めんどくさい男ってまさにこれ。見分け方と振るときの注意点とは

身近にめんどくさい男はいますか?本記事では、めんどくさい男の様々なタイプと見分け方、振るときの注意点についてまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

執筆者: Latte

 

めんどくさい男と出会ったことがあるという女性は、意外と多いんです。

めんどくさい男と関わると、相手に振り回されてしまうこともあるでしょう。

本記事では、めんどくさい男にはどのようなタイプがいるのか、めんどくさい男の見極め方と、振るときの注意点をまとめました。

身近にめんどくさい男がいる方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

めんどくさい男とは


どのような男性を、めんどくさい男というかは、人によって異なります。

というのも、めんどくさい男と一言に言っても、様々なタイプがいるからです。

しかし共通して言えることは、一緒にいるとイライラさせられたり、不快な気分になったりするということ。

しかも、このめんどくさい男って意外と多いんです。

付き合う前に気づければいいですが、付き合ってから、実はめんどくさい男だったと、わかることもあるようです。

もし、めんどくさい男と付き合ってしまったら、毎日が憂鬱になってしまうこともありますので、早めに縁を切った方がいいかもしれません。

めんどくさい男のタイプ


めんどくさい男には、様々なタイプがいるとお伝えしました。

ここからは、具体的にめんどくさい男には、どのようなタイプがいるのかを、解説していきます。

あなたの周りにも、めんどくさい男が潜んでいないか、確認してみてくださいね。

めんどくさい男の10タイプ
  1. 自信過剰
  2. 自信がなさすぎる
  3. ネチネチとしつこい
  4. かまってちゃん
  5. 細かすぎる
  6. はっきりと言わない
  7. 優柔不断
  8. 不平不満ばかり言う
  9. 子どもっぽい
  10. 否定ばかり



