初心者にカラコンはNG?ソフトコンタクトレンズでおすすめの種類・特徴・選び方・ケアまとめ

執筆者: colonna
はじめに

コンタクトレンズを初めて買おうとしている方は、どのような種類があり、何を購入すれば良いか分からず不安に思っています。

 

ハードレンズに関する情報は前回載せましたので、今回はソフトレンズについて解説します。

 

 

ソフトレンズの特徴

ソフトレンズは、その名の通りふにゃふにゃと柔らかい素材で出来ています。
ハードレンズよりサイズが大きく、茶目の広い部分を覆う大きさです。

 

ずれにくく運動中に外れにくいので、ハードレンズより快適な付け心地です。
しかし、目の表面を覆っている時間が長くなり、目に酸素を取り込むことが難しいという短所があります。

 

酸素不足は目に悪影響を及ぼし、瞳への負担が大きくなります。

ソフトレンズはハードレンズより耐久性が弱く、汚れやすいため1年程しか保ちません。

 

洗浄は擦り洗いや保存液への浸け置きが必要です。
ソフトレンズのケアはハードレンズと比べると少々面倒です。

 

1day使い捨てタイプ・定期交換型

現在は、1年くらいケアをしながら使う従来型よりも、使い捨てタイプやケアをしながら1~3か月で新しいレンズに替える定期交換型を使う人が増えています。

ハードレンズには劣るものの、酸素を通しやすい素材で出来ているものが出てきました。

 

1dayタイプの特徴

使い捨てタイプ(1day)は開封したらその日1日限りしか使えません。

その日限りですから、汚れを落とすケアの必要はありません。

毎回綺麗なレンズを付けるので、目も清潔が保たれます。

 

しかし、1枚あたりの価格が高いため、毎日あるいは頻繁に使いたい人はコストが高くなります。
時々使う程度の人に向いています。

 

1~2weekタイプの特徴

使い捨てタイプには、ケアをしながら最長で1~2週間使用できるものもあります。

短期間なので汚れが蓄積する前に交換できるという安全性があり、コストも安くなります。

花粉症の影響を受けやすい人にも向いているのです。

 

使用期間は必ず厳守してください。

使用期間を超える耐久性はなく、汚れも蓄積していきます。

 

定期交換型は使い捨てタイプより耐久性はありますが、汚れの影響が高くなります。
洗浄はしっかり擦り洗いして保存をしましょう。

 

 

カラーコンタクトについて

この他、カラーコンタクトレンズがあります。

通販でも安易に購入が可能なほか、度入り・度なし、瞳のきらめきや黒目の大きさ、色味などが選べます。種類の豊富さが魅力で、雑貨屋やファッション系のお店で見かけることもしばしばあります。

 

しかし、安全性や酸素の通りにくさの問題でトラブルが起きやすい種類です。

眼科医からは使用を勧められないという声が上がっており、もしも使用する場合はきちんとしたコンタクトメーカーから発売されているものを選ぶと安心です。

 

おしゃれのアイテムとして使いたいという人もいますが、その点を十分に理解した上で、できるだけ短時間で使用するようにしましょう。

 

ソフトレンズの注意点

全てのソフトレンズに共通していますが、ケアの時に破れやすいということが挙げられます

肉眼では確認しづらい傷が付きやすいので、爪を切って、指で優しく擦るように心掛けて下さい。


レンズが柔らかいので目には傷が付きにくいと思われがちです。

しかし、乾燥目を擦ることが原因で傷が付くことがあります。

ちょっとした痛みや痒みでもあれば、すぐに眼科を受診して下さい。

 

ソフトレンズは種類が豊富で、どれにするか迷うことが多いでしょう。

自分の生活・予算・仕事・スポーツ・アレルギーなどライフスタイルに合うものを選びましょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

ソフトレンズの特徴を紹介して参りました。

 

レンズを購入する際、半年分や1年分などまとめ買いをしたいと思う方もいると思います。

また、販売店から〇箱以上で割引・お得と言われ、一度にたくさん買ってしまうこともあるでしょう。

 

しかし、途中でレンズの度数が合わなくなる可能性もあります。

できれば3か月分ほどにしましょう。度数の変更にも対応できます。

 

また、自覚症状はなくとも定期検査には必ず行き、医師に指示・指導を受けましょう。

今はコンタクトレンズ店と眼科が併設されていることが多いので、レンズを追加購入する際に必ず眼科へ行くと効率的ですね。

 
 

 生活のコラム