余ったレースやリボンでハンドメイド!乙女な手作りブローチの作り方 (1/2)

執筆者: 生成りのレース 職業:オリジナルパッチワーク講師
はじめに

ハンドメイド好きな方なら、生成りのレース、リボン、ビーズなどが、箱の中で色々と眠っていたりしませんか?



綺麗に収納したままでもとっても可愛いレースたちですが、今回は何かに使った残りを色々と利用して、可愛いブローチを作ってみました。

 

レースのブローチの作り方
用意するもの
  • 生成りのレースやリボン各種適量
  • 山道テープ 
  • 花のモチーフ など

 

  • 土台用の(フエルト)少々とブローチピン1つ
  • 針と糸(キルト用)
  • 木工ボンド(手芸用ボンド)

 

デザインを考えるポイント

お花のイメージを思い出して簡単な絵を描いてみます。
4弁花や5弁花とかありますね。
花芯も忘れずに入れるとよりお花らしくなっていきますがレースやリボン使うので、貴女が思っている以上に簡単にお花が出来ます。

作り方のポイント
グログランリボン(2,5cm幅)52cmに切ります。
1辺7cmの正5角形パターンに合わせて、5つの角を折りながらピンを打ちます。

 

外周を写真のようにぐし縫いします。

 

縮めていき直径9cmくらいになるように5弁花を作ります。

 

花芯用のレースは?
端からしっかりと巻き、外れないようピンを打ち、縫い留めておきます。花芯用のレースはピコットレース(1.5cm幅)25cmです。

 

上に重ねる花は3.5cm幅35cmレースで。レースの端を縫い輪にし、ぐし縫いして縮めます。

 

直径5cmに切ったフエルトの周りに木工ボンドを付け、花の裏面に貼り、ブローチピンを縫い留めます。

 

下とのバランスをみながら重ねてフエルトに縫い留めるとブローチの完成です。

 
 コラムニスト情報
生成りのレース
性別:女性  |   職業:オリジナルパッチワーク講師

薔薇布やレース使いの優しい色合わせで
大人可愛いオリジナルパッチワークレッスンをしています。
ハンドメイドの楽しさやポイントなどを知ってもらえたら嬉しいです。

毎日更新中の
ブログ レースフラワー
 http://ptilace.blog103.fc2.com/

 

 趣味のコラム