落ち込んでる時の心理的特徴5つと、落ち込んだ時のメンタル回復方法

失敗やミスで憂うつな気分に…後悔ばかりしている。落ち込んでる時の心理的特徴と、落ち込んだ時の立ち直り方をカウンセラーが解説。

執筆者: 平井妙子 職業:NLPトレーナー&カウンセラー
落ち込んだ時、メンタルをどう回復していますか?

こんにちは、NLPトレーナー&カウンセラー平井妙子です。

 

落ち込んでいる時、共通しているパターンがあります。

今回は、5つのパターンをご紹介し、改善法をお伝えします。

 

 

失敗やミス続きで落ち込んでる時の心理的特徴は?
思考が過去時制の中にいる

失敗やミスを何度も頭の中で繰り返し映像化し、言語化し、再生している状態です。

 

「どうしてあんなことをしたのだろう」「あの時も失敗した」など、当時にワープ。

思い出して、嫌な感情に支配されています。

 

「ないもの」にフォーカスしている

「自分には取り柄がない」「お金がない」「時間がない」「人脈がない」など、自分にないものばかりを気にしています。
結果、「ダメな自分」というレッテルを自分で貼ってしまうのです。

誰かや何かと比べている

友人や知人、周りの誰かと自分を比較したり、あるいは過去の自分と比較してしまう方も大勢います。

「あの人はいいわよね。私なんて」「昔はよかったのに、今は」などというセリフは、比較している証拠です。

 

フェイスブックやブログの投稿を見て、落ち込んでいる人も増えているそうです。

マイナスな言葉を使っている

「無理だ」「難しい」「ダメだ」「できない」といった否定語。

 

「言霊だから」というのも一理ありますが、これらの言葉を口にするときは、顔から笑顔が消え、怖い表情になっています。

言葉と脳と身体が連動しているということなのです。

 

姿勢が悪く、笑顔がない

人は落ち込んでいるとき、自然と猫背になっています。

猫背になると、笑顔も作りにくいのです。

 

●関連コラム

「最近よく落ち込む」「もういやだ」心身ともに疲れきっている人に共通する特徴とは?

落ち込んだ時の立ち直り方4つ
落ち込んだときは、「今」を意識する

過去に起きたことは起きたこととして、「今これからどうするか?」を考えることによって、問題解決の方向に向かいます。

 

私たちは「過去」に生きているのではありません。

「今」に生きているのです。

「足るを知る」と、今後の方向性が見えてくる

古くから言われている言葉です。

自分にあるものに目を向けると、感謝の気持ちが自然に生まれます。


自分の中で「足りていない」と思うものがあれば、「それを足すために何をすればよいだろう?」と考えることで、方向性が見い出せます。

 

人はそれぞれ違うと考える

顔かたちがみんな違うように、与えられた環境や、その時々のラッキーや試練もそれぞれです。

 

フェイスブックやブログの投稿は、氷山の一角に過ぎません。

その一面だけを見て判断しないことです。

背筋を伸ばして、笑顔を作る

言葉の意識付けと習慣を身につけるのは、容易でない方が多いように思います。
ですので、姿勢と笑顔から入ることをお勧めします。


実際にやってみてください。

すると、マイナスな言葉は出にくくなるはずです。

 

 

メンタルが強い人は、落ち込んだ時の回復方法を知っている

どんな人でも、落ち込むことはあります。

辛く悲しい時があります。

 

そう見えなかったり、いち早く立ち直ることが出来る人は、上記の方法を自然に行っています。

 

先ずはこの4つ。

意識してみてくださいね。

 
 コラムニスト情報
平井妙子
性別:女性  |   現在地:山口県下関市  |   職業:NLPトレーナー&カウンセラー

幸導塾主宰、ウィングシード株式会社 代表。
NLPトレーナー、カウンセラー、コーチングコーチとして、これらのスキルを統合し、メンタルサポート&研修、講演、セミナー等を行っております。
幸導=こうどう=行動、望ましい状態へアクションを起こし、幸せへと導くお手伝い。看護師として、心と身体の健康もサポートしています。

★ウィングシード株式会社★
http://www.wingseed.jp/
★ブログ 輝く人生☆導場★
http://ameblo.jp/wingseed-ns/

 おすすめ新着コラム
     

     生活のコラム

     結婚のコラム

     健康・医療のコラム

     ビジネス・経済のコラム

     恋愛のコラム

     育児・子育てのコラム