周りから嫌われる「ケチな人」の特徴とは。ケチな人との上手い付き合い方についてもご紹介します。

一緒にいると疲れてしまう「ケチな人」には、共通の特徴があるんです。本記事ではケチな人の特徴と上手く付き合うための方法についてご紹介します。ケチな人にイライラしているという人はぜひ参考にしてみてください。

執筆者: Latte

ショッピング

 

「ケチな人」に対して、どのような印象を持っていますか。

ケチな人といると、イライラしたり、疲れてしまったりするという人もいるようです。

本記事では、そんなケチな人ついて徹底的に解説します。

ケチな人の特徴、ケチな人の周りからの印象やケチな人との付き合い方についてお伝えしますので、周りにケチな人がいるという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ケチな人とは?倹約家とは違うの?


ケチとは、金銭や品物を惜しんで出さないこと、またはそのような人のことを示します。

お金を出すことを嫌がったり、人に物を貸すことを嫌がったりする人が、ケチと呼ばれることが多いです。

ケチと似た言葉で、「倹約」というのがあります。

ケチと倹約家の違いは、いつでもお金を使うことを嫌がるかどうかです。

ケチな人は、どんな場面でも、お金を出すことを渋るため、ときに人間関係を悪くしてしまうことがあります。

一方、倹約家は、日常生活では無駄遣いをしないように気を付けるけれど、必要な時にはお金を出すことを惜しみません。

ケチな人は、理由もなく、とにかくお金を使いたくないと考えているのに対して、倹約家の人は、お金を貯める目的をしっかり持っていて、そのために、節約しようとします。

倹約家の人は、必要であれば人のためにお金を使うことも惜しまないため、人から嫌われることはないでしょう。

ケチな人の特徴


あなたの周りに、「この人ケチだな」と思う人はいませんか。

ケチな人には共通した特徴があるんです。

ここからは、ケチな人に共通した特徴をご紹介していきます。

この特徴がある人は、”ケチ”なのかもしれませんよ。

ケチな人の特徴
  1. 1円単位で割り勘をする
  2. 「お金がない」が口癖
  3. 冠婚葬祭の出費を避ける
  4. ボロボロの物を使い続ける
  5. 何事も損得感情で判断する



ケチな人の特徴①:1円単位で割り勘をする

ケチな人は、飲食代を支払うとき、細かく割り勘しようとします。

絶対に自分が損することが嫌なので、自分が多く払うことを避けようとするのです。

ケチな女性の中には、デートはお奢ってもらって当たり前と思っていて、お金を払う素振りを、一切見せない人もいるようです。

ケチな人の特徴②:「お金がない」が口癖

ケチな人は、周りから自分がどう思われようと気にならないため、周囲の目を気にせずに、"お金を払いたくない"という姿勢を貫きます。

ケチな人の中には、「お金がない」アピールをして、奢ってもらおうとする人もいるようです。

他にも、割り勘だと参加しないのに、誰かの奢りだとわかった瞬間、食事や飲み会に参加して、金額を気にせずに、好きなだけ注文をするという図々しい人もいます。

ケチな人は、自分が奢るということはほぼなく、財布を開くのは、自分のためもしくは家族のためだけ。

それにもかかわらず、自分は奢ってもらおうとするので、周りから嫌われてしまうこともあります。

ケチな人の特徴③:冠婚葬祭の出費を避ける

ケチな人の中には、お金を出したくないという理由で、冠婚葬祭にさえ欠席するという人もいます。

人間関係よりも、お金を払いたくないという気持ちを優先してしまうため、ご祝儀や香典などでも、お金を出すことを渋ることがあります。

ケチな人は、人付き合いに関する出費を減らそうとする傾向があるようです。

ケチな人の特徴④:ボロボロの物を使い続ける

ケチな人は、自分の持ち物にもケチることがあるようです。

買い替えるためのお金がもったいないという気持ちから、ボロボロになっても、同じものを使い続けます。

物を大切にするのは、いいことですが、靴や服などボロボロなものばかりを、毎日身に付けていると、第一印象で損することがあります。

ケチな人の特徴⑤:何事も損得感情で判断する

ケチな人は、何事も損得感情で判断する傾向があります。

損得勘定で動く人は、損をしているか、得をしているかが、全ての物事の判断基準となります。

そのため、何をするにも見返りを求めて、自分が得をするか否かで、行動するかを決めます。

ケチな人は、お金以外でも、ケチのようです。

ケチな人は周りからどう思われている?


