【診断】人見知り度をチェック!人見知りの人ってどんな特徴があるの?

あなたは人見知りですか?本記事では人見知りの人の特徴と自分の人見知り度合いをチェックできる診断をご紹介!人見知りの活かし方もお伝えします

執筆者: Latte



 

あなたは自分が人見知りだと思いますか?

 

人見知りの人には共通する特徴が、いくつかあります。


本記事では、人見知りの人に共通する特徴と人見知りの診断もありますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

最後には、人見知りを活かす方法もお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

人見知りの特徴


人見知りの人には、どのような特徴があるのでしょうか。

人見知りの人の特徴を【内面偏】と【行動偏】に分けてご紹介します。

【内面偏】人見知りの人の特徴
  1. 自分に自信がない
  2. 周りの目を気にする
  3. 恥ずかしがりや
  4. 警戒心が強い
  5. 完璧主義



【行動偏】人見知りの人の特徴
目を合わせない
会話が続かない
断れない



【内面偏】人見知りの特徴①:自分に自信がない

人見知りの人は、自分に自信がない人が多い傾向にあります。

自分に自信がないことが原因で、積極的に人に話しかけたり、複数人との会話の中で、自分から話したりなどができなくなってしまいます。

自信がないので、人に話しかけたいと思っても、「自分なんかが話しかけたら、相手は迷惑と思うのではないか」と考えてしまいます。

会話の中でも、間違っていることを言ったらどうしよう、自分の話が面白くなかったらどうしようなどとネガティブになってしまい、自分から会話を広げられなくなってしまいます。

そのため、初対面の人や親しくない人と話すことが不安になってしまい、人見知りになってしまいます。

【内面偏】人見知りの特徴②:周りの目を気にする

人見知りの人は、周りを気にしすぎる人が多いと言われています。

周りは自分のことをどう思っているのか、自分はどのように評価されているのかが気になり、常に周りの反応を気にしてしまいます。

人見知りの人は、周囲によく思われたいという気持ちが強いのです。

そのため、嫌われないように、無理して周りに合わせてしまうこともしばしば。

人見知りの人は、相手の反応を伺いながら会話をするので、すぐに気疲れしてしまいます。

最初は頑張って、相手に合わせられたとしても、その状態が長く続くと疲れてしまい、「一人で過ごしたい」と思うようになってしまうのです。

人見知りの人の場合、何でも話せる親友と一緒にいることは苦になりませんが、初対面の人やそれほど親しくない人と話すとき、気を遣わなければならないため、疲れてしまいます。

【内面偏】人見知りの特徴③:恥ずかしがりや

人見知りの人と言えば、恥ずかしがりやというイメージを持っている人は、多いのではないでしょうか。

確かに、人見知りの人の中には、恥ずかしがりやな人が多いと言われています。

恥ずかしがりやな人は、できるだけ周りからの注目を集めたくないため、自分の意見を主張したり、自分をアピールしたりして、目立つことを控えるようにします。

そのため、自分から積極的に人と関わることが苦手で、人見知りになってしまうのです。

ただし、人見知りの人でも恥ずかしがりやではない人もいますので、人見知り=恥ずかしがりやではありませんよ。

【内面偏】人見知りの特徴④:警戒心が強い

人見知りの人は、警戒心が強く、初対面や親しくない人に、すぐに心が開けない傾向があります。

誰もが、信用できるかわからない人と話すとき、話す内容は当たり障りのないことを選びますよね。

人見知りの人は、人を信頼するまでに時間がかかるので、なかなか本音で話せなくなってしまいます。

警戒心が強くなる理由は、人によって様々ですが、人間関係のトラウマが原因で、人見知りになってしまったという人もいます。

【内面偏】人見知りの特徴⑤:完璧主義

完璧主義も人見知りの原因となってしまうことがあります。

完璧主義な人は、自分自身に対して厳しく、失敗を許せません。

いつでも完璧でいなくてはいけないという気持ちから、人前で失敗することを恐れます。

その恐怖心から、人と関わることを避けるようになってしまい、人見知りになってしまうのです。

★完璧主義な人の特徴とは?
完璧主義にはメリットもデメリットもあります



【行動偏】人見知りの特徴①:目を合わせない

人見知りの人は、人と目を合わせることが苦手です。

相手の評価を気にしすぎて、目が合わせられない人もいますし、恥ずかしくて目が合わせられない人もいます。

もしくは、警戒心が強いため、目を合わせることで、自分の本心を悟られるのが恐いという人もいます。

【行動偏】人見知りの特徴②:会話が続かない

人見知りの人は、人と会話が続かないことがあります。

相手の顔色をみながら、言葉を選んで話すため、自然な会話ができなくなってしまいます。

相手の顔色ばかりを伺っていては、お互いに楽しい会話をするのは、難しくなってしまうでしょう。

【行動偏】人見知りの特徴③:断れない

人見知りの人は、断ることが苦手であると言われています。

例え、忙しかったとしても、人から頼まれたら断れずに引き受けてしまい、自分を犠牲にしてしまいがちです。

あなたの人見知り度合いをチェック!