めんどくさい男のタイプ①:自信過剰

自信がありすぎるのは、めんどくさい男の特徴の一つです。

もちろん自信があるのは良いことですが、自信がありすぎるがゆえに、自慢話ばかりしたり、人を見下すような態度を取ったりするのが、めんどくさい男です。

自信過剰のめんどくさい男は、男女問わず、周りから好かれません。

また、めんどくさい男は、自分の意見を否定されると、急に怒り出すことさえあります。

こうなると、根に持たれて、恨まれることもありますので、めんどくさい男と関わるときは、くれぐれも注意してくださいね。

めんどくさい男のタイプ②:自信がなさすぎる

自信がありすぎてもめんどくさいですが、自信がなさすぎるのも、めんどくさいです。

自信がなさすぎると、考え方がネガティブになってしまいます。

ネガティブ過ぎる男性は、もし、女性に褒められたとしても、「どうせお世辞」、「自分なんかそんなはずない」という反応をすることがあります。

女性からしたら、せっかく褒めたのに、ネガティブになられて、さらに励まさなければならないとなると、めんどくさいと思うのは、当然ですよね。

また、ネガティブ思考な人といると、周りの人の気分まで落ちてしまいます。

適度に自信のある男性と付き合いたいですよね...。

めんどくさい男のタイプ③:ネチネチとしつこい

めんどくさい男は、ネチネチとしつこい性格をしています。

嫌味をやたらと言ってきたり、何かあるごとに、過去の出来事を掘り返してきて、ネチネチといってきます。

例えば、「あの時こうだったよね」など、あなたの過去の失敗を、ネチネチと言ってくることもあるでしょう。

会話をしていて、過去のことばかり言われても、先には進めないですよね。

あまりにもネチネチと言ってくる人とは、会話するのも疲れてしまいます。

めんどくさい男のタイプ④:かまってちゃん

かまってちゃんタイプの男性も、めんどくさいかも。

構ってほしいがために、嘘をついたり、話を盛って話したりすることもあるようです。

このタイプの男性は、どうでもいい連絡を頻繁にしてきたり、返信が遅いと不機嫌になることもあります。

付き合っていれば、まだいいですが、そうでないのにしつこく連絡がきたら、めんどくさいしこわいですよね。

もし、付き合っていたとしても、めんどくさく感じてしまうかもしれません。

めんどくさい男のタイプ⑤:細かすぎる

細かすぎるタイプも、めんどくさい男でしょう。

例えば、デートで、きっちりと1円単位で割り勘するなど。

細かく計算する姿に、めんどくさいなと思ってしまう女性が多いはずです。

「それどうでもよくない?」と思うような細かいことに、必死になっている姿は、一緒にいてイライラしてしまうでしょう。

めんどくさい男のタイプ⑥:はっきりと言わない

はっきりと本音を言わないタイプも、めんどくさい男と言えます。

特にめんどくさいのが、口では本音を言わずに、態度で示してくるタイプです。

はっきりと言わないくせに、我慢するのも嫌で、あいまいな返事ばかり、回りくどい言い方ををしてくるのです。

「これでいい?」と結論を促しても、あいまいに答えるだけで新しい提案もしてきません。

時間だけが過ぎていくという状況に、うんざりしてしまいます。

めんどくさい男のタイプ⑦:優柔不断

優柔不断ではっきりしないのも、めんどくさい男です。

デートで、何かを決める場面ってありますよね。

そんな時に決められずに、「どうしよう」とばかり言うのに、他人からの意見は聞き入れないのが、めんどくさい男の特徴です。

もし男性と一緒に食事に行ったとき、何を食べるか、なかなか決められずに、悩み続ける男性だったら、「早く決めて」とイライラしてしまうはず。

 

しかも「これどう?」と提案しても、納得はしないんです。

特に、せっかちな女性であれば、優柔不断な男性に、不快感を持つこともあるでしょう。

めんどくさい男のタイプ⑧:不平不満ばかり言う

不平不満ばかり言う男性も、めんどくさい男でしょう。

このようなタイプは、上司から仕事のミスを指摘されても、自分が悪いのではなく、相手が間違っていると思い、明らかに自分に非があっても、認めようとしません。

不平不満ばかりいうのに、人のせいにして、何も努力しない男性は、話を聞いているだけで疲れてしまいますし、ネガティブな内容ばかり聞いていると、聞いている方の気が滅入ります。

 

めんどくさい男のタイプ⑨:子どもっぽい

周りのことはお構いなしに、自分の話ばかりしたり、自分の意見ばかりを主張したりする子どもっぽい男性も、めんどくさいでしょう。

このタイプの男性は、いつも自分が中心となっていたいと思っています。

そのため、相手のことは気にせずに、自分のことしか考えない振る舞いをするので、周りはイライラしてしまいます。

このタイプの男性と付き合ったとしたら、彼の都合や好みを押し付けられることになってしまうでしょう。

めんどくさい男のタイプ⑩:否定ばかり

相手の考えなどを否定ばかりするのも、めんどくさい男と言えるでしょう。

このタイプは、相手の気持ちを考えない発言をすることもしばしば。

例えば、周りが趣味の話で盛り上がっているのに、「その趣味なにが面白いの?」などと、相手を不快な気持ちにさせる否定的な発言を、平気でするのです。

それを言われた側は、嫌な気持ちにしかなりません。

このような人が身近にいる場合は、その人の発言は、気にせずに受け流すのがいいでしょう。

付き合う前に見極めるには?


めんどくさい男には、いろんなタイプがいますよね。

どのタイプも、できれば恋人にしたくないし、付き合ってからめんどくさい男だったとなることは、避けたいはずです。

ここからは、付き合う前にめんどくさい男かどうか、見極めるポイントをご紹介します。

いま付き合うか悩んでいる相手がいるのであれば、ぜひ参考にしてみてくださいね。

めんどくさい男の見極め方
  1. 本当に仲のいい友達がいるか
  2. 恋人と長続きするか
  3. スマホばかり見ていないか

 