ケチな人の特徴についてご紹介いたしました。

あなたの周りに、これらの特徴に当てはまる人はいましたか。

ケチな人は、周りからあまり好まれないということは、特徴から何となく伝わりますよね。

ここからは、ケチな人は、周囲にどう思われているのか、よくある意見をご紹介します。

ケチな人ってどう思われている?
  1. 一緒にいても楽しめなさそう
  2. イライラしそう
  3. 信頼関係が築けなさそう



ケチな人ってどう思われている?①:一緒にいても楽しめなさそう

ケチな人に対して、周囲は一緒にいても楽しくなさそうと思っています。

ケチな人と出かけるとなると、お金を気にしながらになることが想定できます。

ご飯を食べるときも、お金のことを気にして、何かをするにしてもお金を気にしてだと、思いっきり楽しめないですよね。

ケチな人と出かけるとなると、制限の中で行動しなければならなくなり、つまらなそうと思う人が多いのです。

ケチな人ってどう思われている?②:イライラしそう

ケチな人と一緒にいたら、イライラすることが多そうと周囲は思っています。

例えば、ご飯に行くとなったとき、当たり前のように奢ってほしいという素振りを見せられたら、イラっとしますよね。

ご飯以外でも、一緒にいて「お金がない」アピールをされたら、「奢らないとなのかな?」という気持ちになってしまい、不快な気分になることもあるでしょう。

一緒にいるだけで、イライラしてしまうのは、容易に想像できます。

ケチな人ってどう思われている?③:信頼関係が築けなさそう

ケチな人は、損得感情で行動を決める傾向があります。

そのため、人間関係も損得勘定で判断していそうという印象を、周囲から持たれていることがあります。

損得勘定で判断していると、心の底からの信頼関係を築くことができません。

また、一緒にいてメリットがある人としか関わらないとなると、自然と周りから距離をとられてしまいます。

ケチな人との付き合い方


ケチな人は、周りから良く思われていないことが多いようです。

もし周りにケチな人がいたら、どのように付き合っていけばいいのでしょうか。

ここからは、ケチな人との付き合い方についてご紹介します。

周りにケチな人がいて、疲れているという人は、ぜひ参考にしてみてください!

ケチな人との付き合い方
  1. 嫌なことははっきりと断る
  2. お金がかからないことに誘う
  3. 適度な距離をとる

 

ケチな人との付き合い方①:嫌なことははっきりと断る

ケチな人は、「お金がないから奢って」などと、あなたに頼ってくることがあるでしょう。

そんなとき、断らないと、ケチな人から今後も利用されてしまいます。

ご飯に行くときは、きっちりと割り勘にする、もし奢ってと言われても、はっきりと断るようにすることで、トラブルを避けることにもつながります。

ケチな人との付き合い方②:お金がかからないことに誘う

ケチな人と付き合うならば、できるだけ、お金がかからないことに誘うようにしましょう。

ご飯に行ったり、旅行をしたり、などお金がかかることを一緒にすると、選択肢が限られて、あなたが気を使わなければならなくなります。

もしくは奢ることになることも考えられるでしょう。

もしケチな人と出かけるのであれば、お金がかからないイベントや公園などがおすすめです。

ケチな人との付き合い方③:適度な距離をとる

ケチな人と付き合っていると、ストレスがたまることもあるはずです。

ストレスがたまっても、無理して一緒にいると、あなたが疲れてしまいます。

他にも、ケチな人と一緒にいることで、出費が増えているようであれば、遠慮せずに距離をとるべきです。

まとめ:ケチな人について


いかがでしたか。

ケチな人について解説しました。

今回ご紹介したケチな人の特徴はこちら、

  • 1円単位で割り勘をする
  • 「お金がない」が口癖
  • 冠婚葬祭の出費を避ける
  • ボロボロの物を使い続ける
  • 何事も損得感情で判断する


ケチな人が周りからどう思われているかはこちら、

  • 一緒にいても楽しめなさそう
  • イライラしそう
  • 信頼関係が築けなさそう


ケチな人との付き合い方はこちらです。

  • 嫌なことははっきりと断る
  • お金がかからないことに誘う
  • 適度な距離をとる


ケチな人は、男女ともに良く思われていないことが多いようです。

もし周りにケチな人がいて、疲れを感じているようであれば、一度人間関係を見直してみてくださいね。