ぐーっと近づいて花を撮る!マクロ流・チューリップ写真の撮り方 (2/2)

執筆者: クニ・ヒロ 職業:マクログラファー
チューリップの持つ、特徴的な色や形を捉える

一口にチューリップと言っても、いろいろな種類があります。
花の全体を撮るのもいいのですが、せっかくですから、ぐっと寄って撮りたいものです。

花びらの先端部分

 

花びらのフチの、特徴的な模様

 

ワイングラスのような形のお尻

 

雄しべ、雌しべ

まるでエイリアンが、体を折りたたんでうずくまってるようなイメージ。

真上から花の中を覗いてみたものです。

 

 

長く伸びた茎



雨や朝露は、撮影の大チャンス!

花びらに付いた水滴が、絵になります。
滴の中に、他の花が写り込んでないか探してみましょう。

 

 

興味を引かれた部分、魅力的だと思った部分に迫る

花全体を撮って、それがチューリップだと分からせる必要はないのです。

図鑑のような、説明的な写真を撮っていても、飽きてしまいます。

 

おわりに

チューリップひとつでも、さまざまな撮り方があります。

みなさんも独自の切り取り方で、写真を楽しんでみてください。

 
 コラムニスト情報
クニ・ヒロ
性別:男性  |   職業:マクログラファー

マクロレンズを自在に操り、
光とボケが織りなす幻想的で不思議な世界を描き出すマクログラファー。

刻々と変化していく花たちの表情や、虫たちのコミカルな姿に
心ときめかせ、癒されながらその一瞬の表情を切り取っている。

フォトコンテスト入賞多数、雑誌掲載多数、
2012年、2013年、個展開催。

ブログ「マクロダイスキ!!」 http://macro-daisuki.com/
公式サイト「kuni-hiro Photo Works」 http://kuni-hiro.com/
Facebook: https://www.facebook.com/macrodaisuki
Instagram : https://www.instagram.com/kuni_hiro_macro/
Twitter : https://twitter.com/kunimacro

シンガーソングライター竹本孝之「August Rain」プロモーションビデオに写真提供。
https://www.youtube.com/watch?v=hBlwuK1MTyA

 

 写真・カメラのコラム

 趣味のコラム