まだ20代、30代と若いのに前髪の白髪が増えた…原因はストレス?若白髪は食生活や睡眠、ストレス、遺伝、病気、老化と理由は様々なのです。

あ、白髪見つけちゃった。

「白髪が増えてきた……」
「目立つところに白髪ができて、もう隠せない……」
「前髪の白髪が気になる……」


このように悩む人も多いのではないでしょうか。

そもそもなぜ白髪になるのか、その対処策と共に見ていきます。

 

白髪の原因について

白髪は、「メラニン色素が足りないことによって起きる」と言われています。

 

メラニン色素はチロシナーゼという酵素によって作られています。

日焼けをしたときに肌が黒くなるのはこのメラニン色素の働きによるのですが、これは髪の毛の色を付けることにも役立っています。

しかし、なんらかの理由で、チロシナーゼやメラニン色素がうまく作用しないと、白髪が出来てしまうのです。
白髪のメカニズムの根源的なところはまだわかっていない説もありますが、一般的には、以下によって起きると言われています。

 

  • 老化
  • 望ましくないライフスタイル
  • ストレス
  • 極端な栄養不足
  • 病気
  • 遺伝


「前髪の白髪はストレス過多で起こる」とする説もあります。

しかし、「なぜ」選択的に前髪だけに白髪が増えるのかについては、断言できるだけの根拠は乏しく、まだまだ研究が必要です。

前髪の白髪への対策について

「白髪の治し方」については、専門家の間でも意見が分かれます。

  • 一度生えても、ライフスタイルやストレスを改善すれば治る
  • 一度生えた白髪を抜いたら、その周りの毛も白髪になる
  • 一度生えた白髪を抜いても周りの毛には影響はないが、次に同じ毛穴から生えてくる毛はやはり白髪である


このように、まったく違う意見が出されているのです。
ただ、どの説にせよ「今生えている白髪」を真っ黒に戻すことは、とても難しいというのは共通しています。

そのため、「目立つ前髪の白髪をどうにかしたい」と考えるのであれば、やはり白髪染めなどを使うことが最も簡単な対策です。

 

やっぱり白髪染め。

現在は白髪染めも多種多様です。
自宅で染められるものもあれば、美容院で染めて貰う方法もあります。


薬剤もさまざまで、従来のような「白髪染め」もあれば「ヘアカラー」、「白髪染めシャンプー」など、選択肢は豊富です。

 

定番「白髪染め」

「白髪染め」はその名前の通り、白髪を染めることに特化しています。

迷ったのならばこれを選ぶとよいでしょう。

 

おしゃれ「ヘアカラー」

「ヘアカラー」はおしゃれと両立ができるのがメリットですが、髪の毛への負担は大きいと言われています。

 

髪への負担が少ない「白髪染めシャンプー」

「白髪染めシャンプー」は即効性はあまりないものの、髪の毛に負担をかけずに白髪をカバーできます。

気になる前髪の白髪、きちんとフォローしていきたいものですね。

このコラムに関するタグ

この記事を書いたコラムニスト

料理 / 子供の病気・怪我 / 健康管理 / 恋愛
LATTE BEAUTYに関しての機能要望・ご意見はこちらからどうぞ