蕩けるkissのやり方、教えて!キスの種類・タイミング・上手な仕方を学ぼう (1/2)

キスしたいとき、いつする?どこでする?初デートでもOK?キスのタイミングや種類、やり方を紹介。彼氏や恋人、異性とのkissの仕方を研究しましょう。

執筆者: Hitomi
キスするタイミングとやり方

キスは愛情表現に欠かせない大切なプロセス。

ですが、相手のことを大事に思えば思うほど、いろいろ考えてしまって気軽にキスしにくいという声もよく聞きます。

 

では、キスをするまでに、どんなことに気を配ったら、お互いが幸せになれるHappyなキスができるのでしょうか。

 

今回は、「キスをするタイミング」や「キスをするまでの雰囲気や仕方」をご紹介します。

 

 

相手と初めてキスをする場合
夜のデートのほうがキスがしやすい

昼より夜の方が副交感神経が働き、情緒的になりやすいためです。

 

別れ際がキスをしやすい

デートの終盤や別れ際は、名残惜しさが高まるため、キスをするタイミングが訪れやすいです。

 

雰囲気の良い薄暗い場所を選ぶ

明るい場所よりも薄暗い場所の方が、副交感神経が働き情緒的になりやすく、精神状態も落ち着くため、キスに向いています。


雰囲気の良い場所や車の中、相手の家の前など、人目に付きにくい場所を選びましょう。

 

 

2~3度目で、まだお互いに緊張感がある場合

基本的に初回のキスのポイントを踏まえながら、プラスαで取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

唇以外の場所にする

「頬、額、手」に優しく軽くしてみましょう。

いつもとは違うキスに胸キュンして、絆が強まるかもしれません。

相手とキスをすることが日常的になった場合
名前を呼んで振り向きざまに♡

不意打ちをすることでドキッとするため、刺激的で初めてのキスのような胸の高鳴りを覚える効果があります。

 

このキスは「相手の心理状態や場所、タイミング」が大切なので、2人きりの和やかな雰囲気の時に試してみるのがお勧めです。

 

唇以外の場所にさりげなく

「うなじやデコルテ、背中など」、ステディな関係だからこそ可能な場所にキスしてみませんか?


2人きりで家でくつろいでいる時などにさりげなくしてみると、刺激的でマンネリ防止にも効果的です。

 

キスの仕方

キスには、いろいろな種類があります。

気持ちや雰囲気に合わせて、以下のように使い分けてみてくださいね。

 コラムニスト情報
Hitomi
性別:女性  |  

はじめまして。
Hitomiです。
コラムを読んでくれてありがとうございます。
恋愛系を中心に執筆しています。
恋愛はトキメキや安心感を与えてくれますが、相手のことが好きなほど不安になったり嫉妬してしまったり、苦しい気持ちもついてきますよね。
恋をして喜んだ分、悲しんだ分、悩んだ分、魅力的な人になれる。
そう思います。
読んでくださった方の気持ちが少しでも軽くなり、お役に立てるようなコラムを書いていきたいと思います。