人見知りの人の特徴がわかったところで、自分は人見知りだなと思った人もいれば、人見知りかどうか微妙だなと思った人もいるでしょう。

ここからは、人見知りをチェックする診断です!

チェックの数で、あなたが人見知りかどうかわかるはずですよ。

□複数人での会話では喋れない
□1日の中で、一人で過ごす時間がないと耐えられない
□仲のいい友達となら無限に喋れる
□人が多いところにいると疲れる
□いい人を演じてしまう
□電話が苦手
□噂話が苦手
□新しい環境に慣れるのに時間がかかる
□失敗を引きずるタイプである
□ショップの店員さんに話しかけられたくない



人見知り診断:チェック数が0~2個

人見知りの可能性は、10%未満です。

あなたは人見知りとは言えないレベルです。

初対面の人とでも、すぐに打ち解けられ、新しい環境でもすぐになじむことができるでしょう。

ただし、相手によっては馴れ馴れしいと感じる人もいるので、注意してくださいね。

人見知り診断:チェック数3~5個

人見知りの可能性は、50%です。

まだ、人見知りではないかもしれませんが、今後人見知りになってしまう可能性もあるでしょう。

ちょっとしたことがきっかけで、人見知りになってしまう人もいます。

人見知り診断:チェック数6~7個

人見知りの可能性は、70%以上です。

人見知りである可能性は高いでしょう。

仲のいい友達となら、問題なく喋れるけど、初対面や親しくない人と話すと、口数が減ってしまうということはないでしょうか。

人見知りの人は、仲の良い友達であっても、しばらく会わないと話せなくなってしまうことがありますので、気を付けてくださいね!

人見知り診断:チェック数8~10個

人見知りの可能性は、90%以上です。

周りの目が気になって、気疲れしてしまうことはないですか?

初対面の人と話すとき、ぎこちなくなってしまうということが、あるのではないでしょうか。

人見知りの人は、人に頼れずに抱え込んでしまうことがありますので、何か悩みがあるときは、人を頼ってみてくださいね。

人見知りは改善すべき?


診断はいかがでしたか?

人見知りの可能性が高かった人もいるはずです。

その中には「人見知りは改善すべきなの?」と思った方もいるのではないでしょうか。

人見知りを克服したい気持ちがあるのであれば、改善した方がいいと思いますが、人見知りを活かすという方法もあります。

では一体、人見知りはどのように活かせるのでしょうか。

人見知りの活かせる点
  1. 他人を観察するスキル
  2. トラブルに巻き込まれない
  3. 入念な準備



人見知りの活かせる点①:他人を観察するスキル

人見知りの人は、周りをよく観察して、相手の気持ちを察することができます。

人の気持ちを察知できれば、相手の悩みに親身に寄り添うことができて、深い信頼関係を築くことができるはずです。

人は、自分の話をしっかりと聞いてくれる人に対して、好印象を抱くので、喋ることが苦手なら、上手く聞き役に徹して、人見知りを活かしていきましょう。

人見知りの活かせる点③:トラブルに巻き込まれない

人見知りの人は、人一倍、警戒心を持っているため、トラブルになりそうなことがあれば、すぐに察知できるはず。

初対面の人に対しては、警戒心を持って接し、相手を分析できるので、その人の表面的な姿に騙されることはないでしょう。

危険を感じたら、すぐに逃げることができるはずです。

人見知りの活かせる点③:入念な準備ができる

人見知りの人は、人前で話すことが苦手で、緊張するという人が多いです。

なので、人見知りな人は、プレゼンするときなど入念に準備をするので、高い完成度になる可能性が高いのです。

入念に準備をするので、失敗も少なく、周りからの信頼を得られるでしょう。

まとめ:人見知りチェック

いかがでしたか。

人見知りの人の特徴をご紹介しました。

今回ご紹介した人見知りの人の特徴はこちらです。

【内面偏】

  • 自分に自信がない
  • 周りの目を気にする
  • 恥ずかしがりや
  • 警戒心が強い
  • 完璧主義


【行動偏】

  • 目を合わせない
  • 会話が続かない
  • 断れない


人見知り診断の診断項目は下記の10個です。

□複数人での会話では喋れない
□1日の中で、一人で過ごす時間がないと耐えられない
□仲のいい友達となら無限に喋れる
□人が多いところにいると疲れる
□いい人を演じてしまう
□電話が苦手
□噂話が苦手
□新しい環境に慣れるのに時間がかかる
□失敗を引きずるタイプである
□ショップの店員さんに話しかけられたくない

チェック数が多いほど、人見知りである可能性は高いでしょう。

人見知りであることは、一つの魅力的な個性と捉えることもできます。

その長所を活かすこともできますので、無理に直そうとしなくてもいいはずですよ。