自慢ばかりする人の心理と対処法!聞きたくない自慢話で疲れるときの対策5選

自慢ばかりされるときは本当にイライラしますよね。友達や彼氏、彼女、上司などから自慢をされたときのストレス解消法を考えてみました。

執筆者: 辻 真由
また自慢話!?うざいなぁ…

聞いてもいないのに、自分の事ばかりペラペラと自慢話を始める人がいます。

友達、興味のない男性、上司、同僚。

そんな人に捕まってしまうと、話を聞いているだけで疲れきってしまいますね。

 

自慢話好きの人は、他人の話はどうでもいいのです。

自分の話を聞いて欲しくて仕方ありません。

 

自慢ばかりする人の心理とは、一体どのようなものなのでしょうか。

 

 

自慢話を好む人の心理とは

「誰かに自分を認めてもらいたい」「周りから凄いと思われたい」という気持ちがあります。

「承認欲求」といい、認められたい欲求を満たすために「自慢」という手段を取ります。

 

こういった人の深層心理には「劣等感」や「自信のなさ」があるのです。

自分が価値のある人間だと信じたいため、自慢話となって現れてしまうのです。

 

自分に自信がある人は滅多に自慢話などはしません。

わざわざ人に話さなくても、自分自身価値のある人間だと感じる「自尊感情」があるからです。

 

この自尊感情が極めて低い人は、自慢話をする傾向にあります。

 

自慢話をされた時の対処法
絶対に張り合わないこと

ムキになって「私だって」と相手の自慢話に対抗してしまうと、相手も負けじとなおさら自慢話をしてきます。

 

自慢話には自尊心の低さが関係している事が多いので、そこで打ち負かそうとしてはいけません。

自慢をする人は、その自慢話を通して自分自身の価値を感じようとしているのです。

 

温かく見守るつもりで、軽く返事をして返してあげるのが良いでしょう。

 

オーバーリアクションに相槌を打つ

自分の価値を理解してくれたとさえ感じられれば、心は平穏さを取り戻し、自慢話をしなくなる傾向があります。

「へぇ、そうなんだ。それは凄いね!」など相手の価値を認める言葉を投げかけてあげましょう。

 

気持ちは母親のように、です。

懐の広さを見せてあげましょう。

 

「それ、自慢?」と聞いてみる

図に乗って自慢話がエスカレートしてしまうことも多く、受け流せないほど目に余る場合は、正直に口に出してみるのも有効です。

 

自慢話をする人は大抵プライドも高いので、「それ自慢?」と軽い感じで尋ねると、恥ずかしくなって自慢話を止めてくれる可能性があります。


ただし口調や声音によっては諍いにも発展するので、冗談めかした雰囲気を心がけましょう。

 

取り合わない

自慢話の相手とそれほど仲も良くなく、これから深く付きあう気持ちもなければ、とりあわないのが一番よいです。

何を言われても「そうなんですね」と返します。

 

それだけで、相手は「この人に何を言っても張り合いがないし面白みがない」と諦めて、自慢話をしてこなくなります。

 

同じレベルで物事を見ない

自慢話をしてくる人は、極端な話、母親にテストの点を自慢する子供のようなもの。

「ねえねえ見て!こんなに点を取ったよ!」「ゲーム買って貰ったんだ、いいでしょ?」と言う子供を、自慢していると感じないのは、私たちが大人の視点でそれを受け取っているからです。

 

対して同僚に「出世して給料も上がったんだ、評価もうなぎ登り!」と自慢されると腹が立つのは、同じ価値観、同じ目線で受け取ってしまっているから。

 

同じ視点(レベル)に立たず、自分と他者は切り離して考えることで、他人から受ける言葉に影響されにくくなります。

 

 

自慢話をする人の心理は、実は不安とコンプレックスの塊

自慢話を聞くのは疲れるものですから、上手にかわして良い関係を保ちたいものです。

 

しかし、自慢話をする側は実は寂しい心の持ち主なのかもしれません。

どうしてもそんな相手と付き合わなければならないのなら、その事も踏まえて、広い心を持って相手と接しましょう。

 コラムニスト情報
辻 真由

Latte Column編集スタッフです。
主に人間関係の悩みについて、実体験も交えつつお届けします。

 おすすめ新着コラム

     生活のコラム

     ビジネス・経済のコラム