「俺がいなくても大丈夫そう」な女性の特徴7つ。彼氏に振られる・別れる危険性大です。

彼氏に振られる・別れる理由に多い「俺がいなくても大丈夫そう」の意味とは?彼氏に「俺がいなくても楽しそう」「俺がいなくても平気そう」と思われしまう彼女の特徴・共通する言動をまとめました。彼氏がいなくても生きていけそうな"強い女性"は、フラれる・破局する可能性大です。

執筆者: 鈴木愛乃

 

この子には、俺がいなくても大丈夫そう・・

 

 

彼氏のことが大好きなのに、なぜかフラれてしまう。

決め台詞は毎回「俺がいなくても大丈夫そう」。

全然大丈夫じゃないのに!と思っていても男性にそう感じさせてしまう原因とは?

1人でも生きていけそうな「強い女性」に見られてしまう特徴をまとめました。

 

 

①いつも忙しそう

 

 

デートやお出かけの予定を立てたいのに、「その日は予定入れちゃった」と頻繁に断られる。

これもまた、「俺がいなくても大丈夫」だと思われてしまうポイントです。

俺には時間を使ってくれない、なのに他の人には積極的に時間を使っている。

「この子は友達といる方が楽しそうだな」と、彼氏としての存在価値に疑問を抱くことでしょう。

友達との時間も、彼氏との時間もどちらも譲れない気持ちはわかります。

こんな時は、友達との予定を入れる前に「この日予定入れてもいいかな?」と確認をとると彼も安心するのでは?

 

 

②仕事に生き生きとしている

 

 

仕事に一生懸命な女性は好感度が高いです。
ただし「仕事が命」であったり、彼氏といても仕事の話ばかりだと"隙"のない女性にみえてしまいます。
働く女性が増え、男性以上に稼ぐ女性が増えてきているため、思い当たる方も多いのでは?
仕事が好きでやりがいがあるのは良いことですが、第1優先にしないよう注意してください。
「俺が頑張って働かなくても、この子は1人で生きていける」と思われてしまいます。 

 

 

③彼女から連絡がこない

 

 

男性は、大好きな彼女が何をしているのか気になります。

「今なにしてるの?」と連絡をしてくる彼氏は彼女のことが大好きです。

でも、連絡をするのはいつも彼氏からで、彼女から連絡をしてくることがないのだとしたら・・。

「俺に興味ないのかな?」と寂しがらせてしまうでしょう。

たまには自分から連絡をしてあげましょう。

 

 

④甘えたり弱みを見せない

 

 

いつだってポジティブな彼女は一緒にいて元気になれます。

でも、男性は頼られたい生き物。彼女の力になって喜ばれたいのです。

女性らしく甘えてお願いをされたり、悩みがあれば助けてあげたいと思うのです。

迷惑をかけたり、面倒だと思われたくない気持ちもわかります。

ですが、なんでも解決してしまうより、ちょっぴり弱みをみせることも大切なようですよ。

 

 

⑤経済力がある

 

 

バリバリ働いて、男性以上に稼いでいる女性も多いかと思います。

それ自体は決して悪いことではないですし、共働きをしている以上よくあることです。

ですが、男性にはプライドがありますし、どこかで女性を養っていくことの責任を感じていることでしょう。

お金に余裕があるからといって、気前よく彼氏に奢ったり、好き放題買い物を楽しんだり。

挙句の果てにマンションを買おうとした際には、「結婚生活が見えない」と思われてしまいます。

お金に関しては、男性をたてるように心がけましょう。

 

 

⑥1人でどこにでも行ける

 

 

彼氏や友達、誰とも予定が合わないから1人で出かける。これなら何ら不審な点はありません。

ですが、あきらかに彼氏と予定が合うにも関わらず、1人行動や1人旅行をするとなると・・。

まるで「1人の方が楽しい」と言われているような気がしてしまいます。

1人の時間が好きなのであればそう伝え、出先からこまめに連絡をした方がよいでしょう。

 

 

⑦なんでも知っている

 

 

彼氏との会話中、「あぁ、それ知ってる」「それって本当は○○だよ」など、彼より勝ろうとしていませんか?

彼女が知らなさそうなことを教えて「そうなんだ!」と言ってもらいたいのが男性の本音。

何を話しても自分より知識があって、教えられることばかり。

男性が自分のことを小さく感じてしまう瞬間です。

少しでいいので驚いてあげたり、聞くことに専念してあげると喜ぶでしょう。 

 

 

自立しすぎて「強い女性」になってはダメ!

 

 

長続きするカップルの特徴といえば、「お互いが自立している」こと。

ですが、自立しすぎてしまうと「1人でも平気な強い女性」に見られてしまいます。

「俺がいなくても十分楽しそう」「この子にとって俺ってなに?」と思わせていませんか?

ほどよく甘えたり頼ったりすることも大切なようです。

 

 

 
 コラムニスト情報
 おすすめ新着コラム
     

     生活のコラム