めんどくさい男の見極め方①:本当に仲のいい友達がいるか

めんどくさい男の見極め方一つ目は、本当に仲のいい友達がいるかを確認することです。

めんどくさい男は、自分中心の言動が多かったり、相手を見下した態度をとることがあるので、男女問わず、苦手意識を持たれていることがあります。

そのため、表面的には仲のいい友達がいても、相手は友達と思っていないこともあるでしょう。

めんどくさい男を見極めるには、その人といるとき周りは楽しそうかどうかを見てみてください。

本人は楽しそうだけど、明らかに周りは嫌がっているようであれば、めんどくさい男と言えます。

めんどくさい男の見極め方②:恋人と長続きしていたか

恋人と長続きしない男性も、めんどくさい男の可能性があります。

恋人と長続きしないのは、何か原因があるはずです。

もしかすると、めんどくさい男がゆえに関係が続かないのかもしれません。

そのような男性と、付き合うことを考えるのであれば、「前の彼女となんで別れたの?」とさりげなく聞いてみるのもアリでしょう。

彼の過去の恋愛を知ることで、めんどくさい男かどうか、見極められるかもしれません。

めんどくさい男の見極め方③:スマホばかり見ていないか

スマホばかり見ている男性も、めんどくさい男かもしれません。

めんどくさい男は、いつも誰かと連絡を取ろうとすることが多いです。

頻繁にスマホをみて、電話したりメッセージを送ったりしているのであれば、めんどくさい男かもしれませんので、注意してみてください。

また、会話をしていても、いつもスマホを見るような人は、一緒にいても嫌な気持ちになりますので、付き合うのはおすすめしません。

めんどくさい男と別れるには


めんどくさい男と付き合いたくないけど、気付かずに付き合ってしまったということもあるでしょう。

めんどくさい男と付き合っていると、あなたが疲れてしまいます。

めんどくさい男といるのが嫌だと思ったら、別れましょう。

優しい女性だと、かわいそうだからと、言えないかもしれませんが、そうするとめんどくさい男は、あなたの気持ちに気付きません。

 

言葉でわかるように伝えることが大事なのです。

その際に気を付けることがあります。

ここからは、めんどくさい男と別れる時の注意点を、解説していきます!

 

めんどくさい男と付き合っていて、悩んでいる女性は、ぜひ参考にしてみてください。

めんどくさい男と別れる際のポイント
  1. 連絡を絶つ
  2. はっきりと別れたいという
  3. 場所に注意



めんどくさい男と別れる際のポイント①:連絡を絶つ

別れた直後、めんどくさい男から連絡がくることもあります。

めんどくさい男と別れるときには、その連絡に反応しないことです。

連絡に応じてしまえば、相手にまだ可能性があると思わせてしまうかも。

 

もちろん、自分から連絡するのもやめた方がいいでしょう。

別れると決めたのであれば、お互いのためにも、きっぱりと連絡を絶ちましょう。

めんどくさい男と別れる際のポイント②:はっきりと別れたいという

めんどくさい男と別れたいのであれば、はっきりと伝えましょう。

伝えるときは、簡潔にわかりやすく。

回りくどい言い方をすると、別れたいというのが伝わらないこともありますので、ストレートに伝えるのがおすすめ。

相手がかわいそうなどと同情していては、別れられませんので、嫌われてもいいという気持ちで伝えましょう。

どうしても伝えられないのであれば、自然と距離を取っていくのがいいかもしれません。

めんどくさい男と別れる際のポイント③:場所に注意

めんどくさい男に別れ話をするときは、伝える場所にも注意した方がいいでしょう。

めんどくさい男は、プライドが高いことも多いため、別れ話をすることで、プライドが傷つけられて、怒り出す可能性もあります。

別れ話をするのであれば、人目のあるところ、もしくは、電話でもいいかもしれません。

まとめ:めんどくさい男

いかがでしたか。

めんどくさい男の様々なタイプと、めんどくさい男の見分け方、別れ方を解説しました。

めんどくさい男の10タイプはこちら、

  • 自信過剰
  • 自信がなさすぎる
  • ネチネチとしつこい
  • かまってちゃん
  • 細かすぎる
  • はっきりと言わない
  • 優柔不断
  • 不平不満ばかり言う
  • 子どもっぽい
  • 否定ばかり


めんどくさい男の見極め方はこちら、

  • 本当に仲のいい友達がいるか
  • 恋人と長続きするか
  • スマホばかり見ていないか


めんどくさい男と別れる際のポイントはこちらです。

  • 連絡を絶つ
  • はっきりと別れたいという
  • 場所に注意


めんどくさい男と関わると、ストレスがたまって憂鬱な気分になってしまいます。

めんどくさい男と出会ってしまった場合は、距離を置いた方がいいかもしれません。

本記事でご紹介した内容を参考にして、めんどくさい男を上手く対処してくださいね。

どうしても困ったときは、身近な人に相談してみるのもいいでしょう。

本記事が少しでも、参考になれば嬉しいです。

 
 

 恋愛のコラム

  このコラムに関するタグ