコラムニスト

美容 / 健康管理
LATTE BEAUTYに関しての機能要望・ご意見はこちらからどうぞ