リンパを流すアイテム「かっさ」の美容効果と使い方 -台湾式マッサージ方法-

執筆者: 林 絵理 職業:H.E.R.S.Color主宰/パーソナルカラーアナリスト/カラーアドバイザー
はじめに

こんにちは、パーソナルカラーアナリスト、カラーアドバイザーの林絵理です。
私が台湾生活で出会った、台湾の美容法やライフスタイルについてお伝えしています。

今回は台湾式リンパマッサージについてです。

 

 

台湾家庭に必ずある刮痧棒(かっさ板)

日本でも、リンパマッサージは皆さんも一度はされたことがあると思います。
顔、肩、脚など、全身にリンパを流してあげると、コリが解消されたり、デトックス効果もあったり、小顔になったりしますよね。

日本では「コロコロ」などが主流ですが、台湾では刮痧棒(かっさ板)という道具を使うのが一般的です。
普通のスーパーマーケットや伝統市場で手に入ります。

台湾では、東洋医学の考え方が非常に強く根付いているので、皆さんもご存じの、ツボを意識しながらのリンパマッサージが多く行われています。
色々なツボを刺激する道具がありますが、ヘラのような物が刮痧棒(かっさ板)で、これを使ってリンパを流していきます。 

 

診療所や専門スパで刮痧

自宅でこのような刮痧棒を利用して、気軽にリンパマッサージをするのは勿論、漢方医などの診療所で専門家にお願いをして刮痧をするのも、台湾では一般的です。

美容にも健康にも良いとされ、老若男女皆が良く行っている健康法です。
コリの解消は勿論のこと、風邪の予防や夏には熱中症予防、痩身等、様々な効能があります。 

 

真っ赤になるので注意が必要

診療所等での刮痧はとにかく効果が抜群ですが、いくつかの注意点があります。
刮痧後、跡がかなり残ります。
リンパの流れが悪ければ悪いほどその部分が真っ赤になります。

 

 

私自身も何度か肩をやったことがありますが、とにかく施術中は痛いです。

そして跡がもの凄いことになります。
私の場合、写真以上に真っ赤になりました。そして、2週間くらいは消えません。

ただ、その後身体が本当にスーッと軽くなるのを実感します。
体中の悪いものが流れ出す感覚です。 

 

台湾では当たり前のこと

日本でこの状態で歩いていたらとても驚かれるでしょうが、台湾では誰もが知っている刮痧。
誰も何とも思わないので、良く街で刮痧跡がついた人を見かけます。

背中などは、これからの季節見えないので、旅行にいらした方は是非挑戦してみてはいかがでしょうか。
効果は抜群です。 

 

刮痧棒(かっさ板)のお勧め

刮痧棒(かっさ板)です。 初心者には右側の画像の形がとてもお勧めです。

 


人差し指を、上のくぼみに添えて、スーッと肌を撫でるように。
決して力を入れないこと。
セルフでやる際は、上記のように赤く腫れたりはしないのでご安心を。

コロコロと同じ要領です。あくまでも優しくします。

 

おわりに

いかがでしたか。
これからの季節、体が冷えやすくなって、リンパの流れも悪くなりがちです。

身体がコリ易くなったり、血色が悪くなったり。
テレビを見ながらでも気軽に出来る刮痧。
新しい美容アイテムの仲間に、是非入れてみて下さい。
そして、お土産にもおすすめです。

 
 コラムニスト情報
林 絵理
性別:女性  |   職業:H.E.R.S.Color主宰/パーソナルカラーアナリスト/カラーアドバイザー

台湾台北を拠点とするカラースクールH.E.R.S.Colorを主宰しています林絵理です。

台湾国内、日本国内にてカラーセミナー、パーソナルカラー診断やプライベートレッスン等を行っています。

H.E.R.S.Colorブログ→http://ameblo.jp/taiwancolorlife/
☆herscolor@hotmail.co.jp☆

台湾生活で得た台湾の美容やライフスタイルについての情報をお届けできたらと思います。

 

 美容のコラム

  このコラムに関するタグ