なりたい自分、理想の自分になるためには?10分のイメージで未来を叶える思考法

執筆者: 平井妙子 職業:NLPトレーナー&カウンセラー
はじめに

こんにちは、NLPトレーナー&カウンセラー平井妙子です。

毎日が仕事や家事に追われ、自分と向き合う時間を持つ方は少ないように思います。
ましてや「なりたい自分」なんて、二の次かも知れません。
更に「大人になって、なりたい自分になるなんて可能なの?」「変わりたいとは思うけど、変われるかしら?」「歳も歳だし」とお考えの方も多いものです。

10分でも構いません。
ちょっぴり「なりたい自分」について、考えてみませんか?
そして、その一歩を踏み出す、未来を開く思考法をお届け致します。

 

 

「なりたい自分」を整理する

自分がどんな風になりたいのかを、明確にすることが大切です。
例えば、旅行に行く際、目的地を決めるのと同じです。
考えが浮かびにくい方は、以下の質問を自分に投げかけてみて下さい。

注)無理だとか、駄目だとか、出来ないといった、制限をかけないように。

 

  • 子供のころになりたかった自分はありますか?
  • 夢やゴールは何ですか?
  • 考えただけでワクワクするのはどんなこと?
  • どんな性格、人格になりたいですか?
  • 見た目はどんな感じ?(顔つき、髪型、スタイル、服装など)
  • 職業、収入は?
  • 家族・パートナーとの関係は?
  • 健康は?

 

「なりたい自分」に「なる」のに不可欠なこと

まずは「なりたい自分」に「なる」決断をすること。
決断することで、未来の扉の鍵を手に入れることが出来ます。
決断が出来ない方は、以下の質問を自分に投げかけてみて下さい。

 

  • もし「なりたい自分」になったら、どんな感じがしますか?
  • もし「なりたい自分」にならなかったら、どんな気持ちでしょうか?

 

「なりたい」ではなく「なる」がポイント

これは、言葉のトリックですが、非常に重要です。
「なりたい」は、願望・希望であり、決断ではありません。
「叶えば良いな」程度ですね。
英語で例えるなら、Hope、Willのような意味合いです。


「なる」は、断定・決定の意味となり、実現化されやすくなります。
Do、Getのようなニュアンスですので、パワーを感じさせます。 

 

「なりたい自分」に「なれる」と信じること

これも重要なポイントです。
「なれないかも」「なれたらな」では、希望と期待であり「なれない」ことが前提となるのです。


「なれる」の場合「なる」ことが前提となります。
「では、どうすればなれる?」と、自問自答が始まるので「なるための思考と行動」が、鎖のように連鎖し始めます。
これで、未来の扉をオープンした状態になります。 

 

おわりに

自分の人生の舞台、主演は勿論自分です。
脚本も監督も自分です。
そのストーリー、台本に合わせて、俳優は演じます。監督の指示に従います。

 

 

「なりたい自分」も描くことが第一歩。
自分の望ましい人生の扉、開いて下さいね。 

 
 コラムニスト情報
平井妙子
性別:女性  |   現在地:山口県下関市  |   職業:NLPトレーナー&カウンセラー

幸導塾主宰、ウィングシード株式会社 代表。
NLPトレーナー、カウンセラー、コーチングコーチとして、これらのスキルを統合し、メンタルサポート&研修、講演、セミナー等を行っております。
幸導=こうどう=行動、望ましい状態へアクションを起こし、幸せへと導くお手伝い。看護師として、心と身体の健康もサポートしています。

★ウィングシード株式会社★
http://www.wingseed.jp/
★ブログ 輝く人生☆導場★
http://ameblo.jp/wingseed-ns/

 

 趣味のコラム