5月1日は鈴蘭(スズラン)の日♡フランス流「幸運を運ぶプレゼント」を大切な人に。

フランスでは5月1日は「鈴蘭の日(ミュゲの日)」と呼ばれ、スズランの花を贈る風習があります。幸運を運ぶプレゼントとして贈り物にいかがでしょうか?

執筆者: 宇野 知子 職業:フローリスト 花講師 アート作家
はじめに

こんにちは、フローリストの宇野知子です。

春の爽やかな風を感じる気候となり、花の季節が始まりました。

 

さて、皆さんは「ミュゲの日」をご存知ですか?

 

ミュゲとは「すずらん」のこと。

「ミュゲ(mugyet)」とは、フランス語で「スズラン」を意味します。

 

漢字では「鈴蘭」と書きますが、その字の通り、蘭の花のような質感で、鈴の形をした花が可愛らしいお花です。

別名では「君影草」とも呼ばれ、一説には、葉の陰に隠れるようにひっそりと咲く姿から、その名でも呼ばれるようにもなったと言われています。

 

 

甘い香りがロマンティック。

ユリ科のスズラン属の多年草(または宿根草)で、独特の甘い香りが漂い、人気のお花です。

 

花言葉は「幸福の約束」「純粋」「純潔」。

まさにスズランにピッタリの花言葉ですね。

 

実は毒がある。

そんな可愛らしいスズランですが、実は毒性であることでも知られています。

特に花や根に多く毒を持ち、スズランを活けた水を誤って飲み、中毒を起こす例もあることから、飾る際にも注意が必要です。

 

 

ミュゲの日とは

ヨーロッパでは、春が来たことを象徴する花とされ、5月1日を「ミュゲの日」としています。

この日にミュゲの花を贈ると、受け取った人が幸せになれると言われています。

 

愛する人や家族、また大切な友人にスズランの花を贈る風習は、最近日本でも話題を呼んでいます。

 

 

ミュゲの花の贈り方と飾り方

スズランは、丈の短い小さなお花です。

切り花として市販されているものは、長くても20cmほど。

 

ミュゲの日に合わせて、お花屋さんでは1本単位で販売されるか、小さな花束状になって販売されることが多いようです。

 

 

また、鉢物としても出回りますので、鉢で購入されることもお勧めです。

大切に育てて、5月1日に摘んで贈るなんていう贈り方も素敵ですね。

 

1本の場合はシンプルに。

 

 

たっぷりの場合はブーケに。

 

他のお花と合わせて

また、季節のお花と合わせて、アレンジしても素敵です。

 

 

大切な人に、Happyを届ける日。

GWの真ん中の5月1日。

今年は「ミュゲの日」として、大切なあの人にスズランの花を贈ってみませんか?

 

 
 コラムニスト情報
宇野 知子
性別:女性  |   職業:フローリスト 花講師 アート作家

フローリスト
フラワーコーディネーター

フラワーショップ『La vie en Fleur』経営。
花教室運営に加えて、親子で楽しむ花のある生活を提案、
通信講座を企画し発信しています。

フラワーアート作家としても活動。
手作り雑貨サイト等で販売もしています。

著書
『花育のすすめ』(三省堂)

HP 
La vie en Fleur
http://www.la-vieen.co.jp/

楽天 フラワーギフト専門店Vivre
http://www.rakuten.co.jp/vivre/

ブログ
こどもと一緒に・・・葉っぱなまいにち
http://blog.goo.ne.jp/tsubakono

フローリストの・・・葉っぱなまいにち
http://tsubakono.blog.fc2.com/

★手作り雑貨サイト
minne
https://minne.com/viefleur

Creema
http://www.creema.jp/c/vie